373件中 31 - 40件表示
  • ブルーノ・シルバ

    ブルーノ・シルバから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2000年にダヌービオFCからデビューし、2003年までプレーした。2004年にロシア・プレミアリーグのFCロストフに移籍したが、わずかリーグ戦4試合にしか出場できず、古巣ダヌービオに復帰した。2005年にエールディヴィジのFCフローニンヘンに移籍し、2008年1月にアヤックス・アムステルダムに移籍した。2010年にはブラジルのSCインテルナシオナルにレンタル移籍し、クラブをコパ・リベルタドーレス優勝に導いた。同年にアヤックスに復帰したが、2011年夏のプレシーズンのトルコ合宿で肩を負傷し、2011-12シーズンはリーグ戦に1試合も出場していない。ブルーノ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • オラ・トイヴォネン

    オラ・トイヴォネンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    オラ・トイヴォネン(Ola Toivonen, 1986年7月3日 - )は、スウェーデン・デーゲルフォシュ出身のサッカー選手。「トイボネン」とも表記される。オランダのPSVアイントホーフェン所属。ポジションは主にフォワード。オランダでは「エルボー魔」として知られ、ダーティなファールが多いことで最も嫌われている選手である。オラ・トイヴォネン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィム・キーフト

    ヴィム・キーフトから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    地元アムステルダムに本拠地を置くアヤックスにてプロデビューすると、所属していた4年間で3度のリーグ優勝を経験した。1982年8月には、19歳9ヶ月16日(最年少記録)でリーグ戦50得点をマークした。10代で50得点を記録したのはキーフトただひとりである。自身も1981-82シーズンにはエールディヴィジの得点王となり、ヨーロッパ・ゴールデンシューにも選ばれている。1983年にセリエAに昇格したばかりのピサ・カルチョへと移籍するも、すぐにセリエBへと降格してしまう。1985-86シーズンに再びクラブを昇格させ、同年にトリノFCへと移る。翌年、PSVアイントホーフェンに移籍し、一年間のボルドー移籍を挟んでPSVでプレー、1994年に現役を引退した。ヴィム・キーフト フレッシュアイペディアより)

  • アンドウェレ・スロリー

    アンドウェレ・スロリーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    18歳の時にエールステディヴィジ(2部)のストルムフォーヘルス・テルスターからプロデビューし、2005年にロッテルダムのエクセルシオール・ロッテルダムに移籍した。エクセルシオールではエールディヴィジ(1部)昇格を果たしてエールディヴィジでも活躍し、2007年6月にはオランダ代表デビューした。2007年夏に同じ町のフェイエノールトに引き抜かれて2010年までプレーした。2010年にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCとレフスキ・ソフィアに短期間だけ在籍し、2011年1月にアデレード・ユナイテッドFCと契約した。アンドウェレ・スロリー フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・デ・ヨング

    ルーク・デ・ヨングから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ヘルダーラント州・ドゥーティンヘムにあるアマチュアのDZC'68で兄のシームとともにプレーし、兄弟そろって地元のプロクラブであるデ・フラーフスハップにスカウトされた。シームはデ・フラーフスハップの下部組織在籍中にアヤックス・アムステルダムに引き抜かれ、ルークだけがデ・フラーフスハップに残った。ルークは2008年にトップチームに昇格し、NACブレダ戦で途中出場してエールディヴィジデビューした。SCヘーレンフェーン戦でも途中出場した後、新加入のベン・サハルとコンビを組んで先発出場するようになった。ヴィレムII戦(1-0)で初めてサハルと2トップを組み、この試合でルークはサハルの決勝点をアシストした。ホームでのFCトゥウェンテ戦ではエールディヴィジ初得点を挙げて2-1とリードしたが、その直後にハンドの反則でFCトゥウェンテにPKを与え、ブレイズ・ヌクフォに同点PKを決められて引き分けに終わった。ヘラクレス・アルメロ戦(1-0)ではオーバーヘッドシュートで決勝点を挙げた。ホームでのNECナイメヘン戦では足首を負傷して前半で退いた。チームが昇降格プレーオフを戦っている最中に怪我から復帰し、RKCヴァールヴァイクとのホームゲームでは決勝点を挙げたが、結局エールステディヴィジ(2部)降格に終わった。ルーク・デ・ヨング フレッシュアイペディアより)

