61件中 21 - 30件表示
  • 森上亜希子

    森上亜希子から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2005年度の4大大会では全仏オープンでエレーナ・デメンチェワとの3回戦に進出したが、全米オープンの1回戦で途中棄権のアクシデントに見舞われた。しかし、2006年の全仏オープン1回戦で大会第3シードのナディア・ペトロワを 6-2, 6-2 のストレートで破る金星を挙げた。森上亜希子 フレッシュアイペディアより)

  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本の杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年東レ パン・パシフィック・オープン

    2010年東レ パン・パシフィック・オープンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    キャロライン・ウォズニアッキ def. エレーナ・デメンチェワ, 1?6, 6?2, 6?32010年東レ パン・パシフィック・オープン フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリエッタ・ナギョワ

    ヘンリエッタ・ナギョワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2000年は女子ツアーで年間3勝を挙げ、シドニー五輪にもスロバキア代表選手として出場したが、シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズと当たってしまい、当時絶好調だったウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。2001年、ナギョワは全仏オープンで3年ぶり2度目の4回戦進出を果たす。この大会では、前年のシドニー五輪で女子シングルス銀メダルを獲得したエレーナ・デメンチェワを2回戦で破ったが、4回戦でベルギーの新鋭キム・クライシュテルスに 4-6, 6-4, 3-6 のフルセットで敗れた。結局、ナギョワは4大大会シングルスでベスト8に勝ち残ることができなかった。ヘンリエッタ・ナギョワ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2009年のウィンブルドンで、スキアボーネはノーシードから勝ち上がり、初めてのベスト8に進出した。イタリア人女子選手のウィンブルドン8強入りは、2003年のシルビア・ファリナ・エリア以来6年ぶりの出来事であった。この準々決勝では、第4シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 2-6, 2-6 のストレートで敗れた。この年、イタリアはフェドカップで3年ぶり2度目の優勝を決め、スキアボーネも決勝の対アメリカ戦のシングルス第2試合でメラニー・ウダンに勝った。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • アラバン・レザイ

    アラバン・レザイから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    レザイは父親が自動車整備士、母親は理学療法士というイラン系の家庭に生まれ、8歳からテニスを始めた。Aravaneという名は、『スミレの花』を意味するペルシャ語である。彼女は宇宙物理学にも深い関心を持ち、「テニス選手にならなかったら、宇宙物理学者になりたかった。選手引退後はこの道を進みたい」と話しているという。2003年から女子ツアー下部大会を回り始め、2005年にプロ入り。同年の全仏オープンにて、地元フランスからの主催者推薦(ワイルドカード)を得て本戦にデビューし、マリア・シャラポワとの2回戦に進出した。2006年の全仏オープンでは予選3試合を勝ち抜き、本戦3回戦でニコル・バイディソバ(チェコ)に 1-6, 7-6, 0-6 で敗退する。全米オープンでは本戦直接出場選手として、エレーナ・デメンチェワ(ロシア)との4回戦まで勝ち進んだ。アラバン・レザイ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ

    エレナから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    エレーナ・デメンチェワ - テニス選手。エレナ フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    そして、2004年全仏オープンの女子シングルスで、スアレスはついに自己最高の準決勝進出を決めた。そこではロシアのエレーナ・デメンチェワに 0-6, 5-7 で敗れている。続くウィンブルドンでも前年の1ラウンド上に勝ち上がり、アメリ・モレスモとの準々決勝に進出した。2004年アテネ五輪にもアルゼンチン代表選手として出場し、シングルスでは2回戦でコロンビアのファビオラ・ズルアガに敗退したが、パトリシア・タラビーニと組んだ女子ダブルスで銅メダルを獲得している。この後、全米オープンでは3回戦で日本の浅越しのぶに 4-6, 4-6 で敗れた。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年北京五輪金メダリストのエレーナ・デメンチェワは2010年に現役を引退した。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 藤原里華

    藤原里華から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2002年の全豪オープン女子ダブルスで、藤原は浅越しのぶとペアを組んで活躍し、マルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組との準々決勝に進出した。同年の全仏オープンでは杉山愛とペアを組み、第1シードのリサ・レイモンド&レネ・スタブス組との準決勝まで勝ち進んだが、1-6, 7-6, 2-6 で敗退した。この年は女子テニスツアーの年間最終戦、WTAツアー選手権のダブルス部門にも杉山とのペアで出場し、1回戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組を 6-4, 6-3 で破ったが、続く準決勝でエレーナ・デメンチェワ&ヤネッテ・フサロバ(スロバキア)組に 6-4, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、決勝進出を逃している。2002年度はWTAツアーの女子ダブルスで「30勝12敗」の好成績をマークし、ダブルスの世界ランキング13位まで躍進した。藤原里華 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「エレーナ・デメンティエワ」のニューストピックワード