2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • Xperia

    Xperiaから見たエリクソンエリクソン

    その後、2011年10月にエリクソンと共同出資だった『ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ』の株式をソニーが全て取得することを発表し、2012年2月15日に『ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ』がソニーの完全子会社となり、同時に『ソニーモバイルコミュニケーションズ』へ組織変更した。Xperia フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ・スタジアム

    バンク・オブ・アメリカ・スタジアムから見たエリクソンエリクソン

    1995年に誕生した新球団カロライナ・パンサーズは、1年目はカレッジフットボールのクレムゾン・タイガース(クレムゾン大学)の本拠地メモリアル・スタジアムを間借り。2年目の1996年から、同年に完成した新スタジアムを本拠地にした。スタジアムは建設時はカロライナス・スタジアム(Carolinas Stadium)と呼ばれていたが、開場と同時にエリクソン・スタジアム(Ericsson Stadium)となった。これはスウェーデンの通信機器メーカー・エリクソンが命名権を10年2000万ドルで契約したため。しかし同社が2004年にネーミングスポンサーを降りたため、代わって地元に拠点を置く銀行業バンク・オブ・アメリカが命名権を取得。現在の名称になった。バンク・オブ・アメリカ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ノーディスカ・コンパニー

    ノーディスカ・コンパニーから見たエリクソンエリクソン

    1939年頃にNKはストックホルムの古い電話線塔に直径7 mの円形ネオンサインを設置した。電話線は約30年来地下ケーブルに置き換えられており、電話線塔は電話会社から商業利用のために貸し出されていた。L M エリクソン社により製作されたネオンサインは、片側が緑色のNKのロゴで反対側が赤色の時計になっていた。これは4トンの重量があり、毎分4回の割合で回転した。1952年に塔の下の建物が火災にあい鋼鉄製の塔は酷く損傷したが、ネオンサインは火災の影響を受けず1954年からはNKの建物の屋上に設置された地上から87 mの高さにある特製の塔に取り付けられた。ノーディスカ・コンパニー フレッシュアイペディアより)

  • mova

    movaから見たエリクソンエリクソン

    ER(エリクソン、現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)mova フレッシュアイペディアより)

  • Android

    Androidから見たエリクソンエリクソン

    12月9日 - 新たにソフトバンクモバイル、ボーダフォン、東芝、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、華為技術、エリクソン、オムロン、ASUS、ガーミン、ARMなどの14社がOHAに加わった事が発表された。Android フレッシュアイペディアより)

  • フェーズドアレイレーダー

    フェーズドアレイレーダーから見たエリクソンエリクソン

    エリクソンが開発したAEW&Cレーダー(アクティブ式)。、サーブ 2000、サーブ 340に搭載されている。フェーズドアレイレーダー フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見たエリクソンエリクソン

    2008年1月から2月にかけて日本エリクソンと共同で屋内実験を行った。2009年初めよりファーウェイの実験装置を用い、茨城県水戸市で実験を行うと発表した。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • 合弁事業

    合弁事業から見たエリクソンエリクソン

    ソニー(日本)とエリクソン(スウェーデン)の合弁による携帯電話メーカー。かつてはそれぞれが単独で携帯電話の製造販売を行っていたが、双方の事業の効率化と世界戦略を視野に入れて合弁事業に移行した。2012年にソニーがエリクソンの保有株式を買い取った上で合弁を解消、完全子会社とし社名をソニーモバイルコミュニケーションズに変更した。合弁事業 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜ブルーアベニュー

    横浜ブルーアベニューから見たエリクソン・ジャパンエリクソン

    エリクソン・ジャパン(横浜オフィス/4, 7-10F)横浜ブルーアベニュー フレッシュアイペディアより)

  • 日産コンツェルン

    日産コンツェルンから見たエリクソンエリクソン

    その他の地方では、多くのユーザーが見込めず、郵政省が免許をNTT以外は2社までとし、その内の1社は既にDDIグループのセルラー電話会社が存在したために、当時全国展開を目指すデジタルホングループと共同でデジタルツーカー会社を各地方に設立した。この時にツーカーグループとデジタルホングループは、ともにエリクソン製の交換システムを導入したため、スカイメールやスカイメッセージといった初期のSMS戦略において優位に立つことができた。その後、日産自動車の経営再建でツーカーグループ各社の株式は、デジタルツーカーをデジタルホングループの親会社日本テレコム(現ソフトバンク)に、ツーカーホン関西・ツーカーセルラー各社を、DDI(現KDDI)に売却された(ちなみに、当初ツーカーグループ各社の株式は、日本テレコムに一括して売却される予定であった)。これにより、デジタルホングループは、全国でJ-PHONEの同一名称のサービスを開始した。KDDI直営のツーカー電話利用者が、関東・中部・関西地域以外ではSoftBankのネットワークにサービス終了までローミングしていたのは、元々デジタルツーカーの地域であるためである。日産コンツェルン フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示

「エリクソン」のニューストピックワード