31件中 11 - 20件表示
  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たサッカー日本代表

    2010年、サッカー日本代表監督として名前が挙がったが交渉はまとまらなかったと報じられている。日本代表監督選定を担ったJFA技術委員長原博実は、バルベルデを「バイタリティに溢れ、サッカーもアグレッシブ、人柄も良い」と絶賛し「彼自身は日本代表に関心があった」とする一方、若くて(当時46歳)野心があるがゆえ、日本よりも欧州での成功を目指したのだろうと述懐している。同年8月10日、古巣オリンピアコスの監督に就任し、2010-11シーズンは独走でのリーグ優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たビジャレアルCF

    2008年夏、オリンピアコスFCの監督に就任した。欧州カップ戦においては結果を残せなかったものの、リーグ優勝・カップ戦優勝と国内2冠を達成し、優れた手腕を発揮した。その後、1シーズンでの退団が決定。2009年6月2日、マヌエル・ペレグリーニの後任としてビジャレアルCF監督に就任した。しかしクラブは開幕から低迷を続け、2010年1月31日のCAオサスナ戦終了後に解任された。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見た日本サッカー協会

    2010年、サッカー日本代表監督として名前が挙がったが交渉はまとまらなかったと報じられている。日本代表監督選定を担ったJFA技術委員長原博実は、バルベルデを「バイタリティに溢れ、サッカーもアグレッシブ、人柄も良い」と絶賛し「彼自身は日本代表に関心があった」とする一方、若くて(当時46歳)野心があるがゆえ、日本よりも欧州での成功を目指したのだろうと述懐している。同年8月10日、古巣オリンピアコスの監督に就任し、2010-11シーズンは独走でのリーグ優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たサッカースペイン代表

    1990年10月10日、UEFA EURO '92予選のアイスランド戦でスペイン代表初キャップを刻んだ。スペイン代表歴はこの1試合のみである。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たRCDマヨルカ

    セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・アラベスなどでプレーした後、1986年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDエスパニョールに移籍した。8月31日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラデビューを果たし、1986-87シーズンは計43試合に出場して7ゴールを決めた。1987-88シーズンはUEFAカップに出場して決勝まで勝ち進んだが、バイエル・レバークーゼンにPK戦の末敗れた。1988年夏に移籍したFCバルセロナでは出場機会こそ少なかったが、UEFAカップウィナーズカップとコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。彼はエストレマドゥーラ州出身だが、幼少期にバスク地方に移り住んだため、アスレティック・ビルバオでプレーする権利があり、1990年にアスレティックに移籍した。6シーズンをアスレティックで過ごし、1992年から1994年の間にはリーグ戦で20ゴールを決めた。1996年にRCDマヨルカに移籍し、1シーズンを過ごした後に33歳で現役引退した。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たアトレティコ・マドリード

    セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・アラベスなどでプレーした後、1986年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDエスパニョールに移籍した。8月31日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラデビューを果たし、1986-87シーズンは計43試合に出場して7ゴールを決めた。1987-88シーズンはUEFAカップに出場して決勝まで勝ち進んだが、バイエル・レバークーゼンにPK戦の末敗れた。1988年夏に移籍したFCバルセロナでは出場機会こそ少なかったが、UEFAカップウィナーズカップとコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。彼はエストレマドゥーラ州出身だが、幼少期にバスク地方に移り住んだため、アスレティック・ビルバオでプレーする権利があり、1990年にアスレティックに移籍した。6シーズンをアスレティックで過ごし、1992年から1994年の間にはリーグ戦で20ゴールを決めた。1996年にRCDマヨルカに移籍し、1シーズンを過ごした後に33歳で現役引退した。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たデポルティーボ・アラベス

    セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・アラベスなどでプレーした後、1986年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDエスパニョールに移籍した。8月31日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラデビューを果たし、1986-87シーズンは計43試合に出場して7ゴールを決めた。1987-88シーズンはUEFAカップに出場して決勝まで勝ち進んだが、バイエル・レバークーゼンにPK戦の末敗れた。1988年夏に移籍したFCバルセロナでは出場機会こそ少なかったが、UEFAカップウィナーズカップとコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。彼はエストレマドゥーラ州出身だが、幼少期にバスク地方に移り住んだため、アスレティック・ビルバオでプレーする権利があり、1990年にアスレティックに移籍した。6シーズンをアスレティックで過ごし、1992年から1994年の間にはリーグ戦で20ゴールを決めた。1996年にRCDマヨルカに移籍し、1シーズンを過ごした後に33歳で現役引退した。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たバスク地方

    セグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・アラベスなどでプレーした後、1986年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDエスパニョールに移籍した。8月31日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラデビューを果たし、1986-87シーズンは計43試合に出場して7ゴールを決めた。1987-88シーズンはUEFAカップに出場して決勝まで勝ち進んだが、バイエル・レバークーゼンにPK戦の末敗れた。1988年夏に移籍したFCバルセロナでは出場機会こそ少なかったが、UEFAカップウィナーズカップとコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。彼はエストレマドゥーラ州出身だが、幼少期にバスク地方に移り住んだため、アスレティック・ビルバオでプレーする権利があり、1990年にアスレティックに移籍した。6シーズンをアスレティックで過ごし、1992年から1994年の間にはリーグ戦で20ゴールを決めた。1996年にRCDマヨルカに移籍し、1シーズンを過ごした後に33歳で現役引退した。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たCAオサスナ

    2008年夏、オリンピアコスFCの監督に就任した。欧州カップ戦においては結果を残せなかったものの、リーグ優勝・カップ戦優勝と国内2冠を達成し、優れた手腕を発揮した。その後、1シーズンでの退団が決定。2009年6月2日、マヌエル・ペレグリーニの後任としてビジャレアルCF監督に就任した。しかしクラブは開幕から低迷を続け、2010年1月31日のCAオサスナ戦終了後に解任された。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・バルベルデ

    エルネスト・バルベルデから見たスーペルコパ・デ・エスパーニャ

    2017年5月、ルイス・エンリケの後任としてバルセロナの監督に就任した。就任直後にネイマールが退団、スーペルコパ・デ・エスパーニャでも宿敵のレアル・マドリーに完敗し初タイトルを逃すなど波乱のデビューとなった。シーズン当初は4-3-3の布陣を敷いていたが、その後変則的な4-4-2の布陣を採用、守備の安定化を図った。その後、17-18シーズンの前半戦を無敗で折り返すなどチームの立て直しに成功した。特筆すべきは彼の監督としての修正力であり、幾度となく戦況を変えチームを勝利に導いている。エルネスト・バルベルデ フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示