前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • アナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    アナ・イバノビッチ(Ana Ivanović, , 1987年11月6日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の女子プロテニス選手。2008年の全仏オープン女子シングルス優勝者になり、世界ランキング1位に到達した。これまでにWTAツアーでシングルス11勝を挙げている。2歳年上のエレナ・ヤンコビッチとともに、セルビアのテニス界を代表する女子2強豪のひとりである。身長186cm、体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。アナ・イバノビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    女子シングルスのシード勢では、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ、キャロライン・ウォズニアッキ、エレナ・ヤンコビッチ、エレーナ・デメンチェワ、サマンサ・ストーサー、アグニエシュカ・ラドワンスカら、トップ8シードの内この日試合が行われた6名全員が順当に初戦を突破した他、李娜、カテリナ・ボンダレンコ、アリサ・クレイバノワ、ルーシー・サファロバ、フランチェスカ・スキアボーネ、アリョーナ・ボンダレンコらその他のシード勢全員も初戦を突破した。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • メラニー・ウダン

    メラニー・ウダンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2009年ウィンブルドン選手権では予選を勝ち上がり本戦1回戦でシビル・バンマーを倒し、グランドスラムで初勝利を飾る。3回戦では第6シードのエレナ・ヤンコビッチを 6-7(8), 7-5, 6-2 で破った。続く4回戦でアグニエシュカ・ラドワンスカに4-6、5-7で敗れた。メラニー・ウダン フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・バルトリ

    マリオン・バルトリから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2007年5月のチェコ・プラハ大会決勝では、バルトリは同じくフォア・バックとも両手打ちの選手である日本の森上亜希子に 1-6, 3-6 で敗れた。全仏オープンで初の4大大会4回戦に進んだ後、ウィンブルドンで快進撃を見せる。第18シードのバルトリは、4回戦でエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)を破って波に乗り、準決勝では第1シードのジュスティーヌ・エナンに 1-6, 7-5, 6-1 の逆転勝利を収めたが、決勝で過去3度優勝経験のあるビーナス・ウィリアムズに 4-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。マリオン・バルトリ フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    カルラは父親がハンドボール選手、母親は体操競技の教師という家庭に生まれ、母親の勧めにより9歳からテニスを始めた。2003年にプロ入りし、2007年に出身地のカナリア諸島からバルセロナに引っ越した。2007年全米オープンで4大大会の予選会に初出場。2008年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのスペイン代表選手に選ばれ、2月の「ワールドグループ」1回戦(対イタリア戦)でフェド杯にデビューする。5月末からの全仏オープンで、スアレス・ナバロは初めて予選会を突破し、初進出の本戦でいきなりベスト8に勝ち進んだ。本戦2回戦で元世界ランキング1位のアメリ・モレスモを 6-3, 6-4 で圧倒して波に乗り、一気に準々決勝まで勝ち上がる。最初の大舞台では第3シードとのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 2-6, 3-6 で敗れた。続くウィンブルドンでは、2回戦でヤンコビッチに連敗する。その後北京五輪のスペイン代表選手にも選ばれ、シングルス1回戦で地元中国の彭帥に 5-7, 6-7 で敗れた。全米オープン終了直後のフェドカップ決勝戦にも起用されたが、スペインはロシアに「0勝4敗」の完敗に終わった。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・マレー

    ジェイミー・マレーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ジェイミー・マレー(Jamie Murray, 1986年2月13日 - )は、スコットランド・ダンブレーン出身の男子プロテニス選手。フルネームは James Robert Murray (ジェームズ・ロバート・マレー)という。アンディ・マレーの1歳年上の兄で、ダブルスのスペシャリストとして活動している。2007年のウィンブルドン混合ダブルスで、エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)とコンビを組んで優勝した。2008年の全米オープン混合ダブルスでリーゼル・フーバー(アメリカ)と組んだ準優勝もある。左利きの選手。ジェイミー・マレー フレッシュアイペディアより)

  • マリア・シャラポワ

    マリア・シャラポワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2008年の全豪オープンで、シャラポワは2年連続2度目の決勝でアナ・イバノビッチを 7-5, 6-3 のストレートで破り、初優勝を飾った。本大会ではリンゼイ・ダベンポート、エレーナ・デメンチェワ、ジュスティーヌ・エナン、エレナ・ヤンコビッチの強豪を圧倒し、全試合ストレート勝ちで優勝を決めた。これでシャラポワの4大大会優勝も3勝目となり、あとは全仏オープンを残すのみとなる。しかし、2008年はふくらはぎや右肩など多くの故障に悩まされた年でもあった。5月14日にエナンが世界1位のままで現役引退を表明したことから、翌週にシャラポワが世界1位に返り咲いたものの、全仏オープンは4回戦敗退に終わり、ウィンブルドンにいたっては2回戦で姿を消してしまう。7月末のロジャーズ・カップ3回戦敗退の後、彼女は長期間の戦線離脱を余儀なくされ、北京五輪への出場も断念した。マリア・シャラポワ フレッシュアイペディアより)

  • シビル・バンマー

    シビル・バンマーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2006年、バンマーは全豪オープンとウィンブルドンの2大会で3回戦に勝ち進み、フェド杯にも2年ぶり3度目の出場をしたが、「ワールドグループ」準々決勝で出場3試合すべてを落としてしまう。2007年に入り、全豪オープンでは1回戦で第12シードのアンナ・チャクベタゼ(ロシア)に敗れたが、2月第2週のタイ・パタヤ大会で活躍する。バンマーは初進出の決勝でヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)を 7-5, 3-6, 7-5 で破り、26歳10ヶ月でツアー初優勝を果たした。これで勢いに乗ったバンマーは、3月前半のインディアンウェルズ・マスターズでスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)との準決勝に勝ち上がり、4大大会に次ぐ大規模な大会で初めての好成績を出した。5月末開幕の全仏オープンで初めて「第20シード」を与えられ、第1シードのジュスティーヌ・エナンとの4回戦まで進出する。全米オープンでも4回戦に進み、第3シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 4-6, 6-4, 1-6 で敗れた。シビル・バンマー フレッシュアイペディアより)

  • ニコル・バイディソバ

    ニコル・バイディソバから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2006年度の4大大会で、ニコル・バイディソバは全豪オープンと全仏オープンの2大会連続でアメリ・モレスモと4回戦で当たった。全豪オープンでは 1-6, 1-6 で完敗したが、全仏オープンでは地元フランスの大会で初の第1シードとなったモレスモを 6-7, 6-1, 6-2 で破り、地元声援の壁を打ち破った。続く準々決勝でもビーナス・ウィリアムズに勝ったが、初めての準決勝では2004年全米オープン優勝者のスベトラーナ・クズネツォワに 7-5, 6-7, 2-6 で逆転負けした。全仏オープン後の4大大会成績は、ウィンブルドンでは4回戦で李娜(中国)に 6-4, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、全米オープンは3回戦でエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に敗れた。ニコル・バイディソバ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコヴィッチ

    ヤンコヴィッチから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ - セルビア・ベオグラード出身のテニス選手。ヤンコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード