110件中 71 - 80件表示
  • ゼネラル・エレクトリック・カンパニー

    ゼネラル・エレクトリック・カンパニーから見たエリクソンエリクソン

    2005年 - Marconi Corporation plc の通信機器部門の主要事業はエリクソンに売却され、残余の事業はテレントに再編・分離された。ゼネラル・エレクトリック・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たエリクソンエリクソン

    2006年、Ericsson Microwave Systemsをエリクソンから買収。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • W-CDMA

    W-CDMAから見たエリクソンエリクソン

    NTTドコモとノキアやエリクソンなどの欧州の携帯電話機器メーカーによる共同開発であり、日本・スペイン・シンガポール・韓国・北朝鮮・台湾・中国(香港含む)・イギリス・フランス・イタリア・ポルトガル・オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ合衆国などで採用される。W-CDMA フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー

    NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカーから見たエリクソンエリクソン

    略称「SO」(ソニー・エリクソン時代を含む。エリクソン単独時は「ER」) 2007年までの製品の箱の色はグレー。NTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー フレッシュアイペディアより)

  • 大北電信会社

    大北電信会社から見たエリクソンエリクソン

    1949年にはコペンハーゲンに電信機器工場「Great Northern Teleglaph Works」を設立。1968年1月1日にTelefon Fablik Automatic A/Sと合併してGNT Automatic A/Sとなり、大北電信が過半数をわずかに超える株式を保有、残りはエリクソンが保有して電話機などを製造した。1985年には「GN Telematic」に改称している。大北電信会社 フレッシュアイペディアより)

  • ドメイン固有言語

    ドメイン固有言語から見たエリクソンエリクソン

    Erlang Open Telecom Platform は当初、エリクソンがDSLとして社内で使用するために設計した。有限オートマトン、汎用サーバ、イベントマネージャなどを素早く構築でき、特定分野ではCやC++といった汎用プログラミング言語を凌駕する生産性を示す。現在では公式にオープンソースとなっている。ドメイン固有言語 フレッシュアイペディアより)

  • イー・モバイル

    イー・モバイルから見たエリクソンエリクソン

    総務省より新たに携帯電話用として割り当られた1.7GHz帯への、W-CDMA方式での携帯電話事業への新規参入を表明し、2005年11月9日、総務省電波監理審議会の答申により、BBモバイル(ソフトバンクグループ)及びアイピーモバイルと同時に事業計画の認定が発表された。これにより、事業認可と電波免許の交付(1.7GHz帯)が行われた。コアネットワークはエリクソン、基地局はエリクソン(東名阪地域)と華為技術(その他地域)の製品を用いている。イー・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • アルタエロスエナジーズ

    アルタエロスエナジーズから見たエリクソンエリクソン

    BATを用いた低コストな僻地のブロードバンド環境の整備も進められている。BATを用い従来の鉄塔より高い高度から電波を飛ばすと伝搬損失は小さくなり従来の鉄塔型基地局と比較して30倍のエリアカバレッジのLTEおよび5Gネットワークが提供できるとされ、コストは従来の半分でエネルギー消費は70%抑えられると紹介されている。現在はエリクソンと提携しLTE基地局の実証実験を行っている。アルタエロスエナジーズ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーテボリ

    ヨーテボリから見たエリクソンエリクソン

    自然の地の利を活かし、ヨーテボリはスカンジナビアで最大の港湾施設を有している。貿易と海運は主要なビジネスであり、17世紀、スウェーデンが北米に植民地を構えた時の拠点であり、18世紀にはスウェーデン東インド会社の本拠地でもあった。東インド会社の本社は現在市立博物館になっており、当時の様子や貿易品などが展示されている。工業も主要な産業になっており、SKF、ボルボ、ハッセルブラッド、ESAB(溶接機械の世界大手)などが本社を置き、エリクソンなどの会社が拠点を構えている。ヨーテボリ フレッシュアイペディアより)

  • クアルコム

    クアルコムから見たエリクソンエリクソン

    当初は携帯電話端末と通信設備の部門を併せ持っていたが、その後、携帯電話端末部門は京セラに、通信設備部門はエリクソンにそれぞれ売却された。クアルコム フレッシュアイペディアより)

110件中 71 - 80件表示

「エリクソン」のニューストピックワード