前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見た明石家さんま

    大会では他の選手が跳んでいる間に自分で用意したマットの上に寝そべってタオルを顔にかけている姿がよく見られる。「北京オリンピックTODAY」(日本テレビ)で明石家さんまから「あのタオルの中では何をしているのか」と質問された際は「エネルギーを溜めている」と答えていた。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見た器械体操

    3歳から15歳までの12年間、器械体操を習っていた。しかし身長が伸びすぎてしまい、15歳の時、コーチの勧めに従って棒高跳に転向する。初めは転向を快く思っていなかった。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たジェニファー・サー

    2012年2月ストックホルムの室内競技会において自身の持っていた世界室内記録を1cm上回る5m01をクリアさせた。この記録は2013年3月にジェニファー・サーが5m02を跳ぶまで室内の世界記録であった。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たトーマス・バッハ

    出産後のブランクが心配されたが、6月20日にロシア選考会で4m50cmをクリアして基準は満たした。笑顔で取材に応じたものの、「五輪旗では参加しない」と改めてロシア国籍で出場することを強調。これを受けIOCトーマス・バッハ会長は、「ドーピングチェックで陰性のロシア選手はロシア旗で良い」とコメントしており、イシンバエワが五輪に参加する可能性が出てきた。しかし、原則としてはロシア陸上選手団が出場が認められなくなった裁定を受けて、「偽の金メダルでも取ればよい」とインスタグラムに投稿した。その後、正式にリオ五輪出場を断念した。引退後はIOCの選手委員として任命されている。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たセルゲイ・ブブカ

    2005年に棒高跳で女性では不可能と言われていた5mの壁を初めて突破した選手である。世界記録保持者の“鳥人”セルゲイ・ブブカに倣い、世界記録を1cmずつ更新することで多数の世界新記録を樹立してきたことから、2005年世界選手権ではTBSによりワールドレコードアーティストというキャッチフレーズを付けられた。2013年8月現在、世界記録を28回(屋外15回、室内13回)更新している。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たスベトラーナ・フェオファノワ

    2003年、イギリスで4.82mの世界新記録をマークしたイシンバエワは、世界記録保持者としてフランス・パリで開催された世界選手権に臨んだが、同じロシア出身のスベトラーナ・フェオファノワらに敗れ、3位に終わった。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たタオル

    大会では他の選手が跳んでいる間に自分で用意したマットの上に寝そべってタオルを顔にかけている姿がよく見られる。「北京オリンピックTODAY」(日本テレビ)で明石家さんまから「あのタオルの中では何をしているのか」と質問された際は「エネルギーを溜めている」と答えていた。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たIOC

    出産後のブランクが心配されたが、6月20日にロシア選考会で4m50cmをクリアして基準は満たした。笑顔で取材に応じたものの、「五輪旗では参加しない」と改めてロシア国籍で出場することを強調。これを受けIOCトーマス・バッハ会長は、「ドーピングチェックで陰性のロシア選手はロシア旗で良い」とコメントしており、イシンバエワが五輪に参加する可能性が出てきた。しかし、原則としてはロシア陸上選手団が出場が認められなくなった裁定を受けて、「偽の金メダルでも取ればよい」とインスタグラムに投稿した。その後、正式にリオ五輪出場を断念した。引退後はIOCの選手委員として任命されている。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たヘルシンキ

    フィンランド・ヘルシンキで開催された世界選手権で5.01mの跳躍に成功し、世界陸上で初の金メダルを獲得。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イシンバエワ

    エレーナ・イシンバエワから見たモスクワ

    2013年8月13日 - 世界陸上モスクワ大会の棒高跳決勝で4m89を跳び、金メダルを獲得した。世界陸上で獲得した金メダルは通算3個目。2009年のベルリン、2011年の大邱と2大会連続でメダルを逃しているので世界陸上でのメダル獲得は2007年の大阪以来3大会ぶり、世界王者は2008年の北京オリンピック以来となり、母国ロシアのモスクワで開催された大会で復活を遂げた。決勝では自身の持つ世界記録5m06の更新と29度目の世界記録更新を目指し5m07に挑戦したが記録更新はならなかった。今大会終了後に子づくりのために18か月の休養に入り、2016年リオデジャネイロオリンピックでの復帰を目指すことを明らかにした。エレーナ・イシンバエワ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「エレーナ・イシンバエワ」のニューストピックワード