86件中 51 - 60件表示
  • 増田寛也

    増田寛也から見たエリクソンエリクソン

    知事時代は積極的に海外視察をおこなった。フィンランドではノキアを、スウェーデンではエリクソンをそれぞれ短い時間ではあるが訪問した。また、バリ島の観光視察、ニューヨーク岩手県人会との懇談、パラグアイ訪問、イグアスの滝で有名なイグアス岩手県人会の懇談など、精力的な知事外交を展開した。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • エレブルー県

    エレブルー県から見たエリクソンエリクソン

    エレブルーには1999年から総合大学になったエレブルー大学がある。現在、エレブルー県は鉄道交通の要衝として栄え、県内にあるスウェーデン鉄道(SJ)の駅は乗換駅(いわゆる「ターミナル駅」)として重要な役目を果たしている。産業分野では通信分野で有名なエリクソン(ソニーと合弁で、携帯電話会社のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズを設立)が県内に拠点を置いており、重機械メーカーのアトラスコプコグループもハンドドリル開発部門を県内に構えている。エレブルー県 フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー

    NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカーから見たエリクソンエリクソン

    略称「SO」(ソニー・エリクソン時代を含む。エリクソン単独時は「ER」) 2007年までの製品の箱の色はグレー。NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー フレッシュアイペディアより)

  • データサーブ

    データサーブから見たエリクソンエリクソン

    1975年にD23システムの開発は深刻な遅れを生じ、これはスペリー・ユニバック社との合併会社になることで解決された。1978年にこの会社はサーブ=スカニア社の1部門と統合され、データサーブ社となった。 データサーブ社は後にエリクソン社、ノキア社、ICL社(International Computers Limited)の所有となった。データサーブ フレッシュアイペディアより)

  • カトリーネホルム

    カトリーネホルムから見たエリクソンエリクソン

    市内に進出しているエリクソンやスカニアなどの多国籍企業は1990年代、一部がリストラに踏み切った。現在は交通の便を生かしてストックホルムなどの主要都市に通勤する人が多い。カトリーネホルム フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たエリクソンエリクソン

    通信機器メーカーのエリクソンが有名。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • イー・モバイル

    イー・モバイルから見たエリクソンエリクソン

    総務省より新たに携帯電話用として割り当られた1.7GHz帯への、W-CDMA方式での携帯電話事業への新規参入を表明し、2005年11月9日、総務省電波監理審議会の答申により、BBモバイル(ソフトバンクグループ)及びアイピーモバイルと同時に事業計画の認定が発表された。これにより、事業認可と電波免許の交付(1.7GHz帯)が行われた。コアネットワークはエリクソン、基地局はエリクソン(東名阪地域)と華為技術(その他地域)の製品を用いている。イー・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • シンビアン

    シンビアンから見たエリクソンエリクソン

    ノキア買収前のシンビアンの出資者の割合は、ノキア(フィンランド、47.9%)、エリクソン(スウェーデン、15.6%)、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(合弁会社、13.1%)、 パナソニック モバイルコミュニケーションズ(日本、10.5%)、サムスン電子(韓国、4.5%)、シーメンス(ドイツ、8.4%)だった。シンビアン フレッシュアイペディアより)

  • ストックホルム・グローブ・アリーナ

    ストックホルム・グローブ・アリーナから見たエリクソンエリクソン

    ストックホルム・グローブ・アリーナ(Stockholm Globe Arena)はスウェーデンの首都ストックホルムにある球体形の建物、および屋内競技場。スウェーデン語では単にグローベン(Globen)とも呼ばれている。2009年3月に命名権が導入され、エリクソン社が命名権を取得し、エリクソン・グローブとなった。ストックホルム・グローブ・アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 岡堂哲雄

    岡堂哲雄から見たエリクソンエリクソン

    エヴァンズ『エリクソンとの対話』中園正身共訳 北望社 1971岡堂哲雄 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「エリクソン」のニューストピックワード