33件中 21 - 30件表示
  • ラリー・ペイジ

    ラリー・ペイジから見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    在学中、同じくスタンフォード大学計算機科学の博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine(大規模なハイパーテキスト的なウェブ検索エンジンに関する解剖)と題された論文を共著で執筆した。修士号を取得した後スタンフォード大学を休学し、1998年にGoogle社を共同設立。論文はページランク技術(ペイジは、彼の姓に由来)に取り入れられることになった。従業員200人程度の規模になった2001年4月頃まで共同社長兼最高経営責任者を務め、同年7月に最高経営責任者職をエリック・シュミットに譲った。シュミット、ブリン、ペイジによる三頭体制で製品部門担当の社長を務めていたが、2011年4月4日付で最高経営責任者に復帰した。2015年10月2日、グーグルの組織再編に伴い新たに設立された持株会社・アルファベット社の最高経営責任者に就任した。グーグルCEOはサンダー・ピチャイが後任となった。ラリー・ペイジ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・リチャードソン

    ビル・リチャードソンから見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    2013年1月にはGoogle社のエリック・シュミット会長らともに北朝鮮を訪れ、北朝鮮の外務次官らと会談した。ビル・リチャードソン フレッシュアイペディアより)

  • プリンストン大学

    プリンストン大学から見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    エリック・シュミット - Google最高経営責任者プリンストン大学 フレッシュアイペディアより)

  • Yahoo!

    Yahoo!から見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    3月初旬、GoogleのCEOのエリック・シュミットが「マイクロソフトがYahoo!買収に成功した場合のことを心配している」と述べたという記事が出た。それによると同氏が、「合併はインターネットのオープン性を損なうことになり、インターネットを痛めつける可能性がある」という考えを持っているということである。Yahoo! フレッシュアイペディアより)

  • Google ストリートビュー

    Google ストリートビューから見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    ストリートビューのプライバシー問題に関してCNNのテレビ番組のインタビューでGoogleのエリック・シュミットCEOが、「ストリートビューに自宅が写っているのが嫌なら、引っ越せばいい」と発言。後日CNNはインタビューからこの部分を削除した。発言を削除したことについてCNNはGoogleからの要請ではなく自主的に削除したとしている。Google ストリートビュー フレッシュアイペディアより)

  • 情報オーバーロード

    情報オーバーロードから見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    デイリー・テレグラフは、ハーバード・ビジネス・レビューの元編集責任者で『ネット・バカ?インターネットが私たちの脳にしていること』の作者であるニコラス・G・カーの言を引用し、電子メールは新しい情報を求める人間の基本的本能を利用し「社会的または知的栄養のペレットを受け取るという望みを持って不注意にレバーを押す」ような中毒症状をもたらしているとした。エリック・シュミットも同様の懸念を共有しており、瞬時に結果が得られる機器と電子メールなどのテクノロジーを利用して人々が豊富な情報にさらされることで、理解と熟慮を遮断し、思考過程に影響を及ぼし、記憶の形成を妨げ、学習を困難にする可能性があると指摘した。そのような「認識のオーバーロード」は結果として、経験として長期記憶に格納される情報の減少を生じ、思考を「薄く散漫な」状態にするという。このことは教育においても明らかに同様だと指摘されている。情報オーバーロード フレッシュアイペディアより)

  • ノベル (企業)

    ノベル (企業)から見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    1996年、ノベルはネイティブTCP/IPスタックを利用するプロプライエタリなIPXプロトコルへの依存をやめてインターネット対応製品に移行し始めた。前年に辞任したFrankenbergの後継者であるエリック・シュミットがCEOになった1997年に、この移行が推進された。さらにシュミット配下のChristopher Stoneが、シニア・バイス・プレジデントとして戦略と企業開発担当に就任した。ノベル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • G Suite

    G Suiteから見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    2014年9月2日 - Googleの企業向け製品部門、Google Enterpriseの名称をGoogle for Workに正式変更。Google会長、エリック・シュミットは、「私たちが元々目指していたものは、従来の『エンタープライズ』ビジネスではなく、まったく新しい業務方法を構築することだった。この目標にふさわしい名称がやっと付いたのだ」と説明していた。この大きな変更を反映して、Google Apps for BusinessはGoogle Apps for Workと改名された。G Suite フレッシュアイペディアより)

  • Alphabet (企業)

    Alphabet (企業)から見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    エリック・シュミット(Alphabet 顧問)Alphabet (企業) フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア大学バークレー校

    カリフォルニア大学バークレー校から見たエリック・シュミットエリック・シュミット

    エリック・シュミット - 元米Google社会長兼CEOカリフォルニア大学バークレー校 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「エリック・シュミット」のニューストピックワード