536件中 131 - 140件表示
  • ヨエイ・ディドゥリツァ

    ヨエイ・ディドゥリツァから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    その後は、オランダ1部の名門アヤックス・アムステルダムと契約するも、主に控えGKとしての状態が続き、また、2001年から数ヶ月間に期限付き移籍したジュピラーリーグのKFCジェルミナル・ベールスホットでも出場機会は限られていた。2003年から3季在籍したFKアウストリア・ウィーンで地位を確立することに成功していたが、2005年5月にSKラピード・ウィーンとので相手選手のアクセル・ラバレー (de) に対してのタックルで怪我を負わせた行為が過失として、2006年4月24日にオーストリアの裁判所から6万ユーロの罰金を言い渡された。2007年6月にウィーンの高等裁判所に下級裁判所の判決を控訴し無罪となった。ヨエイ・ディドゥリツァ フレッシュアイペディアより)

  • FOOTBALL EX

    FOOTBALL EXから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    フジテレビは1994-95年シーズン、当時三浦知良がジェノアに在籍していたイタリアの国内サッカーリーグ・セリエAの地上波独占中継を実施するようになったのをきっかけにヨーロッパのサッカーリーグの中継を開始。当初はセリエA中継のみだったが、2001年より現タイトルに改められ、ジョン・カビラ司会の海外リーグ速報と録画中継の2本立てによる2時間強の番組となった。これを機にイングランド・プレミアリーグ中継を開始した。また2004-05年からはオランダリーグも取り上げた。ヨーロッパチャンピオンズリーグ放映権取得後は平日深夜に生中継を開始。2004年5月17日を以って終了。後番組「FOOTBALL CX」に引き継がれる。FOOTBALL EX フレッシュアイペディアより)

  • テオ・ルシウス

    テオ・ルシウスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    エールディヴィジ 2001-2002, 2002-2003, 2004-2005, 2005-2006テオ・ルシウス フレッシュアイペディアより)

  • ルイジ・ブラインス

    ルイジ・ブラインスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ユース時代をSBVエクセルシオールで過ごし、そのままトップチームに加入した。加入当時、エクセルシオールはエールステ・ディヴィジ(2部リーグ)に所属していたが、翌シーズンにエールディヴィジに復帰し、その原動力となった。ルイジ・ブラインス フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・クーフェルマンス

    ダニー・クーフェルマンスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    スパルタ・ロッテルダムでキャリアをスタート。2005年にAZアルクマールに移籍、2006-07シーズンのエールディヴィジでは22得点を記録した。しかしルイス・ファン・ハールの構想から外れ2007-08シーズンからはPSVアイントホーフェンへ移籍した。2011年6月29日、トロントFCに移籍した。2014年1月31日、FCユトレヒトとシーズン終了までの契約を結び母国に復帰した。2014年3月20日、脹脛の負傷の影響により現役から引退することを発表した。ダニー・クーフェルマンス フレッシュアイペディアより)

  • ステンリー・ブラード

    ステンリー・ブラードから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    デン・ハーグで生まれた彼はこの地のサッカークラブ、RKSVレニフ・エン・スネルのユースに所属した。この時にエールディヴィジに所属するフェイエノールトのスカウトに目をつけられ、同チームのユースに移籍した。その数年後の1977年のFCトゥウェンテ戦でトップチームでの初出場を飾った。翌年にはディフェンダーとしての活躍の機会も増え、スターティングメンバーとなる事も増えて行った。彼の経歴の中で最もクラブが輝いたのは1983-84シーズンで、この時にはヨハン・クライフがフェイエノールトに加入している。このシーズンに彼はレフトバックからクライフの前へとポジションを変え、相手右サイドバックのフェイエノールト陣内への侵入を防ぐ役割を果たした。この年にフェイエノールトはリーグ、カップともに制覇した。ステンリー・ブラード フレッシュアイペディアより)

  • ヤーリ・スフールマン

    ヤーリ・スフールマンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    トップチームに昇格した2016-2017シーズンは度々ベンチに入るも出場機会は得られず、リザーブでのプレーに。しかも本職の中盤では無くサイドで起用されることもあった。2016年5月8日のエールディヴィジ最終節 N.E.C.とのホームゲームにおいてフェイエノールトでようやく公式戦デビュー。87分にトニー・フィレーナとの交代でピッチに入り、数分間出場した。ヤーリ・スフールマン フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ヤンス

    ロン・ヤンスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1976年、当時エールステ・ディヴィジ(2部リーグ)のPECズヴォレで選手キャリアをスタートし、翌シーズンエールディヴィジ(1部リーグ)昇格に貢献した。1982年FCフローニンゲンに移籍し、UEFAカップ1983-84ではアトレティコ・マドリード相手にゴールを決めている。1984年、ローダJCに移籍した。ロン・ヤンス フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・メーウウィス

    マルセル・メーウウィスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2006-09年はエールディヴィジのローダへ移籍しここでも主力として活躍した。マルセル・メーウウィス フレッシュアイペディアより)

  • ヴァウト・ブラマ

    ヴァウト・ブラマから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2009-10シーズンは成功に満ちたものとなった。まず、アウェイのヴィレムII戦でプロ初得点を挙げ、公式戦46試合に出場し、悲願のリーグ優勝を経験。また、オランダ代表で初出場を飾った。ヴァウト・ブラマ フレッシュアイペディアより)

536件中 131 - 140件表示