373件中 21 - 30件表示
  • エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス

    エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2002年にブラジルのクルゼイロECでプロキャリアをスタートさせた。ここでの活躍が認められ2004年にオランダの名門・PSVアイントホーフェンへと移籍した。移籍後は不動の守護神として、PSVのリーグ戦4連覇やチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ初となる決勝トーナメント進出などに貢献した。エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • カレン・ロバート

    カレン・ロバートから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    カレン・ロバート(1985年6月7日 - )は、茨城県土浦市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。エールディヴィジ・VVVフェンロー所属。カレン・ロバート フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2004年にチェルシーに移籍したがプレミアリーグの就労条件をクリアできず、一度もプレーすることなくオランダのPSVにレンタル移籍した。PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となり、リーグ3連覇とチャンピオンズリーグ上位進出に貢献している。2007年に就労ビザが発行され、晴れてチェルシーに復帰した。ただし、チェルシー加入後はジョン・テリー、リカルド・カルヴァーリョに次ぐ3番手であり出場機会が減少。加入2年目には本人も移籍願望を口に出したため、冬の移籍が決定的かと思われたが、カルバーリョの長期離脱によりレギュラーを確保。残留し、シーズン終盤までスタメンとしてプレーした。しかし、2009-10シーズンはカルヴァーリョが復帰したため、再び控えに回った。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • 大津祐樹

    大津祐樹から見たエールディヴィジエールディヴィジ

    大津 祐樹(おおつ ゆうき、1990年3月24日 - )は、茨城県水戸市出身のプロサッカー選手。オランダ・エールディヴィジ・VVVフェンロー所属。ポジションはミッドフィールダー(OH, SH)、フォワード(CF, ST)。日本代表。大津祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • シュテファン・コヴァチ

    シュテファン・コヴァチから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1967年にルーマニアのステアウア・ブカレストの監督に就任。ここでは1度のリーグ優勝と3度の国内カップ戦優勝を果たし、最初の成功を収めた。すると1971年に当時リヌス・ミケルスの下でUEFAチャンピオンズカップを優勝した、アヤックス・アムステルダムの監督に就任。ミケルスが実践していたトータル・フットボールの哲学を受け継ぎ、1972年、1973年にUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を優勝。アヤックスのUEFAチャンピオンズカップ3連覇に貢献した。尚1971-72シーズンにはUEFAチャンピオンズカップと合わせリーグ優勝と国内カップ戦優勝を果たし、トレブル を達成をした。シュテファン・コヴァチ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・コクー

    フィリップ・コクーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1970年10月29日、フィリップ・ヨン・ヴィリアム・コクーは北ブラバント州・アイントホーフェンに生まれた。生年月日はエドウィン・ファン・デル・サールとまったく同じである。2歳の時にヘルダーラント州・アーネムへ引っ越し、子供のころはアヤックス・アムステルダムを応援していたという。AFC'34とDCSザフェナールというアマチュアクラブでプレーし、1988年、17歳の時にAZアルクマールに入団してプロデビューした。1990年にはSBVフィテッセに移籍したが、デビュー戦となったスパルタ・ロッテルダム戦で右足を骨折して出鼻をくじかれた。1992年には怪我が完治し、エールディヴィジでの5位躍進とUEFAカップ出場権獲得の助けとなった。フィテッセ時代にはAFCアヤックスが2度も彼の獲得を試みたが、1995年、ディック・アドフォカート監督が率いる故郷の名門クラブPSVアイントホーフェンに移籍した。フィリップ・コクー フレッシュアイペディアより)

  • リヌス・ミケルス

    リヌス・ミケルスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    現役引退後、地元のアマチュアクラブで指導者としてのキャリアをスタートさせたミケルスは、1965年にプロ指導者ライセンスを取得し、古巣アヤックスの監督に就任。当時降格の危機に瀕していたクラブを救い、翌年には国内リーグ優勝にまで導いた。リヌス・ミケルス フレッシュアイペディアより)

  • フランク・デ・ブール

    フランク・デ・ブールから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    エールディヴィジ (5) : 1989?90, 1993?94, 1994?95, 1995?96, 1997?98フランク・デ・ブール フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ファン・ホーイドンク

    ピエール・ファン・ホーイドンクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2001-2002シーズンにはフェイエノールトへ移籍し、エースとして活躍。UEFAカップ優勝に大きく貢献するとともに、リーグでは24得点をマークし得点王に輝いた。2003-2004シーズンにフェネルバフチェへ移籍。ここでも24得点を挙げて得点ランクリーグ2位となり、翌シーズンと合わせてリーグ連覇に貢献する。ピエール・ファン・ホーイドンク フレッシュアイペディアより)

  • リヌス・イスラエル

    リヌス・イスラエルから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    選手としてDWS(1962年-1966年)、フェイエノールト(1966年-1974年)、エクセルシオール(1974年-1975年)、PECズヴォレ(1975年-1982年)に所属した。彼にとってクラブレベルでの最大の成功を得たフェイエノールトでは、エールディヴィジに3回、KNVBカップ、UEFAチャンピオンズカップ、UEFAカップにそれぞれ1回優勝した。1970年UEFAチャンピオンズカップ決勝のセルティック戦では2点のうち1得点を挙げた。「鉄のリヌス (IJzeren Rinus)」のニックネームで呼ばれ、テオ・ラセロムスとともにフェイエノールトで堅牢な守備陣を築いた。リヌス・イスラエル フレッシュアイペディアより)

373件中 21 - 30件表示

「エールディヴィジ」のニューストピックワード