52件中 21 - 30件表示
  • ジェイミー・ハンプトン

    ジェイミー・ハンプトンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2013年全豪オープンでは3回戦でビクトリア・アザレンカに敗れた。全仏オープンでは3回戦で世界ランキング7位のペトラ・クビトバを 6-1, 7-6 (7) で破り4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦でエレナ・ヤンコビッチに 0-6, 2-6 で敗れた。イーストボーン大会では予選から勝ち上がり初めてシングルスの決勝に進出した。決勝ではエレーナ・ベスニナに 2?6, 1?6 で敗れ初優勝を逃した。2013年7月29日付のランキングで自己最高の24位を記録している。ジェイミー・ハンプトン フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラワ・シュウェドワ

    ヤロスラワ・シュウェドワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2010年はシングルスでは全仏オープンで、2回戦の第8シードアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を 7-5, 6-3 、3回戦の第28シードアリサ・クレイバノワ(ロシア)を 6-2, 4-6, 6-0 、4回戦ではヤルミラ・グロート(オーストラリア)を 6-4, 6-3 で破り、4大大会で初めてベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 5-7, 4-6 で敗れた。ダブルスではバニア・キング(アメリカ)と組んでウィンブルドンでエレーナ・ベスニナ&ベラ・ズボナレワ組に 7?6(6), 6?2、全米オープンでリーゼル・フーバー&ナディア・ペトロワ組を 2-6, 6-4, 7?6(4) で破り優勝している。ヤロスラワ・シュウェドワ フレッシュアイペディアより)

  • アリサ・クレイバノワ

    アリサ・クレイバノワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    全米オープンで2年ぶりに4大大会に出場した。1回戦でモニカ・プイグを 6-4, 3-6, 7-5 で破り初戦を突破した。2回戦でエレナ・ヤンコビッチに 3-6, 2-6 で敗れた。地元のクレムリン・カップではベスト8に進出しクレイバノワは2013年のWTAアワードカムバック賞を受賞している。アリサ・クレイバノワ フレッシュアイペディアより)

  • ボヤナ・ヨバノフスキ

    ボヤナ・ヨバノフスキから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ヨバノフスキはコーチである父の手ほどきで7歳でテニスを始め、2007年にプロに転向。4大大会では2010年ウィンブルドン選手権で初出場し1回戦でケーシー・デラクアを 6?1, 6?0 で破り初戦を突破した。2回戦で第14シードのビクトリア・アザレンカに 1?6, 4?6 で敗れた。9月の中国オープンでは2回戦で当時7位のエレナ・ヤンコビッチを 4-6, 6-2, 6-2 で破り初めてトップ10プレイヤーから勝利を挙げた。ボヤナ・ヨバノフスキ フレッシュアイペディアより)

  • ドミニカ・チブルコバ

    ドミニカ・チブルコバから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    チブルコバは2008年のシーズンにツアーの成績を伸ばし、一気にスロバキア女子のナンバー2に躍進した。4月中旬の「ボシュロム選手権」で初めての女子ツアー大会決勝進出を果たし、第1シードのマリア・シャラポワに 6-7, 3-6 で敗れて準優勝になる。全仏オープンで「第28シード」に選出され、4大大会シード選手の仲間入りを果たした。全仏オープンでは2年連続2度目の3回戦で、第3シードのエレナ・ヤンコビッチに敗退する。ウィンブルドンは1回戦で鄭潔に 4-6, 3-6 で敗れた。8月に入り、「ロジャーズ・カップ」で2度目のツアー決勝進出を決めたが、今度はディナラ・サフィナに 2-6, 1-6 で完敗した。カナダ・マスターズ準優勝の後、チブルコバはオリンピックのスロバキア代表選手として北京五輪に出場した。オリンピックの女子シングルス出場選手は64名で、シード選手は16名であるが、北京五輪の「第16シード」として3回戦まで勝ち進み、ここでもヤンコビッチに敗れた。全米オープンでは、シングルスは3回戦で第9シードのアグニエシュカ・ラドワンスカに 0-6, 3-6 で敗れたが、ビルジニ・ラザノと組んだダブルスでベスト8に入った。ドミニカ・チブルコバ フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・デラクア

    ケーシー・デラクアから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    デラクアは2008年、シングルス・ダブルスともに目覚ましい躍進を遂げた。全豪オープンでは、2回戦で第15シードのパティ・シュナイダー、3回戦で第18シードのアメリ・モレスモに勝ち、2人のシード選手を連破して初の4回戦進出を果たした。4回戦では第3シードのエレナ・ヤンコビッチに 6-7, 1-6 で敗退する。全仏オープンでもシングルス3回戦に進み、女子ダブルスでフランチェスカ・スキアボーネと組んで決勝に勝ち進む。デラクアとスキアボーネは、3回戦で第3シードのレネ・スタブス&クベタ・ペシュケ組、準々決勝で第6シードのビクトリア・アザレンカ&シャハー・ピアー組、準決勝で全豪女子ダブルス優勝者のアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組を連破した。デラクアは女子ツアーで初の決勝進出を、グランドスラム大会の女子ダブルスで決めたのである。決勝戦ではスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 6-2, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、デラクアとスキアボーネは4大大会優勝のチャンスを逃した。ケーシー・デラクア フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・マリー

    ジェイミー・マリーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2007年、ジェイミー・マリーはエリック・ブトラックと組んで男子ツアー大会のダブルスに3勝を挙げ、2007年ウィンブルドン選手権混合ダブルスでエレナ・ヤンコビッチとコンビを組んで優勝した。ジェイミーとヤンコビッチは、決勝でビョルクマン/モリク組を6-4, 3-6, 6-1で破って栄冠を獲得した。イギリス人選手がウィンブルドンを制覇したのは、1987年の混合ダブルスを制したジェレミー・ベイツ/ジョー・デュリー組(この組は2人ともイギリス人ペア)以来20年ぶりの快挙であった。ジェイミー・マリー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年深センオープン

    2013年深センオープンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチ (ウイルス性疾患により欠場)2013年深センオープン フレッシュアイペディアより)

  • パティ・シュナイダー

    パティ・シュナイダーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2008年、シュナイダーは全仏オープンと全米オープンの両大会で10年ぶり2度目のベスト8進出を決めた。10年ぶりの舞台では、全仏はエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 2-6, 3-6 で敗れ、全米はエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 2-6, 3-6 で敗れて、ともにストレート負けに終わっている。パティ・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・ボンダレンコ

    アリョーナ・ボンダレンコから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    全豪オープン優勝後、アリョーナとカテリナは全仏オープンでも女子ダブルスのベスト4に入った。8月の北京五輪で、アリョーナとカテリナは女子ダブルス準決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組と顔を合わせ、“姉妹ペア対決”に 6-4, 4-6, 1-6 で逆転負けしたため、準決勝敗退ペア2組による「銅メダル決定戦」に回った。2人は銅メダル決定戦で地元中国ペアの鄭潔&晏紫組に 2-6, 2-6 で完敗し、女子ダブルスのメダルを逃した。アリョーナはシングルス2回戦でセルビアのエレナ・ヤンコビッチに 5-7, 1-6 で敗れた。アリョーナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード