61件中 41 - 50件表示
  • アクグル・アマンムラドワ

    アクグル・アマンムラドワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年5月、アマンムラドワはトルコ・イスタンブール大会で準決勝に勝ち進み、5月26日付で世界ランキング「50位」に食い込んだ。ウズベキスタン出身のプロテニス選手が世界ランク50位以内に入ったのは、イロダ・ツルヤガノワ以来2人目の快挙となる。2008年全仏オープンでは、2回戦でアレクサンドラ・ウォズニアク(カナダ)に 6-1, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、初の3回戦進出はならなかった。この後、ウィンブルドンと全米オープンにも本戦初出場。全米オープン1回戦では、彼女は第5シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア、北京五輪金メダル)に 4-6, 5-7 で敗れた。アクグル・アマンムラドワ フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・クルニコワ

    アンナ・クルニコワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    5歳からテニスを始め、モスクワ市内にある名門「スパルタクラブ」でテニスを学ぶ。(同じ年の幼なじみとしてアナスタシア・ミスキナやエレーナ・デメンチェワがいた。)早熟な才能はたちまち評判になり、1992年2月からアメリカ・フロリダ州の「ニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に留学した。ジュニア時代には1995年の「オレンジボウル選手権」の優勝などがある。同年に14歳でプロ転向。アンナ・クルニコワ フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2010年は年初の国別対抗戦ホップマンカップにアンディ・マレーと共に第3シードのイギリス代表として出場。同国のホップマンカップ出場は、1992年大会にジョー・デュリーとが出場して以来、18年ぶり2度目の事であった。予選ではカザフスタン、ドイツ、ロシア各代表と同組のグループBに所属。ロブソンはシングルスではカザフスタンのに、 6?4,3?6,0?6のフルセットで、ドイツのザビーネ・リシキに6-7(5),3-6のストレートで、ロシアのエレーナ・デメンチェワに4-6,0-6のストレートでそれぞれ敗れたが、マレーと組んだ混合ダブルスではカザフスタンのヤロスロワ・シュウェドワ&組に6-3,5-7,1のスーパータイブレークで、ドイツのザビーネ・リシキ&フィリップ・コールシュライバー組に6-3,6-2のストレートで、ロシアのエレーナ・デメンチェワ&イゴール・アンドレエフ組に6-4,6-7(6),2のスーパータイブレークでそれぞれ勝利。男子シングルスでもマレーが3戦全勝を挙げる活躍があった為、イギリスチームは3戦全勝。予選終了時点でグループB1位となり、グループA1位となったスペイン代表との決勝戦に進出。決勝戦ではロブソンが第1試合の女子シングルスで当時世界ランク26位の相手に6-1,7-6(6)のストレートで勝利する金星を挙げるも、続く男子シングルスでは、マレーがトミー・ロブレドに6-1,4-6,3-6のフルセットで惜敗。勝負は最終試合の混合ダブルスに持ち込まれたが、マルチネス=サンチェスとロブレドのペアに6-7(6),5-7のスコアで敗れ準優勝となった。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    杉山は再びパートナー探しに悩み、2004年はリーゼル・フーバーと組んだ。その後、急遽エレーナ・デメンチェワをパートナーに指名したが、このコンビは臨時の組み合わせであった。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • キャロライン・ウォズニアッキ

    キャロライン・ウォズニアッキから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2010年の全米オープンでは、世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズが欠場したため初の4大大会第1シードとなったが、準決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)に 4-6, 3-6 で敗れた。10月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝でエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 1-6, 6-2, 6-3, で逆転勝ちし、大会初優勝を挙げる。翌週の中国オープンでは決勝ででベラ・ズボナレワ(ロシア)に 6?3, 3?6, 6?3 で勝利し、大会後のランキングでデンマーク人としては男女を通じて初めての1位になった。最終戦のWTAツアー選手権でも初めての決勝に進出したが、キム・クライシュテルスに 3-6, 7-5, 3-6 で敗れた。キャロライン・ウォズニアッキ フレッシュアイペディアより)

