110件中 31 - 40件表示
  • PSION

    PSIONから見たEricssonエリクソン

    1998年、PsionはOS開発部門をSymbian Software Limitedとして分社化。Ericsson、Motorola、Nokia、松下通信工業等共同出資のジョイントベンチャー企業となる。PSION フレッシュアイペディアより)

  • ボロース

    ボロースから見たエリクソンエリクソン

    手工業製品としては木工品や金属加工品もつくられていたが、織物製品が手工業製品の割合の多くを占めた。19世紀から20世紀にかけての織物・繊維産業の発展はボロース市の人口の増加、都市としての発展を促す事になる。19世紀初頭においての織物・繊維産業は、豪農が市内の女性に刈り取った羊毛を渡し、撚りあがった糸もしくは織りあがった生地として受け取り、それを商品として転売するという形態であった。このような産業形態を通じて1834年、スヴェン・エリクソン(通信機器メーカーエリクソンの設立者とは別人)によってスウェーデン初の機械式織機が発明され、1858年にボロース初の織物工場が起業された。スヴェン・エリクソンの名前は現在、ボロース駅前に立地する高校の名称となって残っている。20世紀初頭には市内の労働者の三分の二が繊維関連産業に従事していた。しかし1960年代以降、東南アジアに繊維産業の生産拠点が移転するに従い、ボロースにおける繊維産業は衰退していった。生産拠点は移転したものの、本社機能や販売部門はボロース市内に残り、商業都市としての地位を維持したまま現在に至っている。ボロース フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・ベオグラード

    ノヴィ・ベオグラードから見たエリクソンエリクソン

    ノヴィ・ベオグラードはセルビアの主要なビジネス地区となっている。多くの企業がノヴィ・ベオグラードに本社や地域拠点を置いており、エイサー、コムトレード(ComTrade)、イムテル・コンピューター(Imtel Computers)、マイクロソフト、イケア、デルタ・ホールディング(Delta Holding)、DHL、Jat航空、OMV、シーメンス、ソシエテ・ジェネラル、テレコム・スルビヤ(Telekom Serbia、テレノル・セルビア(Telenor Serbia)、ユニリーバ、VIPモバイル(Vip mobile)、ユーゴインポートSDPR(Yugoimport SDPR)、エリクソン、Colliers、CBリチャード・エリス(CB Richard Ellis)、シスコシステムズ、SAP AG、ヒューレット・パッカード、華為技術などの拠点が集中する。ベオグラード証券取引所(Belgrade Stock Exchange)もノヴィ・ベオグラードにある。この他にも、サヴァ・センター(Sava Center)、ホテル・ユーゴスラヴィヤ(Hotel Jugoslavija)、ゲネクス・コンドミニアム(Genex condominium)およびゲネクス・タワー(Genex Tower)、スポーツおよびコンサート会場のハラ・スポルトヴァ(Hala Sportova)およびベオグラード・アリーナ、高級ホテルのコンチネンタル・ホテル・ベオグラード(Continental Hotel Belgrade)、ホリデイ・イン、ハイアット、チューリップ・イン(Tulip Inn)などもある。この他にアダ橋(Ada Bridge)、ベオグラード臨空都市(Airport City Belgrade)、ウィーン保険グループ(Vienna Insurance Group)セルビア本社、セルビア電力産業公社本社、インテーザ銀行(Intesa)セルビア本社、ライファイゼン銀行本社、ビジネス地区「West 65」などの建設が進められている。ノヴィ・ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • RapidIO

    RapidIOから見たエリクソンエリクソン

    フリースケール・セミコンダクタ、Tundra Semiconductor、テキサス・インスツルメンツ(TI)、エリクソンなどがコアメンバーとしてつ参加。その後、TIのDSPにRapidIOのインターフェースを設けたことにより、通信市場等でのRapidIOの採用が加速化。RapidIO フレッシュアイペディアより)

  • SO-05D

    SO-05Dから見たエリクソンエリクソン

    今機種から本体のロゴが「Sony Ericsson」ではなく「SONY」となっている。ただし、背面には旧ソニー・エリクソンのマークが描かれている。これは開発時点においてまだソニーとエリクソンの合弁関係が続いていた事も考えられる(これはSO-04Dも同様)。電池パックは「電池パック SO06」(海外でのBA700をドコモ型番にしたもの)を使用し、SO-03Cと共通であるため流用可能。SO-05D フレッシュアイペディアより)

  • ファシット

    ファシットから見たエリクソンエリクソン

    ファシット社は1973年にエレクトロラックス社に、1983年には再度エリクソン社に売却されたことによりマイクロコンピュータ(microcomputer)の製造を始めることになった。4年間でファシット社のホームコンピュータはスウェーデンで一般的なものとなり、プログラミング言語としてBASICの派生言語を同梱して革新的なソリューションを提供した。しかしながらこの冒険的事業が採算を取れる様になることは無く1988年に終了した。ファシット フレッシュアイペディアより)

  • PUCC

    PUCCから見たエリクソンエリクソン

    2004年:NTTdocomo、エリクソン、京都大学、慶應義塾大学の4者を発起人としてPUCC設立。PUCC フレッシュアイペディアより)

  • 福富護

    福富護から見たエリクソンエリクソン

    バーバラ・M.ニューマン,フィリップ・R.ニューマン『生涯発達心理学 エリクソンによる人間の一生とその可能性』伊藤恭子共訳 川島書店 1980福富護 フレッシュアイペディアより)

  • GIRAFFE (レーダー)

    GIRAFFE (レーダー)から見たエリクソンエリクソン

    ジラフ()は、スウェーデンのエリクソン・マイクロウェーブ・システムズ(現在のサーブ)社が開発したレーダーのファミリー。GIRAFFE (レーダー) フレッシュアイペディアより)

  • シンビアン

    シンビアンから見たエリクソンエリクソン

    ノキア買収前のシンビアンの出資者の割合は、ノキア(フィンランド、47.9%)、エリクソン(スウェーデン、15.6%)、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(合弁会社、13.1%)、 パナソニック モバイルコミュニケーションズ(日本、10.5%)、サムスン電子(韓国、4.5%)、シーメンス(ドイツ、8.4%)だった。シンビアン フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「エリクソン」のニューストピックワード