前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • サーブ 39 グリペン

    サーブ 39 グリペンから見たエリクソンエリクソン

    HOTASを採用、ヒューズ社とエリクソン社共同開発の250×280mm回析型HUD(D-HUD)、昼夜間で表示色の変わる多機能ディスプレイ(MFD)は3基でA/B型は127×152mmモノクロ・ブラウン管のEP-17Mk.1/2、C/D型は158×211mmカラー液晶(LCD)のEP-17Mk.3/4。HUD下にメインモード選択・機体状態表示装置があり、ボタンを押しただけで戦闘、攻撃、偵察の各任務に適した飛行モードが選択出来る。中央情報処理装置はエリクソン社が汎用コンピューターを航空機用にしたSDS-80 D80Eを搭載。CPUはパスカルD80(駆動周波数266MHz)3基、HDDが160MB(320MBまで拡張可能)、メモリーが64MB、PROMが32MB、MIL-STD 1553Bデータバス3基で接続され通信速度は毎秒1MB。C/D型からはMACS D96に変更された。これはアップル インコーポレイテッドのPowerPC(駆動周波数266MHz)を使いデータバスが5基に増加され処理速度が約10倍に向上した。プログラムは「Ada」で記述され初期は「Ada83」、2002年以降は「Ada95」に変更され、プログラムサイズはグリペンNGで300万桁以上になっている。交信記録や飛行データはアナログビデオレコーダーでHi8ビデオテープに記録される。C/D型からは「DiRECT」デジタル記録方式に変更されMMCに記録される。データは飛行中でもデータリンクによりTCP/IP形式で地上に送信される。C/D型からユーロファイター タイフーン採用のヘルメット搭載表示基(HMD)「ストライカー」の発展型「コブラ」に対応している。サーブ 39 グリペン フレッシュアイペディアより)

  • イーヴァル・クルーガー

    イーヴァル・クルーガーから見たエリクソンエリクソン

    パルプ製造業のスウェーデン・セルロース(SCA)の設立後、1929年にクルーガーは電話機会社のエリクソン、鉱業(金)のボリデンス・グルフ(Bolidens Gruv AB)の主な株式とボールベアリング製造のSKF、銀行のスカンディナヴィスカ・クレジット(Skandinaviska Kreditaktiebolaget)やその他の企業の主要な持分を手に入れた。イーヴァル・クルーガー フレッシュアイペディアより)

  • Erlang

    Erlangから見たエリクソンエリクソン

    Erlangはエリクソン社により次の条件のシステムを構築できるよう設計された。Erlang フレッシュアイペディアより)

  • ノーテルネットワークス

    ノーテルネットワークスから見たエリクソンエリクソン

    2009年1月14日、24億ドルの手元資金を残した上でカナダ本社として企業債権者調整法に基づき法的保護を申請。アメリカ合衆国でも連邦破産法11条の申請を行い法的管理化においての再建を目指した。しかし結果として、2011年8月現在ラドウェア、エリクソン、アバイヤ、日立製作所など多くの有力企業により債務を分離した上で事業部門を分割吸収され、特許ポートフォリオ6,000件も、アップル、マイクロソフト、RIM、ソニー、EMC、エリクソンらの企業連合により45億ドルにて買収される見込みとなっている。ノーテルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • G.719

    G.719から見たエリクソンエリクソン

    この方式は G.722.1 のフルバンド拡張機能の仕様策定の際にポリコム社(()が提案した「Siren 22」方式とエリクソン社の提案方式とがベースになっており、最終的に両者の方式が統合され新しい勧告 G.719 となり ITU-T が 2008 年 6 月に勧告したG.719 フレッシュアイペディアより)

  • NMT

    NMTから見たエリクソンエリクソン

    NMT (Nordisk MobilTelefoni, Nordiska MobilTelefoni-gruppen, Nordic Mobile Telecommunication System) は、エリクソンを中心に、北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド)とサウジアラビア・スペインとが共同で開発した、FDD-FDMA-FMのアナログ携帯電話である。NMT フレッシュアイペディアより)

  • クアルコム

    クアルコムから見たエリクソンエリクソン

    当初は携帯電話端末と通信設備の部門を併せ持っていたが、その後、携帯電話端末部門は京セラに、通信設備部門はエリクソンに売却された。クアルコム フレッシュアイペディアより)

  • ノキア

    ノキアから見たエリクソンエリクソン

    携帯電話端末では世界最大のシェア(28.9%・2010年通期)ガートナー 市場占有率および販売台数の両方で、1998年から2011年まで首位を維持していたが、近年では、スマートフォン戦略およびUS市場戦略の迷走により低落傾向にあり、2012年第一四半期ではサムスンに次ぐ2位となった。携帯電話の通信設備では世界第2位である(世界第1位はスウェーデンのエリクソン)。OMXヘルシンキ25銘柄の一つである。ノキア フレッシュアイペディアより)

  • アルファスコープ

    アルファスコープから見たエリクソンエリクソン

    1981年にエリクソン社は電気通信分野の成長率がIT分野よりも低いと判断し、データサーブ社を傘下に収めて自社の2部門と統合してエリクソン・インフォメーション・システムズ社(Ericsson Information Systems、EIS)を設立した。アルファスコープ フレッシュアイペディアより)

  • スタンサーブ

    スタンサーブから見たエリクソンエリクソン

    1981年にエリクソン社は電気通信分野の成長率がIT分野よりも低いと判断し、データサーブ社を傘下に収めて自社の2部門と統合してエリクソン・インフォメーション・システムズ社(Ericsson Information Systems、EIS)を設立した。スタンサーブ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「エリクソン」のニューストピックワード