エリザベス女王 ニュース&Wiki etc.

エリザベス2世(、1926年4月21日 - )は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主である上に、54の加盟国から成るイギリス連邦およびイギリスの王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の首長でもある。ウィンザー朝の第4代女王。実名は… (出典:Wikipedia)

「エリザベス女王」Q&A

  • Q&A

    トランプ馬券。日本G1。 エリザベス女王杯が(クイーンズリング)=トランプのマンショ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 16:02

  • Q&A

    英国の王室が日本に来ない理由は何ですか?エリザベス女王が日本に来たのは1回だけですよ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 18:21

  • Q&A

    ここG1 3戦の3着以内 天皇賞・秋 ムーア デムーロ エリザベス女王杯 デムーロ …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月27日 00:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「エリザベス2世 (イギリス女王)」のつながり調べ

  • ヨーロッパ戦勝記念日

    ヨーロッパ戦勝記念日から見たエリザベス2世

    1945年5月8日、各地で大規模な祝典が開催された。特にロンドンでは盛大で、この後も数年間にわたり食糧や衣服の配給が続いた厳しい経済環境の中、100万人以上の群集がカーニバルのような雰囲気の中で欧州戦線の終わりを祝った。トラファルガー広場からザ・マルを経てバッキンガム宮殿に至る地域は群集で埋まり、ジョージ6世とエリザベス王妃、ウィンストン・チャーチル首相が宮殿バルコニーから人々に手を振った。このとき、エリザベス王女とマーガレット王女はロンドンの群衆の中へ入って人々と共に祝うことを許された。(ヨーロッパ戦勝記念日 フレッシュアイペディアより)

  • マダム・タッソー館

    マダム・タッソー館から見たエリザベス2世

    File:Elizabeth II Wax Statue in Madame Tussauds London.jpg|エリザベス2世マダム・タッソー館 フレッシュアイペディアより)

「エリザベス2世 (イギリス女王)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「エリザベス女王」のニューストピックワード