2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示
  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見たエリクソンエリクソン

    ヘルメット - サニックス(2002年 - 2006年途中)→ベスト電器(2007年 - 2011年)→ERICSSON(2012年 - 2014年)→Tポイント(2015年 - 2016年)→ベガコーポレーション(2017年)→レオパレス21(2018年 - )福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たエリクソンエリクソン

    1999年11月20日 - マカオGPエリクソン・フォーミュラ・チャレンジで優勝。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語年表

    プログラミング言語年表から見たエリクソンエリクソン

    1998年 エリクソンがErlangを公開。並行処理指向のプログラミング言語および実行環境。プログラミング言語年表 フレッシュアイペディアより)

  • Strv.103

    Strv.103から見たエリクソンエリクソン

    Strv.103と並行して1960年より開発計画が開始され、ランズベルク社が開発主体として選定された。1962年には試作車の製作を開始したが、車格的に軍が当初要求していた「自車のみで目標の捜索/評定が可能で、独立した全天候対空戦闘が可能なもの」という性能を達成する事が可能なレーダー(波長3cm、捜索範囲:周囲20km/高度10,000mのものが搭載される予定であった)と情報処理装置を搭載することが難しく、要求性能は「目標情報は別個の広域捜索レーダーより伝達され、その情報に従い自車は目標追尾と射撃照準のみを行う」ものに下方修正された。新たな車載レーダーはエリクソン社が開発を担当したが、これも砲塔にレーダーアンテナと情報処理装置を搭載することが重量的に難しく、最終的には射撃照準のみが可能な小型のものが搭載され、このレーダーは旧式で捕捉範囲が非常に短かった。Strv.103 フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank (携帯電話)

    SoftBank (携帯電話)から見たエリクソンエリクソン

    2002年12月 : NTTドコモやエリクソン等が中心となって開発した、W-CDMA方式(別名:UMTS)による第三世代携帯電話サービスVodafone Global Standard(略称VGS、2004年末発売シリーズから「Vodafone 3G」に名称変更)を開始。エリアは小型基地局を中心として急速に広めたが、一部の地域では最高速度が64kbpsに制限され、屋内や地下鉄のカバレッジにも問題があった。さらに、初期の端末はボーダフォンライブの機能が使えないなど、競合するNTTドコモのFOMA、auのCDMA 1Xに劣り、見通しに暗雲が立ち込めていた。その間ボーダフォンは第2世代PDC方式サービスを主力とし、2004年末から発売のVodafone 3Gより第三世代へ注力することが発表された。SoftBank (携帯電話) フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカー

    ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカーから見たエリクソンエリクソン

    NTTドコモやau向けに供給している製品が、日本を拠点に開発されている旧ソニー寄りの端末である一方で、ボーダフォン時代に投入された製品はヨーロッパの拠点で開発された製品を日本語化した旧エリクソン寄りの端末だった。そのためジョグダイヤルやPOBoxは搭載されておらず、日本独自の仕様である着うたサイトやゲームサイト・インターネットバンキングサイトにはほぼ対応していない。日本向けとして発売されたのは唯一802SEのみであり、それ以降はソニーエリクソンの会社方針により端末を供給していない。ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカー フレッシュアイペディアより)

  • ストックホルム

    ストックホルムから見たエリクソンエリクソン

    ストックホルム最大の企業(従業員数)は、ストックホルムに本社を置く移動体通信メーカーのエリクソンで、およそ8,500人を雇用している。金融業も発展しており、2011年9月、英国のシンクタンクにより、ストックホルムは世界第28位の金融センターと評価されている。ストックホルム フレッシュアイペディアより)

  • 越川芳明

    越川芳明から見たエリクソンエリクソン

    ボウルズ、エリクソンほか、英語圏の作家へのインタビューも数多くこなす。越川芳明 フレッシュアイペディアより)

  • FOMA

    FOMAから見たエリクソンエリクソン

    1995年12月には、当時の郵政省から無線局免許状を得て、千葉県船橋市でW-CDMA技術を用いた2Mbpsでの伝送に成功した。1996年からは、IMT-2000X(2GHz周波数帯を利用し、2001年頃のサービスインを目標とした新移動通信規格の意)策定と実用化に向けての開発が、エリクソン・松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)・富士通・NEC・三菱電機・東芝など複数の移動体設備機器関連メーカーや郵政省等公的機関と共同で進められ、1998年には大容量通信を活かしたテレビ電話機能などを搭載したモックアップ機がビジネスショーなどに登場した。FOMA フレッシュアイペディアより)

  • 自動列車停止装置

    自動列車停止装置から見たエリクソンエリクソン

    台湾の中長距離鉄道を運営する台湾鉄路管理局の一部路線に、1970年代後半に導入されたもので、スウェーデンのエリクソン(当時)製であった。注意信号の現示箇所を90km/hを超えて進行した場合、または停止信号の600m外方で警報が鳴動し、5秒以内にブレーキ操作をしない場合には非常ブレーキが動作する方式であった。1990年代末に、ボンバルディア製のATPが導入され、発展的解消をとげた。自動列車停止装置 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示

「エリクソン」のニューストピックワード