1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • ソラナ・チルステア

    ソラナ・チルステアから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2009年の全仏オープンで、ソラナ・チルステアはノーシードから初のベスト8に勝ち上がった。2回戦でアリーゼ・コルネ、3回戦でキャロライン・ウォズニアッキを破ると、4回戦では第5シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)を 3-6, 6-0, 9-7 で倒した。初進出の準々決勝では、オーストラリアのサマンサ・ストーサーに 1-6, 3-6 のストレートで完敗した。ソラナ・チルステア フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラワ・シュウェドワ

    ヤロスラワ・シュウェドワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2010年はシングルスでは全仏オープンで、2回戦の第8シードアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を 7-5, 6-3 、3回戦の第28シードアリサ・クレイバノワ(ロシア)を 6-2, 4-6, 6-0 、4回戦ではヤルミラ・グロート(オーストラリア)を 6-4, 6-3 で破り、4大大会で初めてベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 5-7, 4-6 で敗れた。ダブルスではバニア・キング(アメリカ)と組んでウィンブルドンでエレーナ・ベスニナ&ベラ・ズボナレワ組に 7?6(6), 6?2、全米オープンでリーゼル・フーバー&ナディア・ペトロワ組を 2-6, 6-4, 7?6(4) で破り優勝している。ヤロスラワ・シュウェドワ フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・ストーサー

    サマンサ・ストーサーから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2010年、ファミリー・サークル・カップの決勝でストーサーはベラ・ズボナレワ(ロシア)を 6-0, 6-3 で破り、シングルス2勝目を挙げると、全仏オープンでは4回戦で過去4回優勝しているジュスティーヌ・エナン(ベルギー)を 2-6, 6-1, 6-4 で、準々決勝では世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を 6-2, 6-7 , 8-6 で破り2年連続の準決勝に進出する。準決勝ではエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-1, 6-2 で圧勝し4大大会初の決勝に進んだが、決勝でフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)に 4-6, 6-7 で敗れ準優勝となった。サマンサ・ストーサー フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・デラクア

    ケーシー・デラクアから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    デラクアは2008年、シングルス・ダブルスともに目覚ましい躍進を遂げた。全豪オープンでは、2回戦で第15シードのパティ・シュナイダー(スイス)、3回戦で第18シードのアメリ・モレスモ(フランス)に勝ち、2人のシード選手を連破して初の4回戦進出を果たした。4回戦では第3シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-7, 1-6 で敗退する。全仏オープンでもシングルス3回戦に進み、女子ダブルスでフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)と組んで決勝に勝ち進む。デラクアとスキアボーネは、3回戦で第3シードのレネ・スタブス&クベタ・ペシュケ組、準々決勝で第6シードのビクトリア・アザレンカ&シャハー・ピアー組、準決勝で全豪女子ダブルス優勝者のアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組(ウクライナの姉妹ペア)を連破した。デラクアは女子ツアーで初の決勝進出を、グランドスラム大会の女子ダブルスで決めたのである。決勝戦ではスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 6-2, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、デラクアとスキアボーネは4大大会優勝のチャンスを逃した。ケーシー・デラクア フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ウィンブルドン選手権ではシングルス本戦に主催者推薦で出場。1回戦で当時世界ランク3位、第4シードのエレナ・ヤンコビッチと対戦し、3-6,6-7(5)のストレートで敗退。またサリー・ピアーズと組んだダブルス、ジェイミー・マレーと組んだ混合ダブルスでもそれぞれ主催者推薦で本戦に出場したが、それぞれ1回戦敗退となった。続いて出場した2万5千ドルサーキットシングルスでは、第7シードで本戦に出場。準々決勝の戦まで進出した。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • ボヤナ・ヨバノフスキ

    ボヤナ・ヨバノフスキから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    ヨバノフスキはコーチである父の手ほどきで7歳でテニスを始め、2007年にプロに転向。4大大会では2010年ウィンブルドン選手権で初出場し1回戦でケーシー・デラクアを 6?1, 6?0 で破り初戦を突破した。2回戦で第14シードのビクトリア・アザレンカに 1?6, 4?6 で敗れた。9月の中国オープンでは2回戦で当時7位のエレナ・ヤンコビッチを 4-6, 6-2, 6-2 で破り初めてトップ10プレイヤーから勝利を挙げた。ボヤナ・ヨバノフスキ フレッシュアイペディアより)

  • 2月28日

    2月28日から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    1985年 - エレナ・ヤンコビッチ、プロテニスプレーヤー2月28日 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・デメンチェワ

    エレーナ・デメンチェワから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2006年2月5日、デメンチェワは日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」決勝戦で、当年度から現役復帰を果たした元世界ランキング1位のマルチナ・ヒンギスを 6-2, 6-0 で破って初優勝した。2002年10月にヒンギスはドイツ・フィルダーシュタットの「ポルシェ・テニス・グランプリ」2回戦敗退を最後にテニス界から退いたが、その時の対戦相手がこのデメンチェワであった。(当時のスコア:デメンチェワの 6-3, 6-1)この年の4大大会では、ウィンブルドンで初めてのベスト8進出があった。準々決勝ではウィンブルドンを得意とするマリア・シャラポワに 1-6, 4-6 で敗れた。8月第2週にアメリカ・ロサンゼルス大会で優勝し、年間2勝目を挙げる。決勝戦ではセルビアのエレナ・ヤンコビッチに 6-3, 4-6, 6-4 で競り勝った。エレーナ・デメンチェワ フレッシュアイペディアより)

  • セリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズから見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2008年ウィンブルドンにおいて、セリーナとビーナスは5年ぶりに「4大大会の姉妹対決決勝」を復活させた。セリーナはこの大会の第6シードとして、準々決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)、準決勝で鄭潔(中国)を破って勝ち進んだ。決勝戦では姉のビーナスに 5-7, 4-6 のストレートで敗れ、2007年全豪オープン以来の4大大会シングルス優勝を逃した。姉ビーナスの勝利は2001年全米オープン以来となる。北京五輪の女子シングルスでは、2人ともベスト8止まりに終わった。全米オープンでは準々決勝が姉妹対決になり、セリーナがビーナスに勝利を収める。6年ぶりの決勝戦で、セリーナはエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)を 6-4, 7-5 で破り、全米オープン女子シングルスで6年ぶり3度目の優勝を達成した。セリーナ・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見たエレナ・ヤンコビッチエレナ・ヤンコビッチ

    2月28日 - エレナ・ヤンコビッチ、テニス選手1985年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード