62件中 41 - 50件表示
  • アリサ・クレイバノワ

    アリサ・クレイバノワから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2010年2月下旬のマレーシア・クアラルンプール大会で、クレイバノワはシングルス決勝で同じロシアの先輩選手エレーナ・デメンチェワを 6-3, 6-2 で破り、女子ツアーでシングルス初優勝を果たした。9月の韓国オープンで2勝目を挙げた。アリサ・クレイバノワ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    10月15日 - エレーナ・デメンチェワ(ロシア、テニス)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    カルラ・スアレス・ナバロは2009年全豪オープンで、前年の全仏オープン以来2度目のベスト8に勝ち進んだ。全豪の2回戦で第6シードのビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-3, 7-5 の逆転勝利を収め、4回戦で同じスペインの先輩選手アナベル・メディナ・ガリゲスに 6-3, 6-2 で圧勝する。準々決勝では第4シードのエレーナ・デメンチェワに 2-6, 2-6 で完敗した。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • ボカラトン

    ボカラトンから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    エレーナ・デメンチェワ、ロシアのテニス選手ボカラトン フレッシュアイペディアより)

  • フラビア・ペンネッタ

    フラビア・ペンネッタから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    父親の手ほどきで5歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2003年からフェドカップのイタリア代表選手になり、2004年8月にポーランド・ソポトの大会でツアー初優勝。2005年2月、コロンビア・ボゴタ大会とメキシコ・アカプルコ大会で2週連続優勝を果たす。この年から4大大会でも成績を伸ばし、全仏オープンでパティ・シュナイダーとの3回戦、ウィンブルドンでもマリー・ピエルスとの4回戦に進出した。全米オープンでは女子ダブルスでロシアのエレーナ・デメンチェワとペアを組んだが、決勝でリサ・レイモンド&サマンサ・ストーサー組に 2-6, 7-5, 3-6 で敗れて準優勝になっている。フラビア・ペンネッタ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオラ・スルアガ

    ファビオラ・スルアガから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    1993年にプロ入り。1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのコロンビア代表選手となる。1997年の全仏オープンで4大大会の予選会に初挑戦したが、予選の3回戦で敗れて本戦出場を逃す。(予選会は、3試合を勝ち上がらないと本戦出場資格を得られない。)ズルアガは4大大会予選で4度涙を飲んだが、1998年の全米オープンでついに本戦出場を果たし、本戦の2回戦でアランチャ・サンチェス・ビカリオに挑戦した。1999年から4大大会の顔触れとして定着し、全仏オープンではリンゼイ・ダベンポートとの3回戦に勝ち進んでいる。同年にウィンブルドンの本戦にも初出場したが、1回戦でマリー・ピエルスに敗退する。2度目の全米オープンでは、2回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れた。ファビオラ・スルアガ フレッシュアイペディアより)

  • パティ・シュナイダー

    パティ・シュナイダーから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2008年、シュナイダーは全仏オープンと全米オープンの両大会で10年ぶり2度目のベスト8進出を決めた。10年ぶりの舞台では、全仏はエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 2-6, 3-6 で敗れ、全米はエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 2-6, 3-6 で敗れて、ともにストレート負けに終わっている。パティ・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    杉山は再びパートナー探しに悩み、2004年はリーゼル・フーバーと組んだ。その後、急遽エレーナ・デメンチェワをパートナーに指名したが、このコンビは臨時の組み合わせであった。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・カプリアティ

    ジェニファー・カプリアティから見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    2003年は前年オフの目の手術などの影響で全豪オープンに初戦敗退を喫し、大会3連覇を逃す。同年の全米オープン準決勝でジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れた試合のように(決勝進出まであと2ポイントに迫りながらも逆転負け)、惜しい試合展開で4大大会決勝進出を逃すケースが多くなっていた。燃え尽き症候群からの回復後は、少女時代よりもはるかに強靭なテニスを繰り広げてきた。2004年全米オープン準決勝では、ロシアのエレーナ・デメンチェワとの対戦で 0-6, 6-2, 6-7(5-7) で敗れ、最終第3セットのタイブレークを落とした。ジェニファー・カプリアティ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見たエレーナ・デメンチェワエレーナ・デメンチェワ

    ダブルス1回戦○2(5?7、7?5、6?3)1●デメンチェワ&ミスキナ(ロシア)2004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示