  • 李娜

    李娜から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    8月の北京五輪で、李娜は女子シングルスのベスト4に進出する。準決勝でディナラ・サフィナ(ロシア)に敗れた彼女は、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもベラ・ズボナレワ(ロシア)に 0-6, 5-7 で敗れ、地元選手としての銅メダルを逃した。この後全米オープンでも2年ぶり2度目の4回戦に進み、第5シードのエレーナ・デメンチェワに 4-6, 1-6 で敗れた。2009年は全米オープンで初のベスト8進出があり、中国人選手としての全米オープンシングルス最高成績を出した。2006年ウィンブルドン以来となる準々決勝の舞台では(その時と同じ)キム・クライシュテルスに 2-6, 4-6 で敗れ、ベスト4入りを逃した。李娜 フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    アグニエシュカ・ラドワンスカが生まれた1989年は、ちょうどポーランドで共産主義が崩壊した年である。アグニエシュカは4歳の時から、妹のウルシュラとともに父親の手ほどきでテニスを始め、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ボルケン郡のグロナウにあるテニスクラブで練習を積んだ。2005年4月に16歳でプロ入り。その後、2005年ウィンブルドンと2006年全仏オープンのジュニア女子シングルス部門で優勝する。全仏ジュニアの直前、2006年5月に故国ポーランドの首都ワルシャワで開かれた「J&Sカップ」で、ラドワンスカは1回戦で2004年全仏オープン優勝者のアナスタシア・ミスキナを破り、エレーナ・デメンチェワとの準々決勝まで勝ち進んだ。6月の全仏ジュニアで第2シードから優勝した後、ラドワンスカは2006年ウィンブルドンで4大大会の本戦にデビューした。主催者推薦で出場したラドワンスカは、初めての本戦でキム・クライシュテルスとの4回戦まで勝ち進んだ。この後2006年全米オープンでは予選3試合を勝ち抜いたが、本戦2回戦でタチアナ・ゴロビン(フランス)に敗退した。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・ヤンコビッチ

    エレナ・ヤンコビッチから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ヤンコビッチの4大大会挑戦は、2003年全豪オープンから始まる。この大会では予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦でアマンダ・クッツァー(南アフリカ共和国)に挑戦した。それからしばらく予選敗退が続いたが、2004年の全豪オープンから本戦に直接出場できる力をつけた。2005年はウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で3回戦に進出し、徐々に実力を上げる。2006年のウィンブルドン3回戦で、エレナ・ヤンコビッチは大会前年優勝者のビーナス・ウィリアムズを 7-6, 4-6, 6-4 で破ったが、続く4回戦でロシアのアナスタシア・ミスキナに敗れた。同年の全米オープンで、ヤンコビッチは初めての4大大会女子シングルス準決勝進出を果たす。3回戦ではチェコの17歳ニコル・バイディソバ、4回戦では2004年度の優勝者スベトラーナ・クズネツォワ、初進出の準々決勝ではエレーナ・デメンチェワを破って勝ち進んだが、準決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 6-4, 4-6, 0-6 で逆転負けした。エレナ・ヤンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • アンゲリク・ケルバー

    アンゲリク・ケルバーから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ポーランド出身の両親の間に生まれたケルバーは3歳からテニスを始め、2003年にプロに転向。しばらくはITFのサーキット大会での下積みが続いた。2007年の全仏オープンで4大大会に初出場。第13シードのエレーナ・デメンチェワに、3-6, 2-6 で敗れている。ウィンブルドンはアンナ・チャクベタゼ、全米オープンではセリーナ・ウィリアムズとシード選手と対戦し初戦敗退している。同年7月に日本の豊田市で開催されたフェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」では、森田あゆみに 6-4, 4-6, 5-7 、高雄恵利加に 3-6, 2-6 で敗れている。試合は3勝2敗でドイツが日本に勝利してワールドグループ残留を決めた。アンゲリク・ケルバー フレッシュアイペディアより)

  • ミロスラヴァ・ヴァヴリネック

    ミロスラヴァ・ヴァヴリネックから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2000年はヴァヴリネックにとってキャリア最高のシーズンとなり、年初のASBクラシックシングルス1回戦で第3シードのを7-6(5),6-4のストレートで破ると、との準々決勝まで進出。ここではホップマンスに6-7(6),2-6のストレートで敗れたが、初のツアーベスト8進出を果たす。全豪オープンシングルスでは、1回戦で主催者推薦のを6-1,6-4のストレートで下しグランドスラム本戦初勝利を挙げる。2回戦では当時世界ランク9位の第9シードバルバラ・シェットに挑戦したが、4-6,4-6のストレートで敗れた。更に4月のエストリル・オープンとGDFスエズ・グランプリでは2週連続でシングルスベスト8に進出。予選から出場した9月のトヨタ・プリンセス・カップシングルスでは本戦に勝ち上がると、1回戦でを6-4,6-2のストレートで破り2回戦に進出。2回戦では当時世界ランク5位の第1シードモニカ・セレシュに挑戦したが4-6,4-6のストレートで敗退する。続いて予選から出場したジャパン・オープン・テニス選手権でも本戦に勝ち上がると、1回戦でアンナ・スマシュノワを6-1,7-6(4)のストレートで破り、ジュリー・アラール=デキュジスとの準々決勝まで進出した。こららの活躍により年間ランクもマルチナ・ヒンギス、パティ・シュナイダーに次ぐ国内3番手となる88位で終了し、自身初のトップ100フィニッシュを果たした。この年は8月のシドニーオリンピックにもスイス代表として単複両部門に出場したが、シングルスでは1回戦でロシア代表のエレーナ・デメンチェワに1-6,1-6のストレートで、と組んだダブルスでも、1回戦でベネズエラ代表のミラグロス・セケラ&マリア・ベント=カブチ組に2-6,5-7のストレートでそれぞれ敗れている。ミロスラヴァ・ヴァヴリネック フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「エレーナ・デメンティエワ」のニューストピックワード