536件中 21 - 30件表示
  • プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ

    プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    『プロサッカークラブをつくろう! EUROPE CHAMPIONSHIP』は、セガ(現:セガゲームス)から2006年3月29日に発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称『サカつくEU』。Jリーグが舞台だった従来の『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズとは異なり、本作ではヨーロッパの6大リーグ(イングランド・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ)を題材としている。プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・コヴァチ

    シュテファン・コヴァチから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1967年にルーマニアのステアウア・ブカレストの監督に就任。ここでは1度のリーグ優勝と3度の国内カップ戦優勝を果たし、最初の成功を収めた。すると1971年に当時リヌス・ミケルスの下でUEFAチャンピオンズカップを優勝した、アヤックス・アムステルダムの監督に就任。ミケルスが実践していたトータル・フットボールの哲学を受け継ぎ、1972年、1973年にUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を優勝。アヤックスのUEFAチャンピオンズカップ3連覇に貢献した。尚1971-72シーズンにはUEFAチャンピオンズカップと合わせリーグ優勝と国内カップ戦優勝を果たし、トレブル を達成をした。シュテファン・コヴァチ フレッシュアイペディアより)

  • リヌス・ミケルス

    リヌス・ミケルスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    現役引退後、地元のアマチュアクラブで指導者としてのキャリアをスタートさせたミケルスは、1965年にプロ指導者ライセンスを取得し、古巣アヤックスの監督に就任。当時降格の危機に瀕していたクラブを救い、翌年には国内リーグ優勝にまで導いた。リヌス・ミケルス フレッシュアイペディアより)

  • アルノルト・ブルッヒンク

    アルノルト・ブルッヒンクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ユース時代はRKVV STEVOで過ごし、その後FCトゥウェンテにスカウトされた。同クラブの下部組織を経て、1993-94シーズンにロブ・バーン(nl)監督の下でトップチームに引き抜かれると、1994年2月27日のゴー・アヘッド・イーグルス戦(1-1)で16歳の時に初出場を飾り、68分にダニエル・ネイホフと交代するまでプレイした。プロ1季目はリーグ戦で9試合4得点を記録した。アルノルト・ブルッヒンク フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オビク

    マイケル・オビクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    フェイエノールトでの最初のシーズンは、ヴィレム・ファン・ハネヘム監督の下でハストン・タウメント, ジョン・ファンルーンとポジション争いを繰り広げた。1992年8月12日、PSVアイントホーフェン戦でデビューをするも0-1で敗北した。スタメンとして出場することが出来なかったが、スーパーサブとして21試合出場7得点を記録、2位のPSVと勝ち点2差でエールディヴィジ優勝した。翌1993-94シーズン、チームはリーグ戦準優勝・KNVBカップ優勝するも、オビク自身は夏にヘンリク・ラーションが移籍してきたことにより序列が4番目に後退、16試合3ゴールを記録した。マイケル・オビク フレッシュアイペディアより)

  • ヘリー・ミューレン

    ヘリー・ミューレンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1983年、DS 79(後のFCドルトレヒト)でエールステ・ディヴィジに優勝し、クラブはエールディヴィジに昇格するが、翌年の契約は得られずFCフォレンダムへ移籍して選手生活を終えた。ヘリー・ミューレン フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィ・クラーセン

    デイヴィ・クラーセンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    その5日後のNEC戦でも交替出場しエールディヴィジデビュー、出場後わずか42秒でゴールを決めた。デイヴィ・クラーセン フレッシュアイペディアより)

  • ベン・サハル

    ベン・サハルから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2008年6月12日にオランダ1部のNECナイメヘンへ期限付き移籍する動きがあったが、金銭問題から契約がまとまらず、最終的に半年の期限付き移籍で昨季のFAカップ王者ポーツマスFCと契約が締結され、背番号26が与えられた。シーズン前の親善試合では定期的に起用され、ナイジェリア・プレミアリーグ王者のカノ・ピラーズFC(en), イングランド6部のハヴァント・アンド・ウォータールーヴィルFC, イングランド8部のゴスポート・バラFC(en)等を相手に7試合に出場し、得点を重ねていった。しかし、本番のリーグ戦では3試合にベンチ入りしたのみで出番は訪れずに終わったことで、サハルはチャンスすら与えられなかったことに失望したと語った。ベン・サハル フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ロハス

    マルコ・ロハスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    マルコ・ロドリゴ・ロハス(Marco Rodrigo Rojas, 1991年11月5日 - )は、ニュージーランド・ハミルトン出身のサッカー選手。エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属。ポジションはMF、またはFW(ウイング)。マルコ・ロハス フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ロブソン

    ボビー・ロブソンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ワールドカップ前にFAは、エールディヴィジ4連覇、UEFAチャンピオンズカップ 1987-88を制したフース・ヒディンクの後任としてPSVアイントホーフェンの監督に就任するため、ロブソンとは契約を延長しないことを発表していた。PSVはヒディンクと同様にチームに規律を植え付けることができる監督を捜していた。ロブソンはこの監督就任について「カルチャーショック」ではあるが「冒険心をくすぐられる」と述べた。ワールドカップ前に明らかとなったため、タブロイドはロブソンの愛国心について疑問を呈し、『トゥデイ』は裏切り者だと酷評した。ボビー・ロブソン フレッシュアイペディアより)

536件中 21 - 30件表示