前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    女子シングルスのシード勢では、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ、キャロライン・ウォズニアッキ、エレナ・ヤンコビッチ、エレーナ・デメンチェワ、サマンサ・ストーサー、アグニエシュカ・ラドワンスカら、トップ8シードの内この日試合が行われた6名全員が順当に初戦を突破した他、李娜、カテリナ・ボンダレンコ、アリサ・クレイバノワ、ルーシー・サファロバ、フランチェスカ・スキアボーネ、アリョーナ・ボンダレンコらその他のシード勢全員も初戦を突破した。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • メラニー・ウダン

    メラニー・ウダンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    メラニー・ウダン(Melanie Oudin, 1991年9月23日 - )は、アメリカ・ジョージア州マリエッタ出身の女子プロテニス選手。2011年全米オープン混合ダブルスの優勝者。シングルスでも2009年全米オープンで第4シードのエレーナ・デメンチェワ、第29シードのマリア・シャラポワ、第13シードのナディア・ペトロワを倒しベスト8に進出した。これまでにWTAツアーでシングルス1勝を挙げている(ダブルス優勝はない)。自己最高ランキングはシングルス31位、ダブルス125位。身長168cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。メラニー・ウダン フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるテニス競技

    北京オリンピックにおけるテニス競技から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

     エレーナ・デメンチェワ (金メダル)北京オリンピックにおけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)

  • リナ・クラスノルツカヤ

    リナ・クラスノルツカヤから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    リナ・クラスノルツカヤは2003年にダブルスで活躍し、6月第3週のオランダ・スヘルトーヘンボス大会(ウィンブルドン前哨戦の1つ)でエレーナ・デメンチェワとペアを組み、ナディア・ペトロワ&マリー・ピエルス組を 2-6, 6-3, 6-4 で破ってツアーのダブルス初優勝を挙げた。ウィンブルドンでもクラスノルツカヤとデメンチェワのペアは、3回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝ち、第1シードのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組との準決勝まで進出した。同年の全米オープン混合ダブルス部門で、クラスノルツカヤはカナダのダニエル・ネスターとペアを組んで決勝に進んだが、ボブ・ブライアン(アメリカ)&カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組と第3セットのタイブレークまで戦い、最終スコア 7-5, 5-7, 6-7 で敗れて優勝を逃した。リナ・クラスノルツカヤ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2006年の全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルのアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリス・バーミンガム大会と7月第3週のアメリカ・シンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスのナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・ベスニナ

    エレーナ・ベスニナから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2009年1月のニュージーランド・オークランド大会で、エレーナ・ベスニナは初めてシングルスの決勝戦に進んだが、同じロシアのエレーナ・デメンチェワに 4-6, 1-6 で敗れて初優勝を逃した。5月のローマ・マスターズで初めてビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)とペアを組んだベスニナは、このコンビで全仏オープンに出場し、第12シードから決勝戦に進出した。全仏女子ダブルス2連覇を目指したビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 1-6, 1-6 のストレートで完敗し、ベスニナは全仏女子ダブルス準優勝者になった。この後ウィンブルドンで初の4回戦進出があり、同じロシアのエレーナ・デメンチェワに 1-6, 3-6 で敗退した。エレーナ・ベスニナ フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・ストーサー

    サマンサ・ストーサーから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ストーサーは友達の勧めがきっかけで8歳からテニスを始めた。2003年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのオーストラリア代表選手になる。2004年のアテネ五輪では、シングルス・ダブルスとも1回戦で敗退した。2005年からストーサーのテニス経歴は開花を始め、ダブルスで年間7勝を挙げた。最初の2勝は同じオーストラリアのブリーアン・スチュワートとペアを組み、同年のウィンブルドン女子ダブルス準決勝進出まではスチュアートがパートナーであったが、ウィンブルドン終了後のアメリカ・カリフォルニア州スタンフォード大会からリサ・レイモンドと組むようになる。このペアは同年の全米オープン女子ダブルスで4大大会初優勝を飾り、決勝でエレーナ・デメンチェワとフラビア・ペンネッタ(イタリア)の組を 6-2, 5-7, 6-3 で破った。その後、2人は女子テニス年間最終戦・WTAツアー選手権の女子ダブルスでも優勝した。シングルスでのストーサーは2005年の1月に2週連続準優勝があり、2006年5月第2週にはチェコ・プラハ大会の決勝でイスラエルのシャハー・ピアーに 6-4, 2-6, 1-6 で敗れている。サマンサ・ストーサー フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・ミスキナ

    アナスタシア・ミスキナから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ミスキナはモスクワ市の名門クラブ「スパルタクラブ」で、アンナ・クルニコワやエレーナ・デメンチェワと幼なじみだった(3人とも同じ年である)。このクラブは、旧ソビエト連邦時代の名選手オルガ・モロゾワがテニスコーチの夫とともに設立したものである。アナスタシア・ミスキナ フレッシュアイペディアより)

  • スベトラーナ・クズネツォワ

    スベトラーナ・クズネツォワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2004年の全米オープン決勝は、クズネツォワとエレーナ・デメンチェワによるロシア勢同士の対決となった。クズネツォワはデメンチェワを 6-3, 7-5 で破り、4大大会初優勝を達成した。2004年度の4大大会は、女子シングルスでロシア勢が世界を席巻した。全仏オープンでアナスタシア・ミスキナがロシアの女子テニス選手として最初の4大大会優勝者になった後、ウィンブルドンではマリア・シャラポワが17歳で初優勝を飾り、そして全米オープンではクズネツォワが優勝して、「3大会連続」でロシア人の女子チャンピオンが誕生した。エレーナ・デメンチェワは全仏オープン決勝でもミスキナに敗れているため、2度の準優勝に甘んじた。スベトラーナ・クズネツォワ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・デメンチェワ

    エレナ・デメンチェワから見たエレナ・デメンティエワエレーナ・デメンチェワ

    エレナ・デメンチェワ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「エレーナ・デメンティエワ」のニューストピックワード