エレーナ・デメンティエワ ニュース&Wiki etc.

エレーナ・デメンチェワ(Elena Dementieva, , 1981年10月15日 - )は、ロシア・モスクワ市出身の女子プロテニス選手。2008年の北京五輪で女子シングルスの金メダルを獲得した選手である。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス5位。WTAツアーでシングルス16勝、ダブルス6勝を挙げた。デメンテ… (出典:Wikipedia)

「エレーナ・デメンティエワ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「エレナ・デメンティエワ」のつながり調べ

  • アラバン・レゼー

    アラバン・レゼーから見たエレーナ・デメンチェワ

    レゼーは父親が自動車整備士、母親は理学療法士というイラン系の家庭に生まれ、8歳からテニスを始めた。Aravaneという名は、『スミレの花』を意味するペルシャ語である。彼女は宇宙物理学にも深い関心を持ち、「テニス選手にならなかったら、宇宙物理学者になりたかった。選手引退後はこの道を進みたい」と話しているという。2003年から女子ツアー下部大会を回り始め、2005年にプロ入り。同年の全仏オープンにて、地元フランスからの主催者推薦(ワイルドカード)を得て本戦にデビューし、マリア・シャラポワとの2回戦に進出した。2006年の全仏オープンでは予選3試合を勝ち抜き、本戦3回戦でニコル・バイディソワ(チェコ)に 1-6, 7-6, 0-6 で敗退する。全米オープンでは本戦直接出場選手として、エレーナ・デメンチェワ(ロシア)との4回戦まで勝ち進んだ。(アラバン・レゼー フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・ミスキナ

    アナスタシア・ミスキナから見たエレーナ・デメンチェワ

    ミスキナはモスクワ市の名門クラブ「スパルタクラブ」で、アンナ・クルニコワやエレーナ・デメンチェワと幼なじみだった(3人とも同じ年である)。このクラブは、旧ソビエト連邦時代の名選手オルガ・モロゾワがテニスコーチの夫とともに設立したものである。(アナスタシア・ミスキナ フレッシュアイペディアより)

「エレーナ・デメンティエワ」のニューストピックワード