110件中 81 - 90件表示
  • GlassFish

    GlassFishから見たエリクソンエリクソン

    サンとエリクソンによる「Communication Application Server」を構築するプロジェクトで、2007年5月8日にGlassFishのサブプロジェクトSailFinとしてJava Oneで発表された。SailFinは、エリクソンから提供されたSIP Servlet をGlassFish v2.1へ統合したものである。SailFin 1.0はGlassFish v2.1と同時の2009年1月26日にリリースされた。サンによる商用版はSun Java System Communication Application Serverである。GlassFish フレッシュアイペディアより)

  • カトリーネホルム

    カトリーネホルムから見たエリクソンエリクソン

    市内に進出しているエリクソンやスカニアなどの多国籍企業は1990年代、一部がリストラに踏み切った。現在は交通の便を生かしてストックホルムなどの主要都市に通勤する人が多い。カトリーネホルム フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正美

    佐々木正美から見たエリクソンエリクソン

    『0歳からはじまる子育てノート エリクソンからの贈りもの』日本評論社 2006佐々木正美 フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ・オープン

    マイアミ・オープンから見たエリクソンエリクソン

    冠スポンサーは1985年の第1回大会から1999年まではユニリーバ社の紅茶ブランドリプトンが務め、2000年と2001年は通信機器会社のエリクソン社が、2002年から2006年までは新興向け株式市場ナスダックを運営するナスダック・ストック・マーケット社が務めた。2007年からは携帯電話会社のソニーモバイルコミュニケーションズ社が冠スポンサーを務め、2012年まではソニー・エリクソン・オープン(Sony Ericsson Open)、2013年と14年はソニーオープン・テニス(Sony Open Tennis)と呼ばれた。2015年から2019年まではイタウ・ウニバンコが冠スポンサーを務め、Miami Open presented by Itaúと呼ぶ。冠スポンサーが変わる度に大会名が異なるので、開催地名からマイアミ・マスターズ(Miami Masters)とも呼ばれる。マイアミ・オープン フレッシュアイペディアより)

  • イヴァー・ヤコブソン

    イヴァー・ヤコブソンから見たエリクソンエリクソン

    ヤコブソンは1964年にエリクソン社が開発していた電話交換機を制御するソフトウェアの新版の開発でソフトウェアコンポーネントを採用することを提案した。イヴァー・ヤコブソン フレッシュアイペディアより)

  • ストックホルム・グローブ・アリーナ

    ストックホルム・グローブ・アリーナから見たエリクソンエリクソン

    ストックホルム・グローブ・アリーナ(Stockholm Globe Arena)はスウェーデンの首都ストックホルムにあるストックホルム・グローブ・シティ内の中心的な球体形の建物、および屋内競技場。スウェーデン語では単にグローベン(Globen)とも呼ばれている。2009年3月に命名権が導入され、エリクソン社が命名権を取得し、エリクソン・グローブとなった。ストックホルム・グローブ・アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • OpenStack

    OpenStackから見たエリクソンエリクソン

    AT&T、AMD、Cisco、デル、エリクソン、HP、IBM、インテル、NEC、レッドハット、VMware、Yahoo!など、500以上の企業が参加している。OpenStack フレッシュアイペディアより)

  • Opus (音声圧縮)

    Opus (音声圧縮)から見たエリクソンエリクソン

    2009年3月、スカイプはIETFによる広帯域音声コーデックの開発と標準化を承認したが、適切なワーキンググループの形成に関する多数の議論でほぼ1年費やした。G.719の作成者でライセンサーであるとエリクソンの担当者、G.718の開発に携わったフランステレコム、華為技術、(フランステレコムの子会社)といった特許を妨げる競合するフォーマットの標準化に参加した数社の企業代表者が、ロイヤリティーフリーのコーデックの標準化プロセスの開始に関して異議を唱えた。ワーキンググループが最終的に形成されたのは2010年2月で、ITU-TのStudy Group 16が作業を支援することになった。Opus (音声圧縮) フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 3G

    SoftBank 3Gから見たエリクソンエリクソン

    従来の機種は、通信方式に日本独自のPDC方式が使われていた為、日本国外で使用する事が出来なかった。そこで、内外両方で使用できる様に、欧米をはじめとしたほとんどの国で主流となっている第2世代移動通信システム「GSM」と、NTTドコモとノキア、エリクソン、シーメンスなどヨーロッパの機器メーカーとの共同開発による第3世代移動通信システム「W-CDMA」の両通信方式に対応させたものである。SoftBank 3G フレッシュアイペディアより)

  • メルコホールディングス

    メルコホールディングスから見たエリクソンエリクソン

    2月11日 - スウェーデンのエリクソン社とWiFi特許ライセンス契約を締結。メルコホールディングス フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「エリクソン」のニューストピックワード