62件中 21 - 30件表示
  • 2010年東レ パン・パシフィック・オープンシングルス

    2010年東レ パン・パシフィック・オープンシングルスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    前年度優勝者のマリア・シャラポワは1回戦で クルム伊達公子に敗退。決勝戦では、第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ と、第7シードの エレーナ・デメンチェワ の対戦となり、ウォズニアッキが1?6, 6?2, 6?3のフルセットで デメンチェワを下し優勝した。2010年東レ パン・パシフィック・オープンシングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2004年全仏オープン

    2004年全仏オープンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    アナスタシア・ミスキナ def. エレーナ・デメンチェワ, 6?1, 6?22004年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年北京五輪金メダリストのエレーナ・デメンチェワは2010年に現役を引退した。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年東レ パン・パシフィック・オープン

    2010年東レ パン・パシフィック・オープンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    キャロライン・ウォズニアッキ def. エレーナ・デメンチェワ, 1?6, 6?2, 6?32010年東レ パン・パシフィック・オープン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年全仏オープン

    1998年全仏オープンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    キム・クライシュテルス / エレナ・ドキッチ def. エレーナ・デメンチェワ / ナディア・ペトロワ, 6?4, 7?61998年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • アニコ・カプロス

    アニコ・カプロスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    アニコ・カプロスの母親は、1972年のミュンヘン五輪で体操の団体銅メダルを獲得した名選手だった。一家はバハマに住んだことがあり、カプロスはそこでテニスを始めた。2000年の全豪オープン女子ジュニア部門でシングルス・ダブルスの単複2冠獲得を果たし、直後の2月末にプロ転向。2002年の全仏オープンで、当時18歳のカプロスは予選3試合を勝ち上がった後、本戦1回戦で第5シードのジュスティーヌ・エナンを 4-6, 6-1, 6-0 で破る金星を挙げ、マリー・ピエルスとの3回戦まで勝ち進んだ。同年のウィンブルドンでは、予選1回戦で日本の森上亜希子に敗れたことがある。ウィンブルドンでは2003年に3回戦進出があり、この時も予選3試合を勝ち上がった後、1回戦で第19シードのメガン・ショーネシー(アメリカ)を 6-3, 6-2 で破ったが、3回戦でエレーナ・デメンチェワに 3-6, 1-6 で敗れている。この年、カプロスは日本の「ジャパン・オープン」に出場し、シングルス準々決勝で第1シードの杉山愛を破り(杉山が第2セットの途中で棄権)、初めて女子ツアー大会の決勝戦に進出したが、第5シードのマリア・シャラポワに 6-2, 2-6, 6-7 の逆転で敗れて初優勝を逃した。これがシャラポワの女子ツアー大会での初優勝であった。アニコ・カプロス フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ドキッチ

    エレナ・ドキッチから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ところが、翌2000年の全豪オープン1回戦でリタ・クチ=キス(ハンガリー)に敗れた後、クチキスに対する暴言が発端となって一連の“舌禍事件”を起こす。この後ウィンブルドンでベスト4に進出したが、これがドキッチの4大大会シングルス自己最高成績である。オリンピック大使を務めたシドニー五輪では女子シングルス準決勝まで進出したが、ロシア代表のエレーナ・デメンチェワに 6-2, 4-6, 4-6 の逆転で敗れ、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもモニカ・セレシュに 1-6, 4-6 で敗れたため、銅メダルを逃した。同年末に国籍を故国ユーゴスラビア(セルビア・モンテネグロ)に戻し、7年間住んだオーストラリアを離れた。2001年全豪オープンの1回戦で第2シードのリンゼイ・ダベンポートに敗れた後、ドキッチは長い間全豪オープンから遠ざかることになる。エレナ・ドキッチ フレッシュアイペディアより)

  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本の杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

    ミロスラヴァ・ヴァヴリネックから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2000年はヴァヴリネックにとってキャリア最高のシーズンとなり、年初のASBクラシックシングルス1回戦で第3シードのを7-6(5),6-4のストレートで破ると、との準々決勝まで進出。ここではホップマンスに6-7(6),2-6のストレートで敗れたが、初のツアーベスト8進出を果たす。全豪オープンシングルスでは、1回戦で主催者推薦のを6-1,6-4のストレートで下しグランドスラム本戦初勝利を挙げる。2回戦では当時世界ランク9位の第9シードバルバラ・シェットに挑戦したが、4-6,4-6のストレートで敗れた。更に4月のエストリル・オープンとGDFスエズ・グランプリでは2週連続でシングルスベスト8に進出。予選から出場した9月のトヨタ・プリンセス・カップシングルスでは本戦に勝ち上がると、1回戦でを6-4,6-2のストレートで破り2回戦に進出。2回戦では当時世界ランク5位の第1シードモニカ・セレシュに挑戦したが4-6,4-6のストレートで敗退する。続いて予選から出場したジャパン・オープン・テニス選手権でも本戦に勝ち上がると、1回戦でアンナ・スマシュノワを6-1,7-6(4)のストレートで破り、ジュリー・アラール=デキュジスとの準々決勝まで進出した。こららの活躍により年間ランクもマルチナ・ヒンギス、パティ・シュナイダーに次ぐ国内3番手となる88位で終了し、自身初のトップ100フィニッシュを果たした。この年は8月のシドニーオリンピックにもスイス代表として単複両部門に出場したが、シングルスでは1回戦でロシア代表のエレーナ・デメンチェワに1-6,1-6のストレートで、と組んだダブルスでも、1回戦でベネズエラ代表のミラグロス・セケラ&マリア・ベント=カブチ組に2-6,5-7のストレートでそれぞれ敗れている。ミロスラヴァ・ヴァヴリネック フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年5月の「カタール・テレコム・ドイツ・オープン」で、サフィナは3回戦でジュスティーヌ・エナンを 5-7, 6-3, 6-1 で破って勝ち進み、決勝で同じロシアのエレーナ・デメンチェワを破って優勝した。全仏オープン4回戦で、サフィナは第1シードのマリア・シャラポワを 6-7, 7-6, 6-2 で破ると、準々決勝でデメンチェワ、準決勝でクズネツォワに勝ち、初めての4大大会シングルス決勝進出を決めた。決勝戦では第2シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に 4-6, 3-6 で敗れた。8月の北京五輪では第6シードから決勝に進み、デメンチェワに 6-3, 5-7, 3-6 の逆転で敗れて銀メダリストになった。このオリンピック女子シングルスでは、デメンチェワが金メダル、サフィナが銀メダル、ベラ・ズボナレワが銅メダルを獲得したため、3つのメダルをすべてロシア勢が独占した。全米オープンでは、初進出の準決勝でセリーナ・ウィリアムズに敗れた。全米オープン終了後、日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントで初優勝を挙げた。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示