  • エステバン・アルバラード

    エステバン・アルバラードから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    エステバン・アルバラード・ブラウン(Esteban Alvarado Brown、1989年4月28日 - )は、コスタリカ・リモン州シキーレス出身のサッカー選手。ポジションはGK。エールディヴィジ・AZアルクマール所属。エステバン・アルバラード フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    1996年にオランダのフェイエノールトに移籍したが、オランダ代表のエト・デ・フーイがレギュラーを張っていたため、ドゥデクのデビューはデ・フーイがチェルシーFCに移籍した1997年夏以降となった。1998-99シーズンにはリーグ優勝に大きく貢献し、1999年にはAFCアヤックスを破ってヨハン・クライフ・シャールも手にした。1998-99シーズンにはオランダ国外国籍選手として初めてリーグ最優秀GK賞を受賞し、1999-2000シーズンにも2年連続で受賞した。デビュー戦から139試合連続でフェイエノールトのゴールマウスを守り続け、2001年8月26日のアヤックス戦がオランダでプレーする最終戦となった。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

  • ジェフェルソン・ファルファン

    ジェフェルソン・ファルファンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2004-05シーズン、フース・ヒディンク率いるオランダのPSVアイントホーフェンに引き抜かれる。2005-06、2006-07シーズンと2季続けて21得点を挙げるなど、チームのエールディヴィジ4連覇に貢献した。ジェフェルソン・ファルファン フレッシュアイペディアより)

  • ジョジー・アルティドール

    ジョジー・アルティドールから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ジョスマー・ヴォルミー・アルティドール(Josmer "Jozy" Volmy Altidore, 1989年11月6日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州・リビングストン出身のサッカー選手。オランダ・エールディヴィジ・AZアルクマール所属。アメリカ代表。ポジションはフォワード。ジョジー・アルティドール フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・フェルトンゲン

    ヤン・フェルトンゲンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    母国のVK Tielrodeやゲルミナル・ベールショットの下部組織でプレーした後、2003年にオランダ・エールディヴィジのAFCアヤックスの下部組織と契約を交わした。初めのうちはミッドフィールダーとしてプレーしていたが、やがてセンターバックとしてプレーするようになった。リザーブチームに在籍していた2005-06シーズン、KNVBカップのCambuur Leeuwarden戦で初めてアムステルダム・アレナのピッチに立ち、この試合で奇妙な得点を挙げている。ヨング・アヤックスのチームメイトが負傷し、相手選手がボールをピッチ外に出したため、フェルトンゲンはボール保持権を返そうと相手キーパーにロングボールを送った。しかし、このボールは驚いたキーパーの頭上を超えてゴールネットに突き刺さり、ピッチ上の選手たちには困惑を、観客には感嘆の気持ちを抱かせた。この得点が故意のシュートによるものでなかったのは明らかであったため、ヨング・アヤックスの選手たちはスポーツマンシップに則ってCambuurに1点を与えた。2006年8月23日、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦のFCコペンハーゲン戦でトップチームデビューを果たした。アムステルダム・アレーナでのヴィレムIIとのリーグ戦(6-0)で初めて先発出場し、2006-07シーズン前半戦にはさらに2試合に出場した。2007年1月、成績不振に苦しんでいたRKCヴァールヴァイクにレンタル移籍した。RKCヴァールヴァイクでは12試合に出場して3得点を挙げたが、チームをエールステディヴィジ(2部)降格から救うことはできなかった。ヤン・フェルトンゲン フレッシュアイペディアより)

373件中 31 - 40件表示

「エールディヴィジ」のニューストピックワード