536件中 11 - 20件表示
  • ロッテルダム・ダービー

    ロッテルダム・ダービーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ロッテルダムは3つのプロサッカークラブを持つオランダ唯一の都市である。なお、複数のプロクラブを持つオランダの都市は、ロッテルダムの他にはアイントホーフェンしかない。アイントホーフェンにはPSVアイントホーフェンとFCアイントホーフェンの2クラブがあり、両者の対戦はライトシティ・ダービーと呼ばれるが、PSVアイントホーフェンがエールディヴィジ(1部)優勝回数21回を誇るクラブであるのに対して、FCアイントホーフェンは歴史の大半をエールステ・ディヴィジ(2部)で過ごしているため、実際にダービーが行われることは少ない。近年のロッテルダム・ダービーは穏やかであり、もはやクラブやサポーターが激しいライバル意識をむき出しにすることはない。ロッテルダム・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • デイリー・ブリント

    デイリー・ブリントから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    アヤックスのユース出身の選手であり、フローニンゲンへの期限付き移籍を経験した後にレギュラーとなった。エールディヴィジ4連覇達成後の2014年9月に1380万ポンドの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに加入することになった。デイリー・ブリント フレッシュアイペディアより)

  • ルク・ニリス

    ルク・ニリスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1994年夏、かつてアンデルレヒトで指導を受けたア・デモス監督の誘いでオランダ1部の強豪PSVアイントホーフェンと契約し、移籍1季目の1994-95シーズンは、同じく新加入のブラジル代表のロナウドとコンビを組んで12得点を挙げる(ロナウドは30得点で得点王)。2季目もリーグ優勝を果たすことが出来ず、ライバルのアヤックス・アムステルダムに3連覇を許し苦杯を舐めたが、ニリス個人としては21得点で得点王となり、さらにオランダ年間最優秀選手賞とベルギー年間最優秀選手賞に輝いた。3季目の1996-97シーズンは2年連続で得点王のタイトルを獲得し、チームもリーグ王者になり充実したシーズンとなった。なお、この時にコンビを組んでいたロナウドは、引退後に自身のキャリアを振り返った際、共にプレーした中で最高の選手にニリスの名前を挙げている。ルク・ニリス フレッシュアイペディアより)

  • フィニディ・ジョージ

    フィニディ・ジョージから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    オランダのアヤックス・アムステルダムで主力の1人としてUEFAチャンピオンズリーグ 1994-95を含め8つの主要タイトルを獲得し、世界最高の右WGとまで呼ばれた。その後スペインのレアル・ベティスに数年在籍し、引退する前年までイングランドの舞台でプレーしていた。フィニディ・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • フース・ヒディンク

    フース・ヒディンクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    現役時代はデ・フラーフスハップ、PSVアイントホーフェン、NECナイメヘン、NASLでプレーし、特にデ・フラーフスハップでは中盤の要としてチーム初のエールディヴィジ昇格に貢献、地元サポーターから最も信頼を集める選手だった。現役のプロサッカー選手をしながらも、体育教師になろうと専門学校にも通っていた。晴れて体育教師の資格をとった後、不良生徒や精神的に問題のある生徒がいる特殊学級の担当をプロサッカー選手との兼任で10年余りしていた。フース・ヒディンク フレッシュアイペディアより)

  • RKCヴァールヴァイク

    RKCヴァールヴァイクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    from:01/01/1988 till:01/01/2007 color:bl1 shift:(0,13) text: "Eredivisie"RKCヴァールヴァイク フレッシュアイペディアより)

  • ゴー・アヘッド・イーグルス

    ゴー・アヘッド・イーグルスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    from:01/01/1992 till:01/01/1996 color:bl2 shift:(0,13) text: "Eredivisie"ゴー・アヘッド・イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・コクー

    フィリップ・コクーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1970年10月29日、フィリップ・ヨン・ヴィリアム・コクーは北ブラバント州・アイントホーフェンに生まれた。生年月日はエドウィン・ファン・デル・サールとまったく同じである。2歳の時にヘルダーラント州・アーネムへ引っ越し、子供のころはアヤックス・アムステルダムを応援していたという。AFC'34とDCSザフェナールというアマチュアクラブでプレーし、1988年、17歳の時にAZアルクマールに入団してプロデビューした。1990年にはSBVフィテッセに移籍したが、デビュー戦となったスパルタ・ロッテルダム戦で右足を骨折して出鼻をくじかれた。1992年には怪我が完治し、エールディヴィジでの5位躍進とUEFAカップ出場権獲得の助けとなった。フィテッセ時代にはAFCアヤックスが2度も彼の獲得を試みたが、1995年、ディック・アドフォカート監督が率いる故郷の名門クラブPSVアイントホーフェンに移籍した。フィリップ・コクー フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・エリクセン

    クリスティアン・エリクセンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    最初はユースチームに所属し、2010年にトップチームに昇格。1月17日のNACブレダ戦で先発し、エールディヴィジデビューを果たした。2011-12年シーズンは15アシスト、翌2012-2013年シーズンはリーグ戦で13アシストを記録。2013年のシーズン、リーグ戦、4試合をアヤックスでプレーした後、シーズン途中スパーズへ移籍。アヤックス在籍時はエールディヴィジ3連覇の原動力となった。クリスティアン・エリクセン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルディ・バイス

    ヨルディ・バイスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    7歳で地元クラブの育成部門よりオランダ・エールディヴィジに所属するフェイエノールトの育成部門へ移籍。2007年にトップチーム監督のベルト・ファン・マルワイクに見出されトップチームに昇格する。ヨルディ・バイス フレッシュアイペディアより)

536件中 11 - 20件表示