536件中 31 - 40件表示
  • 倉敷保雄

    倉敷保雄から見たエールディビジエールディヴィジ

    愛称はブラジルで「名手」を意味する「クラッキ」と苗字の「倉敷」とをかけた「クラッキー」。好きな選手はヤリ・リトマネン。一番好きなチームはアヤックス(エールディビジ)。その他にもバルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)、コリンチャンス(ブラジル)、アラベス(リーガ・エスパニョーラ)、マインツ(ドイツ・ブンデスリーガ)も応援している。Jリーグにも好きなチームはあるというが公表はしていない。倉敷保雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のサッカー

    2005年のサッカーから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    8月7日 - 平山相太がオランダエールディヴィジ・ヘラクレスに入団。2005年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • マルク・ヤンコ

    マルク・ヤンコから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2010年6月21日、オランダエールディヴィジのFCトゥウェンテに4年契約で移籍した(違約金は700万ユーロ)。2011年5月8日、KNVBカップ決勝戦となったアヤックス・アムステルダム戦で決勝ゴールを記録し優勝に導いた。リーグ準優勝したエールディヴィジでは14得点を記録し、チーム得点王に輝いた。マルク・ヤンコ フレッシュアイペディアより)

  • アルナ・コネ

    アルナ・コネから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    コートジボワールの首都アビジャン郊外にあるアニャマ(Ányama)に生まれ、他の多くの少年と同じようにストリートサッカーに興じた。父親は勉学に集中して欲しいと願ったが、アルナはプロのサッカー選手に憧れていた。9歳の時に父親が死去すると、母親はアルナの大志に賛同し、地元のリオ・スポール・ダニャマの下部組織に入団した。コートジボワールから世界に羽ばたいて成功を収めたサッカー選手は小さなクラブの下部組織に入団するのではなく、アビジャンにあるASECアビジャンの下部組織に入団することが多く、兄のバカリ・コネもASECアビジャン出身である。サッカーに集中するために16歳の時に学校に行くのを辞め、17歳の時にRSダニャマトップチームに昇格し、チームのコートジボワール・プレミア・ディビジョン(1部)昇格に貢献した。2002年にはフランスのRCランスのトライアルに招待されたが、個人的な事情によりランスではなくベルギーのリールセSKと契約した。リールセではチームメイトと良好な関係を築き、同じコートジボワール人のAdolphe TohouaもリールセSKに加入した。デビューシーズンの2002-03シーズンは32試合に出場して11得点を挙げる活躍を見せた。2003年夏には、わずか1シーズンプレーしただけでオランダのローダJCに引き抜かれた。アルナ・コネ フレッシュアイペディアより)

  • チュラニ・セレロ

    チュラニ・セレロから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    チュラニ・セレロ(Thulani Caleeb Serero, 1990年4月11日 - )は、南アフリカ共和国・ソウェト出身のサッカー選手。エールディヴィジ・フィテッセ所属。南アフリカ代表。ポジションはミッドフィールダー。チュラニ・セレロ フレッシュアイペディアより)

  • トゥヴェーデ・ディヴィジ

    トゥヴェーデ・ディヴィジから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    トゥヴェーデ・ディヴィジ(、)は、オランダに存在したサッカーリーグである。エールディヴィジ、エールステ・ディヴィジに次ぐ第3のリーグである。2016年再開。トゥヴェーデ・ディヴィジ フレッシュアイペディアより)

  • アラス・オズビリズ

    アラス・オズビリズから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2010年11月にPSVアイントホーフェン戦とUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11のレアル・マドリード戦の2試合でベンチ入りをした後、28日のVVVフェンロ戦 (2-0)でテーム・タイニオとの交代出場からエールディヴィジデビューを果たすと、その際に左サイドハーフで見せたプレーはマルティン・ヨル監督に感銘を与え、試合を観戦していたフランク・デ・ブールコーチからリオネル・メッシのようだと評された。次のNECナイメヘンでは初先発を任された。2011年4月3日のヘラクレス・アルメロ戦 (3-0)で80分リーグ戦初得点を挙げた。14日には、契約を2014年6月30日までの3年延長した。アラス・オズビリズ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ニースケンス

    ヨハン・ニースケンスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    引退後は指導者としての道を歩み、1999年にはオランダ代表のアシスタントコーチに就任。エールディヴィジ・NECナイメヘンの監督も務めたが2004年12月に成績不振により解任されている。ヨハン・ニースケンス フレッシュアイペディアより)

  • スタイン・スハールス

    スタイン・スハールスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ステファヌス・ヨハネス・"スタイン"・スハールス(Stefanus Johannes "Stijn" Schaars, 1984年1月11日 - )は、オランダ・ヘルダーラント州ヘント出身のプロサッカー選手。エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属。元オランダ代表。ポジションはミッドフィールダー。スタイン・スハールス フレッシュアイペディアより)

  • ヴィム・キーフト

    ヴィム・キーフトから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    地元アムステルダムに本拠地を置くアヤックスにてプロデビューすると、所属していた4年間で3度のリーグ優勝を経験した。1982年8月には、19歳9ヶ月16日(最年少記録)でリーグ戦50得点をマークした。10代で50得点を記録したのはキーフトただひとりである。自身も1981-82シーズンにはエールディヴィジの得点王となり、ヨーロッパ・ゴールデンシューにも選ばれている。1983年にセリエAに昇格したばかりのピサへと移籍するも、すぐにセリエBへと降格してしまう。1985-86シーズンに再びクラブを昇格させ、同年にトリノへと移る。翌年、PSVに移籍し、一年間のボルドー移籍を挟んでPSVでプレー、1994年に現役を引退した。ヴィム・キーフト フレッシュアイペディアより)

536件中 31 - 40件表示