536件中 101 - 110件表示
  • ワールドサッカーウイニングイレブン8

    ワールドサッカーウイニングイレブン8から見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ウイニングイレブンシリーズの1つで、実況はジョン・カビラ、解説は中西哲生が務めた、イメージキャラクターは元日本代表監督のジーコ。セリエA、リーガ・エスパニョーラ、エールディヴィジの公式ライセンスを取得。本作では日本代表はフル代表だけでなくU-23も収録。マスターリーグに選手の成長と衰退の要素を追加。トレーニングモードにサッカーの初歩から教えるビギナーズトレーニングを追加。ワールドサッカーウイニングイレブン8 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原学

    桑原学から見たエールディビジエールディヴィジ

    オランダ エールディビジ(J SPORTS)桑原学 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・デ・コック

    ヨハン・デ・コックから見たエーレディヴィジエールディヴィジ

    オランダのエーレディヴィジで12年間プレーし、通算289試合に出場しているが、合計31得点という数字は、ディフェンダーとしては非常に高い得点率である。長身を生かした空中戦が得意で、味方のセットプレーから数多くのゴールを決めている。EURO96ではフース・ヒディンクのもと、センターバックのポジションを任された。ヨハン・デ・コック フレッシュアイペディアより)

  • アルノ・ヴァン・ズワム

    アルノ・ヴァン・ズワムから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1992/93年シーズンにフォルトゥナ・シッタールトでプロ生活を始め、3シーズン目にエールステ・ディヴィジ(オランダ2部)で初出場を記録するとチームのエールディヴィジ(同国1部)復帰に貢献。以後、6シーズンにわたって同チームの正GKとして活躍した。アルノ・ヴァン・ズワム フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルゲ・オガラル

    ゲオルゲ・オガラルから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2006年5月23日に移籍金330万ユーロで同郷のニコラエ・ミテアが在籍するエールディヴィジ (オランダ1部)のアヤックス・アムステルダムにハーテム・トラベルスィーの後釜として、7月1日からの4年契約を締結する。8月20日のRKCヴァールヴァイク戦 (5-0)でリーグ戦初出場した。加入1季目は、公式戦初出場となったPSVアイントホーフェンとのヨハン・クライフ・シャール (3-1)、AZアルクマールとのKNVBカップ (1-1, PK戦8-7)のタイトルを獲得しており、前者ではアルナ・コネへの対応がヘンク・テン・カテ監督を納得させることが出来ず、前半終了後に交代を告げられているが、後者では延長戦含む120分フル出場してPK戦も成功させた。翌年もヨハン・クライフ・シャールのタイトルを獲得したが、試合中のハムストリングの負傷によって25分に交代し、4週間の離脱となった。ゲオルゲ・オガラル フレッシュアイペディアより)

  • ペーテル・ヴィスヘルホフ

    ペーテル・ヴィスヘルホフから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1999-2000シーズンにフィテッセでプロキャリアを開始し、NECナイメヘンへの1年の期限付き移籍を経て、同クラブに完全移籍を果たす。NECでの9季の在籍で主将を務めた。2009年1月14日、アヤックス・アムステルダムへと去ったロブ・ウィーラールト (nl) の後釜としてFCトゥウェンテと3年半の契約を締結すると、すぐさま地位を確立し、2季目にリーグ優勝を経験。2010年夏にはシアトル・サウンダーズFCへと去ったブレイズ・ヌクフォから主将の座を引き継ぎ、シーズン開始時にアヤックスを1-0で破りヨハン・クライフ・スハールのタイトルを獲得。同2010-11シーズンの冬に契約を2013年半ばまで延長し、2011年5月にKNVBカップで優勝した。2011-12シーズンは、アヤックスに次ぐ2位でシーズンを終えたが、ヨハン・クライフ・スハールでは再びアヤックスを破り優勝した。ちなみに、同大会で露骨なダイブをしており、試合後に最悪なダイビングだったと自身で認めている。ペーテル・ヴィスヘルホフ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ズワンズワイク

    パトリック・ズワンズワイクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    エールディヴィジのFCユトレヒトでディフェンスリーダーとして活躍した後、Jリーグの大分トリニータに移籍、登録名は「パトリック」。大分ではセンターバックのみならず、守備的ミッドフィルダーとしてもプレー。2005-2006シーズンはオランダのNACブレダに移籍した。パトリック・ズワンズワイク フレッシュアイペディアより)

  • 志垣良

    志垣良から見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2008年に入ってからはオランダに渡りPSVアイントホーフェンで研修をスタートし、エールディヴィジ2007-2008シーズン終了後に帰国。ジェフユナイテッド千葉でアレックス・ミラーの通訳を短期間務めた後に、5月よりアビスパ福岡のテクニカルスタッフとなったが、1シーズンを持って退団を自身のブログで発表。2009年より大分トリニータU-15にて指揮を執る。志垣良 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・プラーガー

    トーマス・プラーガーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    オーストリアのプロクラブではプレー経験の無い同国代表ミッドフィルダー。オーストリアのアマチュアクラブでプレーしていたプラーガーをオランダ・エールディヴィジに属するSCヘーレンフェーンのスカウトが発掘。18歳でオランダへ移籍。2年後にはトップチームのレギュラーとなった。トーマス・プラーガー フレッシュアイペディアより)

  • カイス・シャイェステ

    カイス・シャイェステから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2008年にFCトゥウェンテのユースチームからヘラクレス・アルメロのトップチームへ移籍した。プロ1年目はエールディヴィジで6試合に出場した。2年目は、新たに就任した監督の下では1年目よりも試合に出られず、契約を更新しないことを言い渡された。カイス・シャイェステ フレッシュアイペディアより)

536件中 101 - 110件表示