62件中 31 - 40件表示
  • シャハー・ピアー

    シャハー・ピアーから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2006年のシーズンに急成長を始める。1月の全豪オープンでは1回戦で日本の浅越しのぶに敗れたが、2月第2週のタイ・パタヤの大会でツアー初優勝を達成。その後、5月にチェコ・プラハの大会とトルコ・イスタンブール・カップで優勝し、2度目の全仏オープン本戦で第31シードを得た。ピアーは全仏オープンでも好調さを維持し、3回戦では2004年の準優勝者エレーナ・デメンチェワを 6-4, 7-5 で破り、初めての4回戦に進出する。4回戦の相手は、2006年度からの現役復帰で第12シードに戻ってきたマルチナ・ヒンギスだった。2人が1セット・オールとなったところで試合は日没順延となり、翌日に持ち越された第3セットはヒンギスが取った。結局ピアーはヒンギスに 3-6, 6-2, 3-6 で敗れ、全仏では4回戦で止まった。続くウィンブルドンは2回戦で敗退したが、全米オープンで自身2度目の4回戦に進出する。全米の4回戦では第2シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンから1ゲームしか奪えず、1-6, 0-6 で完敗した。シャハー・ピアー フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2009年のウィンブルドンで、スキアボーネはノーシードから勝ち上がり、初めてのベスト8に進出した。イタリア人女子選手のウィンブルドン8強入りは、2003年のシルビア・ファリナ・エリア以来6年ぶりの出来事であった。この準々決勝では、第4シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 2-6, 2-6 のストレートで敗れた。この年、イタリアはフェドカップで3年ぶり2度目の優勝を決め、スキアボーネも決勝の対アメリカ戦のシングルス第2試合でメラニー・ウダンに勝った。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原里華

    藤原里華から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2002年の全豪オープン女子ダブルスで、藤原は浅越しのぶとペアを組んで活躍し、マルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組との準々決勝に進出した。同年の全仏オープンでは杉山愛とペアを組み、第1シードのリサ・レイモンド&レネ・スタブス組との準決勝まで勝ち進んだが、1-6, 7-6, 2-6 で敗退した。この年は女子テニスツアーの年間最終戦、WTAツアー選手権のダブルス部門にも杉山とのペアで出場し、1回戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組を 6-4, 6-3 で破ったが、続く準決勝でエレーナ・デメンチェワ&ヤネッテ・フサロバ(スロバキア)組に 6-4, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、決勝進出を逃している。2002年度はWTAツアーの女子ダブルスで「30勝12敗」の好成績をマークし、ダブルスの世界ランキング13位まで躍進した。藤原里華 フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・クルニコワ

    アンナ・クルニコワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    5歳からテニスを始め、モスクワ市内にある名門「スパルタクラブ」でテニスを学ぶ。(同じ年の幼なじみとしてアナスタシア・ミスキナやエレーナ・デメンチェワがいた。)早熟な才能はたちまち評判になり、1992年2月からアメリカ・フロリダ州の「ニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に留学した。ジュニア時代には1995年の「オレンジボウル選手権」の優勝などがある。同年に14歳でプロ転向。アンナ・クルニコワ フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    そして、2004年全仏オープンの女子シングルスで、スアレスはついに自己最高の準決勝進出を決めた。そこではロシアのエレーナ・デメンチェワに 0-6, 5-7 で敗れている。続くウィンブルドンでも前年の1ラウンド上に勝ち上がり、アメリ・モレスモとの準々決勝に進出した。2004年アテネ五輪にもアルゼンチン代表選手として出場し、シングルスでは2回戦でコロンビアのファビオラ・ズルアガに敗退したが、パトリシア・タラビーニと組んだ女子ダブルスで銅メダルを獲得している。この後、全米オープンでは3回戦で日本の浅越しのぶに 4-6, 4-6 で敗れた。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • アラバン・レザイ

    アラバン・レザイから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    レザイは父親が自動車整備士、母親は理学療法士というイラン系の家庭に生まれ、8歳からテニスを始めた。Aravaneという名は、『スミレの花』を意味するペルシャ語である。彼女は宇宙物理学にも深い関心を持ち、「テニス選手にならなかったら、宇宙物理学者になりたかった。選手引退後はこの道を進みたい」と話しているという。2003年から女子ツアー下部大会を回り始め、2005年にプロ入り。同年の全仏オープンにて、地元フランスからの主催者推薦(ワイルドカード)を得て本戦にデビューし、マリア・シャラポワとの2回戦に進出した。2006年の全仏オープンでは予選3試合を勝ち抜き、本戦3回戦でニコル・バイディソバ(チェコ)に 1-6, 7-6, 0-6 で敗退する。全米オープンでは本戦直接出場選手として、エレーナ・デメンチェワ(ロシア)との4回戦まで勝ち進んだ。アラバン・レザイ フレッシュアイペディアより)

  • アクグル・アマンムラドワ

    アクグル・アマンムラドワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年5月、アマンムラドワはトルコ・イスタンブール大会で準決勝に勝ち進み、5月26日付で世界ランキング「50位」に食い込んだ。ウズベキスタン出身のプロテニス選手が世界ランク50位以内に入ったのは、イロダ・ツルヤガノワ以来2人目の快挙となる。2008年全仏オープンでは、2回戦でアレクサンドラ・ウォズニアク(カナダ)に 6-1, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、初の3回戦進出はならなかった。この後、ウィンブルドンと全米オープンにも本戦初出場。全米オープン1回戦では、彼女は第5シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア、北京五輪金メダル)に 4-6, 5-7 で敗れた。アクグル・アマンムラドワ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    女子シングルス 金:ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)、銀:エレーナ・デメンチェワ(ロシア)、銅:モニカ・セレシュ(アメリカ)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • タミラ・パシェク

    タミラ・パシェクから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2007年全豪オープンで予選を勝ち上がり4大大会に初出場。2回戦で第22シードのベラ・ズボナレワ(ロシア)に 1-6, 3-6 で敗れた。全仏オープンも2回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)に敗れたが、ウィンブルドンでは3回戦で第12シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア)を 3-6, 6-2, 6-3 で破り4回戦まで進出した。全米オープンでも3回戦で第11シードのパティ・シュナイダー(スイス)を 4-6, 6-4, 7-6(1) で破り4回戦に進出している。タミラ・パシェク フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示