86件中 41 - 50件表示
  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たエリクソンエリクソン

    2006年、Ericsson Microwave Systemsをエリクソンから買収。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • Internet Engineering Steering Group

    Internet Engineering Steering Groupから見たエリクソンエリクソン

    Magnus Westerlund、エリクソンInternet Engineering Steering Group フレッシュアイペディアより)

  • リンシェーピング

    リンシェーピングから見たエリクソンエリクソン

    リンシェーピングにおいて、最大の雇用企業の一つはSAABでサーブ 39 グリペンなどの戦闘機や近距離用双発ターボプロップ旅客機のサーブ 340を含む製品を製造している。情報技術産業も非常に盛んで、セクトラ(Sectra)、IFSWORLD、エリクソン、Cambio Healthcare Systems ABなど多くの企業が立地している他、豊田自動織機スウェーデン社の子会社であるBTインダストリーズがリンシェーピング近郊のミェルビューにある。また、スウェーデン空軍博物館が街の近くにある。リンシェーピング フレッシュアイペディアより)

  • OSGi

    OSGiから見たエリクソンエリクソン

    OSGi Alliance は1999年3月、サン・マイクロシステムズ、IBM、エリクソンなどにより設立された(それ以前に母体となった Connected Alliance という提携関係が存在した)。OSGi フレッシュアイペディアより)

  • .mobi

    .mobiから見たエリクソンエリクソン

    .mobi(ドットモビ)はスポンサードトップレベルドメイン(sTLD)の一つで、携帯機器(携帯電話や携帯情報端末(PDA)など)にMobile Webを通してインターネットサービスを提供することを目的として、ICANNの承認を受け、mTLD global registryによって運営されている。このドメインはGoogle・マイクロソフト・ノキア・サムスン電子・エリクソン・ボーダフォン・GSM協会・ハチソン・Orascom Telecom・Syniverse・T-Mobile・テレフォニカ・Telecom Italia Mobileの財務的支援を受けている 。.mobi フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 3G

    SoftBank 3Gから見たエリクソンエリクソン

    従来の機種は、通信方式に日本独自のPDC方式が使われていた為、日本国外で使用する事が出来なかった。そこで、内外両方で使用できる様に、欧米をはじめとしたほとんどの国で主流となっている第二世代携帯電話方式「GSM」と、NTTドコモとノキア、エリクソン、シーメンスなどヨーロッパの機器メーカーとの共同開発による第三世代携帯電話方式「W-CDMA」の両通信方式に対応させたものである。SoftBank 3G フレッシュアイペディアより)

  • OpenCL

    OpenCLから見たエリクソンエリクソン

    標準化団体クロノス・グループの2008年6月16日に発足した作業部会において、アップル社によってOpenCLの仕様草案が提案された。CWGはGPUとCPUのヘテロジニアス(異種混在)な計算技術のロイヤリティフリーな標準化を目的としており、発足時点では3Dlabs、AMD、アップル、ARM、Codeplay、エリクソン、フリースケール・セミコンダクタ、Graphic Remedy、IBM、、インテル、ノキア、NVIDIA、モトローラ、QNX、クアルコム、サムスン、Seaweed、テキサス・インスツルメンツ、スウェーデン・ウメオ大学が参加している。OpenCL フレッシュアイペディアより)

  • ヨーテボリ

    ヨーテボリから見たエリクソンエリクソン

    自然の地の利を活かし、ヨーテボリはスカンジナビアで最大の港湾施設を有している。貿易と海運は主要なビジネスであり、17世紀、スウェーデンが北米に植民地を構えた時の拠点であり、18世紀にはスウェーデン東インド会社の本拠地でもあった。東インド会社の本社は現在市立博物館になっており、当時の様子や貿易品などが展示されている。工業も主要な産業になっており、SKF、ボルボ、ハッセルブラッド、ESAB(溶接機械の世界大手)などが本社を置き、エリクソンなどの会社が拠点を構えている。ヨーテボリ フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ・スタジアム

    バンク・オブ・アメリカ・スタジアムから見たエリクソンエリクソン

    1995年に誕生した新球団カロライナ・パンサーズは、1年目はカレッジフットボールのクレムゾン・タイガース(クレムゾン大学)の本拠地メモリアル・スタジアムを間借り。2年目の1996年から、同年に完成した新スタジアムを本拠地にした。スタジアムは建設時はカロライナス・スタジアム(Carolinas Stadium)と呼ばれていたが、開場と同時にエリクソン・スタジアム(Ericsson Stadium)となった。これはスウェーデンの通信機器メーカー・エリクソンが命名権を10年2000万ドルで契約したため。しかし同社が2004年にネーミングスポンサーを降りたため、代わって地元に拠点を置く銀行業バンク・オブ・アメリカが命名権を取得。現在の名称になった。バンク・オブ・アメリカ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクモバイルの主な携帯電話端末納入メーカー

    ソフトバンクモバイルの主な携帯電話端末納入メーカーから見たエリクソンエリクソン

    NTTドコモやau向けに供給している製品が、日本を拠点に開発されている旧ソニー寄りの端末である一方で、ボーダフォン時代に投入された製品はヨーロッパの拠点で開発された製品を日本語化した旧エリクソン寄りの端末だった。そのためジョグダイヤルやPOBoxは搭載されておらず、日本独自の仕様である着うたサイトやゲームサイト・インターネットバンキングサイトにはほぼ対応していない。日本向けとして発売されたのは唯一802SEのみであり、それ以降は端末を発売していない。ソフトバンクモバイルの主な携帯電話端末納入メーカー フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「エリクソン」のニューストピックワード