110件中 61 - 70件表示
  • テリア (企業)

    テリア (企業)から見たエリクソンエリクソン

    テリアの起源は、ストックホルムとウプサラ間の電報の開通を契機に、1853年に設立された(1871年にに改称、の意)に遡る。スウェーデンで通信網が普及し始めた当初は、ラーシュ・マグナス・エリクソン(エリクソン設立者)の設立したなど民間事業者による競争が行われたが、多数の事業者により並立していた通信網の統一を図る目的で、スウェーデン政府が出資するは各社を買収し、1918年のの買収をもって、スウェーデンの通信網は、民間事業者の新規参入の法的制限は設けられなかったものの、による事実上の独占体制となった。1953年に社名をと改称した。テリア (企業) フレッシュアイペディアより)

  • クロスバー交換機

    クロスバー交換機から見たエリクソンエリクソン

    1926年にスウェーデンでエリクソン製のものが世界で初めて使用開始された。日本では、1955年に群馬県の高崎局において米国製のクロスバー交換機が導入され、これが日本国内初のクロスバー交換局となった。翌年、日本国産のクロスバー交換機が開発され、日本全国の電話局に順次設置された。クロスバー交換機 フレッシュアイペディアより)

  • EL/M-2032

    EL/M-2032から見たエリクソンエリクソン

    PS-05/A - エリクソン・ラジオシステムズ社(現サーブ・マイクロウェーブ・システムズ社)の同級機EL/M-2032 フレッシュアイペディアより)

  • LISPマシン

    LISPマシンから見たエリクソンエリクソン

    エリクソンはErlangに最適化したプロセッサ ECOMP を開発したが、製品化はしていない。LISPマシン フレッシュアイペディアより)

  • 藤田憲彦

    藤田憲彦から見たエリクソンエリクソン

    上越市出身。新潟県立高田高等学校を卒業後、1浪した後東京大学に進学。法学部卒業後はソニーに入社し、ソニーとエリクソンによる合弁会社設立(現ソニー・エリクソンモバイルコミュニケーションズ)の法務実務担当を務める。その後、ビットワレット株式会社に出向し、電子マネー「Edy」の立ち上げに参画。世界初となったおサイフケータイへの電子マネー搭載ビジネス担当責任者として事業の推進を行い、電子マネーに関するビジネスモデル特許を筆頭発明人として6本取得(特許第3853315他)。藤田憲彦 フレッシュアイペディアより)

  • デジタルツーカー

    デジタルツーカーから見たエリクソンエリクソン

    デジタルツーカー各社で使われていた交換機は、北海道、北陸、九州はデジタルホン仕様(エリクソン製)、東北、中国、四国はツーカー仕様(NEC製)だった。これが原因で後のステーション導入の際にツーカー交換機エリアはサービス開始が遅れた。デジタルツーカー フレッシュアイペディアより)

  • GLOBALFOUNDRIES

    GLOBALFOUNDRIESから見たエリクソンエリクソン

    主だった企業として、AMD、IBM、クアルコム、STマイクロエレクトロニクス、東芝、マイクロソフト、アジレント・テクノロジー、リコー、エリクソン、コネクサント、ブロードコム、Marvell、ルネサス エレクトロニクス、アバゴ・テクノロジーをはじめ150社にのぼる顧客に向けた半導体製造、及び製造技術開発を行っている。チャータード・セミコンダクターとの合併前は主にAMD(ATI)社のCPU、GPU、チップセットを製造していた。GLOBALFOUNDRIES フレッシュアイペディアより)

  • パテントプール

    パテントプールから見たエリクソンエリクソン

    2008年4月、LTE(Long Term Evolution)に関連する、仏アルカテル・ルーセント、スウェーデン エリクソン、NEC、米NextWaveWireless Inc.、フィンランド ノキア、フィンランドNokia Siemens Networks社、英ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ社の7社がライセンス料の上限を1ケタ%とすべきとの共同宣言を行った。7社は特許所有者であると同時に特許使用者でもあり、LTEに限らずW-CDMA、GSMも含めた特許ライセンス料を「携帯電話であれば端末価格の10%未満、ノートパソコンであれば10米ドル未満」と広言することでパテントプールに加わらない特許所有者(アウトサイダー)を牽制している。パテントプール フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みLinux

    組み込みLinuxから見たエリクソンエリクソン

    2009年2月にはマイクロソフトはTomTomのLinux製品が自社のFATファイルシステムに関する特許を侵害したとして提訴した(詳しくは記事"マイクロソフト対TomTom事件"を参照)。同年3月この裁判は和解に終わり、問題とされたLinuxのFATファイルシステムに関するコードはその後特許に抵触しない形に修正された。また同年9月、OINはマイクロソフトが持っていたLinux関連特許22件をAllied Security Trust (AST) から買い取ったと発表した。これらの特許はASTがマイクロソフトの非公開オークションにより手に入れたものである。ASTはOIN同様特許訴訟を防衛することを目的としたパテントプールを形成する企業コンソーシアムであり、オラクル・モトローラ・HP・ベライゾン・コミュニケーションズ・シスコ・Google・エリクソンなどのメンバーで構成されている。組み込みLinux フレッシュアイペディアより)

  • OpenCL

    OpenCLから見たエリクソンエリクソン

    標準化団体クロノス・グループの2008年6月16日に発足した作業部会 において、アップルによってOpenCLの仕様草案が提案された。CWGはGPUとCPUのヘテロジニアス(異種混在)な計算技術のロイヤリティフリーな標準化を目的としており、発足時点では3Dlabs、AMD、アップル、ARM、Codeplay、エリクソン、フリースケール・セミコンダクタ、Graphic Remedy、IBM、、インテル、ノキア、NVIDIA、モトローラ、QNX、クアルコム、サムスン、Seaweed、テキサス・インスツルメンツ、スウェーデン・ウメオ大学が参加している。OpenCL フレッシュアイペディアより)

110件中 61 - 70件表示

「エリクソン」のニューストピックワード