46件中 11 - 20件表示
  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たヨナス・ビョルクマン

    2007年のシーズンに入ると、ヤンコビッチは女子ツアーで年間4勝をマークし、世界ランキングでも大きく躍進した。同年の全仏オープンでも初の準決勝進出を決めたが、ここでもエナンに敗れた。この大会では、ライバルのアナ・イバノビッチが女子シングルス準優勝者になった。続くウィンブルドンで、ヤンコビッチはジェイミー・マレー(アンディ・マレーの兄)と混合ダブルスのペアを組み、決勝でヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)&アリシア・モリク(オーストラリア)組を 6-4, 3-6, 6-1 で破って初優勝した。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たアマンダ・クッツァー

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たジュスティーヌ・エナン

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たエレーナ・デメンチェワ

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たアリシア・モリク

    2007年のシーズンに入ると、ヤンコビッチは女子ツアーで年間4勝をマークし、世界ランキングでも大きく躍進した。同年の全仏オープンでも初の準決勝進出を決めたが、ここでもエナンに敗れた。この大会では、ライバルのアナ・イバノビッチが女子シングルス準優勝者になった。続くウィンブルドンで、ヤンコビッチはジェイミー・マレー(アンディ・マレーの兄)と混合ダブルスのペアを組み、決勝でヨナス・ビョルクマン(スウェーデン)&アリシア・モリク(オーストラリア)組を 6-4, 3-6, 6-1 で破って初優勝した。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たビーナス・ウィリアムズ

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たフェドカップ

    ヤンコビッチは兄の勧めにより、9歳半という比較的遅い年齢からテニスを始めた。2001年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのセルビア・モンテネグロ代表選手になる。故国が多難な歴史をたどる中、ヤンコビッチは2004年アテネ五輪のセルビア・モンテネグロ代表選手に選ばれたが、女子シングルス1回戦でコロンビア代表のファビオラ・ズルアガに敗れた。アテネ五輪の3ヶ月前、2004年5月にハンガリー・ブダペストの大会でツアー初優勝を果たす。2005年度は3つの大会で決勝に進出したが、いずれも準優勝で止まった。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見た全米オープン (テニス)

    エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Janković, , 1985年2月28日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の女子プロテニス選手。2008年の全米オープン女子シングルス準優勝者。2007年のウィンブルドン混合ダブルスで、ジェイミー・マレー(イギリス)とペアを組んだ優勝がある。これまでにWTAツアーでシングルス13勝、ダブルス1勝を挙げている。身長177cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たベオグラード

    エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Janković, , 1985年2月28日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の女子プロテニス選手。2008年の全米オープン女子シングルス準優勝者。2007年のウィンブルドン混合ダブルスで、ジェイミー・マレー(イギリス)とペアを組んだ優勝がある。これまでにWTAツアーでシングルス13勝、ダブルス1勝を挙げている。身長177cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たテニス

    エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Janković, , 1985年2月28日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の女子プロテニス選手。2008年の全米オープン女子シングルス準優勝者。2007年のウィンブルドン混合ダブルスで、ジェイミー・マレー(イギリス)とペアを組んだ優勝がある。これまでにWTAツアーでシングルス13勝、ダブルス1勝を挙げている。身長177cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「エレナ・ヤンコビッチ」のニューストピックワード