159件中 71 - 80件表示
  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たキックボクシング

    元サンビスト・柔道家でありながら、日本での総合格闘技デビュー戦ではパンチでKO勝利と天性の物を見せていた。スタンドでの打撃は、ヘビー級では類を見ない踏み込みの早さと強力な連打を有している。2005年に対戦したキックボクシング出身のミルコ・クロコップは「打ち負けた」ことを認め、また36秒で敗れたティム・シルビアは「俺もヘビー級のトップファイターの一人だが、ヒョードルの強さには驚かされた。あいつは人間じゃない。あんなに強く殴られたことはなかった」とそのパンチ力を称えている。石井慧の鼻骨をパンチによって骨折させ病院送りにもしている。またキックの威力も高く、藤田和之を左ミドルキック一発でダウンさせ、ダウンジェフ・モンソンはヒョードルのローキックによって右足を骨折させられセコンドに抱えられたまま病院へ送られた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た富士急ハイランド

    1999年に前夫人(オクサナ・エメリヤーエンコ)と結婚し、同年に娘が誕生。その後離婚し、現夫人(マリーナ・エメリヤーエンコ)と再婚した。2007年12月29日に2人目の娘が誕生している。また、2008年には大学を卒業している。趣味は描絵・音楽鑑賞・読書で他にも遊園地のジェットコースターがお気に入りであり、来日時には試合後に富士急ハイランドなどに行くのが習慣になっているという。また宗教は正教を信仰している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た世界柔道選手権

    1976年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ルハンシク州ルビージュネにて。姉1人、弟2人の4人兄弟であった。2歳の時に家族とともにロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ベルゴロド州スタールイ・オスコルに移住し、11歳になってサンボ・柔道を始めた。1991年に高校を卒業、1994年には専門学校を卒業する。1995年から1997年まではロシア陸軍の消防隊と戦車軍に入隊し、曹長で兵役を終える。その後は柔道・サンボ両方の大会で活躍した(詳細はを参照)。当時は後に世界柔道選手権を制するアレクサンドル・ミハイリンとはライバル関係にあるなどヨーロッパではトップクラスの実力を有していたものの、国からの補助金が出なくなったため柔道を続けるには経済的な問題が生じていた。ヒョードルは「国の支援が続いていれば柔道を辞めずにオリンピックを目指していたかもしれない」と語っている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たチェチェン共和国

    チェチェン共和国の首長、ラムザン・カディロフの主宰する総合格闘技団体「アフマドMMA」が子供同士を防具を着けない状態で戦わせた事に対し、「一撃が生死に関わることもある」とヒョードルはカディロフを批判した。また、子供の人権オンブズマンが調査に乗り出した。しかし、その矢先にヒョードルの次女が2016年10月、何者かによって胸部を殴打され、病院に搬送される事件が起きた。ロシア国内ではカディロフ派が襲ったとの見方が広がっている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たスポーツ・イラストレイテッド

    スポーツ・イラストレイテッド ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2009年)エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た柔道

    柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作った。またプロ格闘家として活動する傍らコンバットサンボの大会にも出場し、世界選手権で4度の優勝を果たしている。2009年、政府認定のファン投票によりテニスのスベトラーナ・クズネツォワと共にロシアのベスト・アスリートに選ばれた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た総合格闘技

    柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作った。またプロ格闘家として活動する傍らコンバットサンボの大会にも出場し、世界選手権で4度の優勝を果たしている。2009年、政府認定のファン投票によりテニスのスベトラーナ・クズネツォワと共にロシアのベスト・アスリートに選ばれた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たサンボ (格闘技)

    柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。2010年に敗れるまで10年間無敗という記録を作った。またプロ格闘家として活動する傍らコンバットサンボの大会にも出場し、世界選手権で4度の優勝を果たしている。2009年、政府認定のファン投票によりテニスのスベトラーナ・クズネツォワと共にロシアのベスト・アスリートに選ばれた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た腕挫十字固

    2004年4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦のヘビー級グランプリ1回戦で2000年のグランプリ優勝者マーク・コールマンと対戦。試合ではコールマンにテイクダウンからマウント、バックとポジションを奪われるも脱出し、その後再度タックルで下になったが腕ひしぎ十字固めで切り返し一本勝ちで初戦突破を果たす。同年6月20日のPRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUNDの2回戦ではケビン・ランデルマンと対戦し、開始後スープレックスで頭からマットに叩きつけられるも(とはいえ、人間が本当に頭部から落ちたとしたら致命傷は免れないため、なんらかの形で受身は取っていたものと思われる)、すぐにポジションを奪い返してチキンウィングアームロックを極め一本勝ち、同年8月15日のPRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦に駒を進める。準決勝では事前に組み合わせを決めるファン投票が行われ、最高得票を集めた小川直也との一戦が決定した。小川を柔道家として尊敬する反面、ハッスルポーズは下品だと不快感を表し、試合前の握手は小川に拒否される。試合は1ラウンド開始からパンチで攻勢に立ち、開始54秒で腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを決め、決勝はセルゲイ・ハリトーノフに勝利したヘビー級暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの再戦の運びとなる。「人類60億分の1の最強を決める」と謳われたGP決勝は1ラウンド3分過ぎにグラウンドでヒョードルの額とノゲイラの頭頂部がバッティングし、ヒョードルの右眉上が切れて試合が中断。協議の結果無効試合となり、優勝者は決まらなかった。同年の大晦日、PRIDE 男祭り 2004にて行われたPRIDE GRANDPRIX 2004決勝を兼ねたPRIDEヘビー級統一王座決定戦でノゲイラと再戦し、判定勝ちを収めヘビー級王座を統一するとともにグランプリ優勝を果たした。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たWorld Alliance of Mixed Martial Arts

    エメリヤーエンコ・ヒョードル(、、1976年9月28日 - )は、ロシアの男性総合格闘家、サンビスト、元柔道家。レッドデビル・スポーツクラブ所属。元WAMMA世界ヘビー級王者。元PRIDEヘビー級王者。元RINGS無差別級王者。元RINGSヘビー級王者。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

159件中 71 - 80件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード