40件中 11 - 20件表示
  • アンドレイ・パベル

    アンドレイ・パベルから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    パベルは2009年に35歳で現役を引退した。引退した2009年からルーマニアデビスカップチームの監督に就任し、2011年にはエレナ・ヤンコビッチのコーチを務めるなど、指導者として活動している。アンドレイ・パベル フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全米オープン (テニス)

    2001年全米オープン (テニス)から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ガリナ・フォキナ / スベトラーナ・クズネツォワ def. エレナ・ヤンコビッチ / マテア・メザック, 7-5, 6-32001年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全豪オープン

    2001年全豪オープンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ def. ソフィア・アルビドソン, 6?2, 6?12001年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全米オープン (テニス)

    2008年全米オープン (テニス)から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    セリーナ・ウィリアムズ def. エレナ・ヤンコビッチ,6?4, 7?52008年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年全米オープン女子シングルス

    2005年全米オープン女子シングルスから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ (3回戦, 途中棄権)2005年全米オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • パティ・シュナイダー

    パティ・シュナイダーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2008年、シュナイダーは全仏オープンと全米オープンの両大会で10年ぶり2度目のベスト8進出を決めた。10年ぶりの舞台では、全仏はエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 2-6, 3-6 で敗れ、全米はエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 2-6, 3-6 で敗れて、ともにストレート負けに終わっている。パティ・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • カイア・カネピ

    カイア・カネピから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2010年7月、カネピはイタリア・パレルモ大会でフラビア・ペンネッタ(イタリア)に 6?4, 6?3 で勝利し、ツアー初優勝を果たした。ウィンブルドンでは予選から勝ち上がり1回戦で全仏準優勝者のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を 6-4, 6-4 で破るなど快進撃を続け、 ベスト8に進出する。準々決勝ではペトラ・クビトバ(チェコ)に 6-4, 6-7, 6-8 で逆転負けを喫した。全米オープンでは第31シードとなり、3回戦で第4シードエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)、4回戦で第15シードヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)を破り、ウィンブルドンに続いてベスト8に進出。準々決勝ではベラ・ズボナレワ(ロシア)に 3-6, 5-7 で敗れ4大大会初のベスト4進出はならなかった。カイア・カネピ フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・ボンダレンコ

    アリョーナ・ボンダレンコから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    全豪オープン優勝後、アリョーナとカテリナは全仏オープンでも女子ダブルスのベスト4に入った。8月の北京五輪で、アリョーナとカテリナは女子ダブルス準決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組と顔を合わせ、“姉妹ペア対決”に 6-4, 4-6, 1-6 で逆転負けしたため、準決勝敗退ペア2組による「銅メダル決定戦」に回った。2人は銅メダル決定戦で地元中国ペアの鄭潔&晏紫組に 2-6, 2-6 で完敗し、女子ダブルスのメダルを逃した。アリョーナはシングルス2回戦でエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 5-7, 1-6 で敗れた。アリョーナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ

    エレナから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ - ユーゴスラビア(現セルビア)出身の女子プロテニス選手。エレナ フレッシュアイペディアより)

  • タマリネ・タナスガーン

    タマリネ・タナスガーンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    近年は怪我に苦しんでいたタナスガーンだったが、2008年6月に予選からの出場となったウィンブルドンの前哨戦・オランダ「オルディナ・オープン」において久々の好成績を挙げた。予選から決勝戦に勝ち上がり、当年度の全仏オープン準優勝者ディナラ・サフィナを 7-5, 6-3 のストレートで下し、自身のキャリアで5年ぶり2度目の女子ツアーシングルス優勝を遂げた。続く2008年ウィンブルドンでは、2004年以来4年ぶり「7度目」の進出となった4回戦で第2シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-3, 6-2 で快勝し、悲願のベスト8入りを決めた。初進出の準々決勝では、大会前年度優勝者のビーナス・ウィリアムズに 4-6, 3-6 で敗れた。タマリネ・タナスガーン フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード