前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • RCDエスパニョール

    RCDエスパニョールから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2006年夏、ビルバオでUEFAカップ出場権を獲得したエルネスト・バルベルデ監督と契約した。RCDエスパニョール フレッシュアイペディアより)

  • マルク・トレホン

    マルク・トレホンから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2005-06シーズンはマラガCF Bにレンタル移籍し、35試合に出場した。2006-07シーズンにRCDエスパニョールに復帰するとエルネスト・バルベルデ監督にレギュラーとして起用され、主にダニエル・ハルケ(2009年に死去)とコンビを組んでエスパニョールの最終ラインを支えた。このUEFAカップでは10試合に出場し、決勝まで勝ち進んだが、スペイン勢同士の対戦となった決勝のセビージャFC戦はPK戦で敗れた。トレホンは5番目のキッカーとして登場し、PKを外した。2007-08シーズンはディフェンス陣最多の36試合に出場し、2008年1月20日のレアル・バリャドリード戦でプロ初ゴールを決めた。しかし、2008-09シーズンはRSCアンデルレヒトから移籍してきたニコラス・パレハにポジションを奪われ、さらに自身の怪我の影響もあって6試合の出場に終わった。マルク・トレホン フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ハビエル・ゴンサレス・マルコス

    オスカル・ハビエル・ゴンサレス・マルコスから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2004年夏、レアル・サラゴサに移籍。2004-05シーズンはCAオサスナ戦(2-2)で2得点を挙げるなどし、出場機会こそ減ったものの6得点を挙げた。サラゴサではレギュラーか準レギュラーという立場であった。2007-08シーズン終了後にサラゴサがセグンダ・ディビシオン降格となると、スペイン人のエルネスト・バルベルデ監督が率いるギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスFCと3年契約を結んだ。調子に波があったものの、2シーズンで68試合に出場して9得点を挙げた。2008-09シーズンには国内リーグと国内カップの2冠を達成し、同シーズンのUEFAカップ決勝トーナメント1回戦・ASサンテティエンヌ戦(1-2)では欧州カップ戦で初となる得点を挙げた。2010年9月1日にオリンピアコスとの契約を解除すると、その後すぐ、セグンダ・ディビシオンに所属していた古巣バリャドリードと契約した。オスカル・ハビエル・ゴンサレス・マルコス フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・グラシア・カルマチェ

    ルベン・グラシア・カルマチェから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2006年5月、移籍金1100万ユーロ(約15億4000万円)の5年契約でビジャレアルCFに移籍した。2006-07シーズンは、新加入選手中トップの35試合に出場して3得点5アシストを記録した。2007-08シーズンは32試合に出場し、チームはクラブ史上最高の2位に躍進したが、デビューシーズンの2001-02シーズン以来初めて無得点に終わった。2008-09シーズンの序盤は不安定であり、健康体でありながらマヌエル・ペレグリーニ監督から招集外とされることもあったが、ラスト9試合で5得点と終盤戦で力強い活躍を見せ、5位でのUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。36節のレアル・マドリード戦 (3-2) 、37節のバレンシアCF戦 (3-1) 、最終節のRCDマヨルカ戦 (3-2) では3戦連続で得点した。2009年夏にはペジェグリーニ監督がレアル・マドリード監督に就任し、後任にエルネスト・バルベルデ監督が就任したが、バルベルデ監督指揮下でもレギュラーポジションを獲得した。2009-10シーズンは4-4-2フォーメーションの右サイドハーフまたは4-3-3フォーメーションのインサイドハーフで起用され、2008-09シーズンの22試合を大きく上回る35試合に出場した。ルベン・グラシア・カルマチェ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フステル

    ダビド・フステルから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2004年に故郷近くのクラブビジャレアルCFと契約し、2008年までの4年間はリザーブチームのビジャレアルCF Bでプレーした。2008年夏、セグンダ・ディビシオン(2部)のエルチェCFに完全移籍したが、ビジャレアルが買戻しの権利を保有していた。11月23日のUDサラマンカ戦で初得点を挙げると、その後は1試合2得点をコルドバCF戦やSDウエスカ戦、ラーヨ・バジェカーノ戦で記録し、シーズン終盤までに得点を二桁に乗せた。2008年11月から12月にかけて4試合連続得点を記録した。2008-09シーズンの13得点の活躍により、エルネスト・バルベルデ新監督が就任したビジャレアルCFに40万ユーロで買い戻された。ダビド・フステル フレッシュアイペディアより)

  • モイセス・ウルタード

    モイセス・ウルタードから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2010年8月下旬、エスパニョール時代の恩師エルネスト・バルベルデ監督が率いるギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスFCと3年契約を結んだ。2010-11シーズンはリーグ戦18試合に出場し、クラブは優勝を果たした。モイセス・ウルタード フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ジェステ

    フランシスコ・ジェステから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2011年夏に自由契約となったが、7月22日に恩師エルネスト・バルベルデ監督が率いるギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスFCと1年契約を交わした。しかし翌年1月17日にはクラブとの契約解除で合意。バニーヤースSCへ加入しUAEに復帰した。フランシスコ・ジェステ フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・イバガサ

    アリエル・イバガサから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    2010年7月、ギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスFCと2年契約を結んだ。フリートランスファーのため移籍金は発生しない。ASローマとの親善試合 (5-1) で初得点を挙げた。シーズン途中にはビジャレアル時代にも指導を受けたエルネスト・バルベルデが監督に就任し、2010-11シーズンは2位以下に大差をつけてリーグ優勝を果たした。アリエル・イバガサ フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・フェルナンデス

    マティアス・フェルナンデスから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデ新監督はマティアスを余剰戦力だと考えていたため、2009年7月1日、ポルトガル・スーペル・リーガのスポルティングCPと契約を結んだ。移籍金は365万ユーロ(ただし、出場試合数によって50万ユーロが加算される可能性がある)で契約期間は4年。10月27日のヴィトーリア・ギマランイス戦 (1-1) で初得点を決め、その1週間後のCSマリティモ戦 (1-1) でも得点した。UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・エヴァートンFC戦セカンドレグ (3-0) ではロスタイムに得点し、2試合合計4-2で勝ち抜けを決めた。マティアス・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見たエルネスト・バルベルデエルネスト・バルベルデ

    10月6日 - 年間最優秀救援投手にデトロイト・タイガースのエルネスト・バルベルデが選出、今季75試合登板で2勝4敗49セーブ2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示