前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    女子5000mのヴィヴィアン・チェルイヨットは歴代3位となる14分20秒87を記録して優勝した。チェルイヨットは3000メートル通過時点で後続に40メートル差をつける独走、さらに差を広げて圧勝した。男子走幅跳のミッチェル・ワットは2回目に8m54を記録して優勝、オセアニア記録を更新した。男子やり投のアンドレアス・トルキルドセンは88m43を記録して優勝、ローザンヌ・バーミンガムにつぐ3勝目を挙げた。女子棒高跳のエレーナ・イシンバエワは4m76を記録して優勝した。男子400mのラショーン・メリットはドーピング違反による1年9ヶ月の出場禁止期間が明けた復帰戦に臨み、44秒74を記録して2位に入った。スウェーデンの英字ニュースサイトThe Localは2011年のDNガランについて、ストックホルムの大会主催者が男子200mのウサイン・ボルトに対して2,000,000クローナ(310,000USドル、約2500万円)の出場料を支払ったことを明らかにしたと報じている。ボルトは20秒03を記録して優勝した。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • イシンバエワ

    イシンバエワから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • ブランカ・ブラシッチ

    ブランカ・ブラシッチから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    ブランカ・ブラシッチ(、1983年11月8日 - )は、クロアチアの陸上競技選手である。身長193cmの長身選手で、女子走高跳で2m08cmのクロアチア記録保持者である。また、跳躍競技においてエレーナ・イシンバエワ(ロシア)と並ぶ美人陸上選手である。元十種競技選手の父親ヨシュコ・ブラシッチがコーチであり、彼は1983年に7659点の十種競技のクロアチア記録を樹立し、いまも国内記録のままである。母親のヴェネラ・ブラシッチもバスケットボールやクロスカントリースキー選手として活躍した。跳躍成功後、マットの上でダンスを踊り喜びを表すことでも知られている。ブランカ・ブラシッチ フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・ロゴフスカ

    アンナ・ロゴフスカから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2005年のヨーロッパ室内選手権では、ロシアのエレーナ・イシンバエワ、ピレクに次いで3位。同年の7月22日にロンドンで、イシンバエワが女子として初めて5mの大台を突破した大会で、ロゴフスカは4m80のポーランド新記録を樹立。翌月からヘルシンキで開催される世界選手権でもメダルを期待されたが、4m35と振るわず6位に終わる。一方で、イシンバエワは5m01の世界新、ピレクは銀メダルであった。アンナ・ロゴフスカ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ

    エレナから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワ - 陸上競技選手。エレナ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年IAAFダイヤモンドリーグ

    2010年IAAFダイヤモンドリーグから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    ダイヤモンドリーグは世界的な実力を持つ選手たちと契約を交わし、男女各7名合計14名からなるアンバサダーを任命した。アンバサダーは陸上競技の世界的な普及を目的として設置され、2010年度はウサイン・ボルト、エレーナ・イシンバエワら14人が務めている。このうち、ブランカ・ブラシッチは7戦全勝の成績を残してダイヤモンドトロフィーを獲得した。2009年のゴールデンリーグ男子5000mを全勝したケネニサ・ベケレは、ケガのため2010年のダイヤモンドリーグには出場しなかった。2010年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・サー

    ジェニファー・サーから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2007年5月には、ドラギラが持っていた米国記録を1cm更新する4m84を記録。6月には、ロシアのスベトラーナ・フェオファノワと並ぶ4m88の世界歴代2位タイ記録を樹立。この記録を成功させた後、バーをエレーナ・イシンバエワが持つ5m02の世界記録の高さまで上げたが惜しくもクリアすることはできなかった。ジェニファー・サー フレッシュアイペディアより)

  • アストゥリアス皇太子賞

    アストゥリアス皇太子賞から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2009 - エレーナ・イシンバエワ(ロシア)アストゥリアス皇太子賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    6月3日 - エレーナ・イシンバエワ(ロシア、陸上競技)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    今大会では、毎日発行されるデイリープログラムの表紙を飾った選手が次々とメダルを逃していったことから、「デイリープログラムの呪い」として話題になった。大会初日に男子棒高跳予選のスティーブン・フッカーが3回の試技全てを失敗し記録なしで敗退、2日目に男子100m決勝でウサイン・ボルトがフライングを犯して失格、3日目に男子110mハードル決勝で1着でゴールしたダイロン・ロブレスがレーン侵害によりレース後に失格、4日目に行なわれた女子棒高跳決勝のエレーナ・イシンバエワは6位に終わるなど、表紙を飾った世界記録保持者やオリンピック・世界選手権の金メダリストが敗れ去った。5日目に行なわれた唯一の種目女子20km競歩はこの日の表紙となったオルガ・カニスキナが優勝し、呪いは解かれたと言われた。しかし、6日目の表紙を飾った女子三段跳決勝のヤルヘリス・サビヌはハムストリングを傷めて4回目以降の試技を棄権して6位となり、7日目の女子200m決勝では表紙を2人で飾ったカーメリタ・ジーターとアリソン・フェリックスがベロニカ・キャンベル=ブラウンに敗れた。8日目の女子100mハードル決勝のサリー・ピアソンは自らが表紙を飾る事実と世間の注目を集めることに深刻なプレッシャーを感じていたが、大会記録と自らが持つオセアニア記録を更新しさらに2011年世界最高記録で世界歴代4位となる12秒28を記録して圧勝した。ピアソンはレース後にデイリープログラムを受け取って喜びと感情を爆発させた。最終9日目はこの大会の最終種目男子4×100mリレーに出場するウサイン・ボルトが表紙を飾ったが、彼がアンカーを務めるジャマイカは37秒04の世界新記録を樹立して優勝した。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「エレーナ・イシンバエワ」のニューストピックワード