52件中 11 - 20件表示
  • ヤンコヴィッチ

    ヤンコヴィッチから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ - セルビア・ベオグラード出身のテニス選手。ヤンコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ

    エレナから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ - セルビア(当時ユーゴスラビア)の女子プロテニス選手。エレナ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全米オープン (テニス)

    2001年全米オープン (テニス)から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ガリナ・フォキナ / スベトラーナ・クズネツォワ def. エレナ・ヤンコビッチ / マテア・メザック, 7-5, 6-32001年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全豪オープン

    2001年全豪オープンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ def. ソフィア・アルビドソン, 6?2, 6?12001年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ウィンブルドン選手権

    2007年ウィンブルドン選手権から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ / ジェイミー・マレー def. アリシア・モリク / ヨナス・ビョークマン, 6-4, 3-6, 6-12007年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全米オープン (テニス)

    2008年全米オープン (テニス)から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    セリーナ・ウィリアムズ def. エレナ・ヤンコビッチ,6?4, 7?52008年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全米オープン女子シングルス

    2008年全米オープン女子シングルスから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    全米6年ぶり4度目の決勝進出のセリーナ・ウィリアムズとグランドスラム初決勝進出のエレナ・ヤンコビッチの決勝。ウィリアムズが勝利し全米3度目・グランドスラム9度目の優勝。この結果によりウィリアムズが2003年以来の世界ランキング1位に復冠した。2008年全米オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・デメンチェワ

    エレーナ・デメンチェワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2006年2月5日、デメンチェワは日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」決勝戦で、当年度から現役復帰を果たした元世界ランキング1位のマルチナ・ヒンギスを 6-2, 6-0 で破って初優勝した。2002年10月にヒンギスはドイツ・フィルダーシュタットの「ポルシェ・テニス・グランプリ」2回戦敗退を最後にテニス界から退いたが、その時の対戦相手がこのデメンチェワであった。(当時のスコア:デメンチェワの 6-3, 6-1)この年の4大大会では、ウィンブルドンで初めてのベスト8進出があった。準々決勝ではウィンブルドンを得意とするマリア・シャラポワに 1-6, 4-6 で敗れた。8月第2週にアメリカ・ロサンゼルス大会で優勝し、年間2勝目を挙げる。決勝戦ではセルビアのエレナ・ヤンコビッチに 6-3, 4-6, 6-4 で競り勝った。エレーナ・デメンチェワ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルヴァラ・レプチェンコ

    ヴァルヴァラ・レプチェンコから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    この年はレプチェンコにとって大きな飛躍を遂げるシーズンとなり、予選を勝ち上がり出場した全豪オープン1回戦では当時世界ランク21位の大会第20シードダニエラ・ハンチュコバに6?4,3?6,2?6のフルセットで惜敗したが、2月第3週のカタール・トータル・オープン2回戦では当時世界ランク21位の大会16シードユリア・ゲルゲスを7-6(4),7-6(5)のストレートで破り、当時世界ランク6位の大会第4シードアグニエシュカ・ラドワンスカとの3回戦まで進出。2月第4週のメンフィス国際2回戦では当時世界ランク61位の大会第7シードを6-2,6-4のストレートで破り、ノーシードのとの準々決勝まで進出。予選を勝ち上がり出場した5月第1週のムチュア・マドリード・オープンでは1回戦でノーシードのシャハー・ピアーを7-6,(2)6-4のストレートで、2回戦で同じくノーシードのアナベル・メディナ・ガリゲスを6-1,6-7(7),6-3のフルセットでそれぞれ破り、準々決勝では当時世界ランク3位の大会第3シードアグニエシュカ・ラドワンスカにカタール・トータル・オープンに続いて挑戦したが、レプチェンコはここでもラドワンスカに4-6,4-6のストレートで敗れた。当時世界ランク63位のノーシードとして出場した5月第5週の全仏オープン1回戦ではノーシードのを6-2,6-7(8),6-4のフルセットで、2回戦で元世界ランク1位であり、今大会で過去3度ベスト4進出の実績を持つ大会第19シードのエレナ・ヤンコビッチを7-6(4),4-6,6-4のフルセットで、3回戦では2年前の全仏女王であり、当時世界ランク12位の大会第14シードフランチェスカ・スキアボーネを3-6,6-3,8-6のフルセットで破る番狂わせを立て続けに起こし、当時世界ランク4位の第4シードで2011年ウィンブルドン選手権女王のペトラ・クビトバとの4回戦に進出。ここではクビトバに2-6,1-6のストレートで完敗しレプチェンコの快進撃はここで止まったが、これまでグランドスラムで2回戦以上に進出したことがなかった彼女にとってこの大会は大きなブレイクスルーとなった。ヴァルヴァラ・レプチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・パベル

    アンドレイ・パベルから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    パベルは2009年に35歳で現役を引退した。引退した2009年からデビスカップルーマニア代表監督に就任し、2011年にはエレナ・ヤンコビッチのコーチを務めるなど、指導者として活動している。アンドレイ・パベル フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード