前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 2013年世界陸上競技選手権大会

    2013年世界陸上競技選手権大会から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    開催国ロシアが金7・銀4・銅6のメダルを獲得した。女子20km競歩をエレーナ・ラシュマノワが制してロシアは同種目7大会連続優勝となった。男女20km競歩は3大会連続優勝、エレーナ・イシンバエワをはじめ跳躍種目で3枚の金メダルを獲得した。金6・銀14・銅5を獲得したアメリカが2位、メダル獲得枚数は参加国中最多の25枚だった。アメリカは男子400mが10回目、男子110mハードルと男子4×400mリレーが9回目の金メダル獲得、男子4×400mリレーはヘルシンキ大会から5連覇を達成した。3位にジャマイカが続き、金6・銀2・銅1を獲得した。ジャマイカは大会史上初めて男女100m・200m・4×100mリレーの金メダルを独占した。ウサイン・ボルトとシェリー=アン・フレーザー=プライスは共に100m・200m・4×100mリレーの短距離3冠を達成した。ボルトは世界選手権通算8枚目の金メダルを獲得し、カール・ルイス、マイケル・ジョンソン、アリソン・フェリックスの最多獲得記録に並んだ。フレーザー=プライスの女子100m・200m・4×100mリレーの短距離3冠は史上初の快挙であった。2013年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    女子5000mのヴィヴィアン・チェルイヨットは歴代3位となる14分20秒87を記録して優勝した。チェルイヨットは3000メートル通過時点で後続に40メートル差をつける独走、さらに差を広げて圧勝した。男子走幅跳のミッチェル・ワットは2回目に8m54を記録して優勝、オセアニア記録を更新した。男子やり投のアンドレアス・トルキルドセンは88m43を記録して優勝、ローザンヌ・バーミンガムにつぐ3勝目を挙げた。女子棒高跳のエレーナ・イシンバエワは4m76を記録して優勝した。男子400mのラショーン・メリットはドーピング違反による1年9ヶ月の出場禁止期間が明けた復帰戦に臨み、44秒74を記録して2位に入った。スウェーデンの英字ニュースサイトThe Localは2011年のDNガランについて、ストックホルムの大会主催者が男子200mのウサイン・ボルトに対して2,000,000クローナ(310,000USドル、約2500万円)の出場料を支払ったことを明らかにしたと報じている。ボルトは20秒03を記録して優勝した。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ミーティングアレヴァ

    ミーティングアレヴァから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2006年大会は4つの大会新記録が生まれた。アサファ・パウエルは初めでこの大会に出場し男子100mで9秒85をマークして優勝。男子400mではジェレミー・ウォリナーが43秒91、女子1500mのは3分55秒68、女子棒高跳のエレーナ・イシンバエワは4m76をマークしそれぞれ大会記録を更新した。男子5000mのケネニサ・ベケレはを破って2年連続優勝を飾った。ミーティングアレヴァ フレッシュアイペディアより)

  • イシンバエワ

    イシンバエワから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ

    エレナから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワ - 陸上競技選手。エレナ フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・ロゴフスカ

    アンナ・ロゴフスカから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2005年のヨーロッパ室内選手権では、ロシアのエレーナ・イシンバエワ、ピレクに次いで3位。同年の7月22日にロンドンで、イシンバエワが女子として初めて5mの大台を突破した大会で、ロゴフスカは4m80のポーランド新記録を樹立。翌月からヘルシンキで開催される世界選手権でもメダルを期待されたが、4m35と振るわず6位に終わる。一方で、イシンバエワは5m01の世界新、ピレクは銀メダルであった。アンナ・ロゴフスカ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年IAAFダイヤモンドリーグ

    2010年IAAFダイヤモンドリーグから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    ダイヤモンドリーグは世界的な実力を持つ選手たちと契約を交わし、男女各7名合計14名からなるアンバサダーを任命した。アンバサダーは陸上競技の世界的な普及を目的として設置され、2010年度はウサイン・ボルト、エレーナ・イシンバエワら14人が務めている。このうち、ブランカ・ブラシッチは7戦全勝の成績を残してダイヤモンドトロフィーを獲得した。2009年のゴールデンリーグ男子5000mを全勝したケネニサ・ベケレは、ケガのため2010年のダイヤモンドリーグには出場しなかった。2010年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • IAAF世界最優秀選手賞

    IAAF世界最優秀選手賞から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワ(2004年、2005年、2008年)IAAF世界最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • アントニーナ・クリヴォシャプカ

    アントニーナ・クリヴォシャプカから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    ロストフ・ナ・ドヌ出身。2003年の世界ユース選手権400mは53秒54の記録で2位に入り銀メダルを獲得、メドレーリレーは銅メダルを獲得した。しかし、翌2004年の世界ジュニア選手権は予選組5着に入るのがやっとだった。2005年、2006年は自己ベストを伸ばすこともなく、国内レベルの成績に留まった。クリヴォシャプカは2006年にヴォルゴグラードにある陸上競技の学校に入り、Vladimir Tipayevの指導を受けるようになった。タチアナ・レベデワやエレーナ・イシンバエワを出した名門校で親元を離れた寮生活を開始した。クリヴォシャプカは2007年は52秒32、2008年は51秒24と記録を伸ばし始めた。アントニーナ・クリヴォシャプカ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンガラ

    ゴールデンガラから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2009年大会では、ケネニサ・ベケレ、ケロン・スチュワート、サーニャ・リチャーズ=ロス、エレーナ・イシンバエワが2009年のゴールデンリーグのジャックポット対象者として残っていた。男子100mではタイソン・ゲイが自身の持つアメリカ記録に並ぶ記録を打ち立て、ダニエル・ベイリーはアンティグア・バーブーダ新記録を叩き出した。アントニエッタ・ディマルティーノは走高跳で好調なブランカ・ブラシッチを破り、地元イタリアに勝利をもたらした。ゴールデンガラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「エレーナ・イシンバエワ」のニューストピックワード