24件中 11 - 20件表示
  • ジェニファー・サー

    ジェニファー・サーから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    2007年5月には、ドラギラが持っていたアメリカ記録を1cm更新する4m84を記録した。6月には、ロシアのスベトラーナ・フェオファノワと並ぶ4m88の世界歴代2位タイ記録を樹立した。サーはこの記録を成功させた後、バーをエレーナ・イシンバエワが持つ5m02の世界記録の高さまで上げたが、惜しくもクリアすることは出来なかった。ジェニファー・サー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会・女子棒高跳

    2013年世界陸上競技選手権大会・女子棒高跳から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    13日、決勝は、競技が進んで4m75に7人が挑んだがファビアナ・ムレルら3人がこの高さをクリアできず、勝負の行方はロンドンオリンピック金メダリストのジェニファー・サー、エレーナ・イシンバエワ、ヤリスレイ・シルバ、ジルケ・シュピーゲルブルクの4人に絞られた。4m75終了時点で、サーとシュピーゲルブルクが失敗なしで首位、イシンバエワとシルバが追っていた。4m82の1回目は4人全員が失敗。2回目にイシンバエワとサー、3回目にシルバが成功した。シュピーゲルブルクは4m75までいずれも1回でクリアしていたが、自己記録タイの4m82は跳べず4位が確定した。2013年世界陸上競技選手権大会・女子棒高跳 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年世界陸上競技選手権大会

    2005年世界陸上競技選手権大会から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    女子棒高跳 エレーナ・イシンバエワ(ロシア) 5m012005年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    今大会では、毎日発行されるデイリープログラムの表紙を飾った選手が次々とメダルを逃していったことから、「デイリープログラムの呪い」として話題になった。大会初日に男子棒高跳予選のスティーブン・フッカーが3回の試技全てを失敗し記録なしで敗退、2日目に男子100m決勝でウサイン・ボルトがフライングを犯して失格、3日目に男子110mハードル決勝で1着でゴールしたダイロン・ロブレスがレーン侵害によりレース後に失格、4日目に行なわれた女子棒高跳決勝のエレーナ・イシンバエワは6位に終わるなど、表紙を飾った世界記録保持者やオリンピック・世界選手権の金メダリストが敗れ去った。5日目に行なわれた唯一の種目女子20km競歩はこの日の表紙となったオルガ・カニスキナが優勝し、呪いは解かれたと言われた。しかし、6日目の表紙を飾った女子三段跳決勝のヤルヘリス・サビヌはハムストリングを傷めて4回目以降の試技を棄権して6位となり、7日目の女子200m決勝では表紙を2人で飾ったカーメリタ・ジーターとアリソン・フェリックスがベロニカ・キャンベル=ブラウンに敗れた。8日目の女子100mハードル決勝のサリー・ピアソンは自らが表紙を飾る事実と世間の注目を集めることに深刻なプレッシャーを感じていたが、大会記録と自らが持つオセアニア記録を更新しさらに2011年世界最高記録で世界歴代4位となる12秒28を記録して圧勝した。ピアソンはレース後にデイリープログラムを受け取って喜びと感情を爆発させた。最終9日目はこの大会の最終種目男子4×100mリレーに出場するウサイン・ボルトが表紙を飾ったが、ボルトがアンカーを務めるジャマイカは37秒04の世界新記録を樹立して優勝した。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    最優秀女子選手 : エレーナ・イシンバエワ(ロシア、陸上競技)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    6月3日 - エレーナ・イシンバエワ(ロシア、陸上競技)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドングランプリ

    ロンドングランプリから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    過去の大会で男子棒高跳のセルゲイ・ブブカらが世界新記録を樹立した。女子棒高跳のエレーナ・イシンバエワは2004年大会と2005年大会で世界記録を更新、2005年7月22日に女性で史上初めて5m00を成功した。また1986年大会男子5000mで瀬古利彦が13分24秒29、1988年大会では米重修一が13分22秒97の日本新記録を樹立した。ロンドングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ソチオリンピックの開会式

    2014年ソチオリンピックの開会式から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    テニスのマリア・シャラポワが聖火をスタジアムに運び、シャラポワは陸上・棒高跳びのエレーナ・イシンバエワに聖火を渡し、さらに聖火はイシンバエワから元レスリングのアレクサンドル・カレリンが受け取った。カレリンは元新体操のアリーナ・カバエワに聖火を渡し、元フィギュアスケートのイリーナ・ロドニナがカバエワから聖火を受け取るとすぐ隣にいる元フィギュアスケートのウラディスラフ・トレティアクから聖火を渡すと、聖火トーチを持って二人は一緒に聖火をスタジアムの外へと運び、イーゴリ・ストラヴィンスキーの『火の鳥』の「フィナーレ」が演奏されるなかソチオリンピックパークのソチメダルプラザに設置してある聖火台に点火した。聖火の点灯はスタジアムとほかの競技会場には華やかな花火の打ち上げによって知らされた。2014年ソチオリンピックの開会式 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年リオデジャネイロオリンピックの閉会式

    2016年リオデジャネイロオリンピックの閉会式から見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    IOCの新しい選手委員に任命された選手たち(ドイツのブリッタ・ハイデマン、ロシアのエレーナ・イシンバエワ、韓国の柳承敏、ハンガリーのジュルタ・ダニエル)が紹介され、大会を支えたボランティアに花束が贈呈された後、シンガーソングライターのがボランティアへの感謝の替え歌をハンド形着ぐるみのボランティアに取り囲まれながら歌唱後、オリンピック憲章に従いギリシャ国旗掲揚とギリシャ国歌吹奏、そしてオリンピック旗降納と退場に合わせ、ブラジルの子供たちによるオリンピック賛歌が奉唱された。2016年リオデジャネイロオリンピックの閉会式 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見たエレーナ・イシンバエワエレーナ・イシンバエワ

    【陸上競技】 国際陸上競技連盟(IAAF)は、オーストリア・ウィーンで開催された理事会において、2015年11月に組織的ドーピング問題で活動資格停止処分を科したについて、『反ドーピング態勢の改善が不十分である』として処分を解除しないことを決定。これによりロシア陸上競技選手団はリオデジャネイロオリンピック陸上競技の全種目に出場出来ないことが確定した。一方IAAFの決定に対して、ロシア女子棒高跳の第一人者であるエレーナ・イシンバエワは『(IAAFの決定は)人権侵害である』として提訴する意思を表明している。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「エレーナ・イシンバエワ」のニューストピックワード