373件中 41 - 50件表示
  • クリスティアン・エリクセン

    クリスティアン・エリクセンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    クリスティアン・ダンネマン・エリクセン(Christian Dannemann Eriksen, 1992年2月14日 - )は、デンマーク出身のサッカー選手。エールディヴィジ・アヤックス所属。ポジションはMF。デンマークサッカー界を代表する選手、ミカエル・ラウドルップの再来と言われている。クリスティアン・エリクセン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オビク

    マイケル・オビクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    フェイエノールトでの最初のシーズンは、ヴィレム・ファン・ハネヘム監督の下でハストン・タウメント, ジョン・ファンルーンとポジション争いを繰り広げた。1992年8月12日、PSVアイントホーフェン戦でデビューをするも0-1で敗北した。なかなかスタメンとして出場することが出来なかったが、スーパーサブとして21試合出場7得点を記録、2位のPSVと勝ち点2差でエールディヴィジ優勝した。翌1993-94シーズン、チームはリーグ戦準優勝・KNVBカップ優勝するも、オビク自身は夏にヘンリク・ラーションが移籍してきたことにより序列が4番目に後退、16試合3ゴールを記録した。マイケル・オビク フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・アフェレイ

    イブラヒム・アフェレイから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    ユトレヒトにあるUSVエリンクワイクというアマチュアクラブでサッカーを始め、2003年にPSVアイントホーフェンの下部組織に入団すると、2004年2月4日のKNVBカップ・NACブレダ戦でデビューした。10日後の2月14日、FCトゥヴェンテ戦でエールディヴィジデビューし、2003-04シーズンはもう1試合に出場して公式戦3試合に出場した。2004-05シーズンは7試合に出場し、2005年5月15日のフェイエノールト戦では大きな衝撃を与える2得点を記録した。イブラヒム・アフェレイ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ゲレツ

    エリック・ゲレツから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    オランダリーグ優勝 1985-86, 1986-87, 1987-88, 1988-89, 1990-91, 1991-92(PSVアイントホーフェン)エリック・ゲレツ フレッシュアイペディアより)

  • アルナ・コネ

    アルナ・コネから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    コートジボワールの首都アビジャン郊外にあるアニャマ(Ányama)に生まれ、他の多くの少年と同じようにストリートサッカーに興じた。父親は勉学に集中して欲しいと願ったが、アルナはプロのサッカー選手に憧れていた。9歳の時に父親が死去すると、母親はアルナの大志に賛同し、地元のRSダニャマの下部組織に入団した。コートジボワールから世界に羽ばたいて成功を収めたサッカー選手は小さなクラブの下部組織に入団するのではなく、アビジャンにあるASECアビジャンの下部組織に入団することが多く、兄のバカリ・コネもASECアビジャン出身である。サッカーに集中するために16歳の時に学校に行くのを辞め、17歳の時にRSダニャマトップチームに昇格し、チームのコートジボワール・プレミア・ディビジョン(1部)昇格に貢献した。2002年にはフランスのRCランスのトライアルに招待されたが、個人的な事情によりランスではなくベルギーのリールセSKと契約した。リールセではチームメイトと良好な関係を築き、同じコートジボワール人のAdolphe TohouaもリールセSKに加入した。デビューシーズンの2002-03シーズンは印象的な活躍を見せ、32試合に出場して11得点を挙げた。2003年夏には、わずか1シーズンプレーしただけでオランダのローダJCに引き抜かれた。アルナ・コネ フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷保雄

    倉敷保雄から見たエールディビジエールディヴィジ

    好きな選手はヤリ・リトマネン。好きなチームはかつてリトマネンが活躍していたアヤックス(エールディビジ)の他、コリンチャンス(ブラジル)、アラベス(リーガ・エスパニョーラ)、マインツ(ドイツ・ブンデスリーガ)等。Jリーグにも好きなチームはあるというが公表はしていない。プロ野球は西岡明彦同様、中日ドラゴンズのファンである。倉敷保雄 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ロンメダール

    デニス・ロンメダールから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    コペンハーゲンのBispebjerg地区に生まれ、B.93やリンビーFCなどのユースチームに所属した。1995年、デンマーク・スーペルリーガに属するリンビーFCでプロデビューした。1997年、エールディヴィジのPSVアイントホーフェンに移籍し、3月22日のSCヘーレンフェーン戦でデビューした。1997-98シーズンはRKCヴァールヴァイクにレンタル移籍し、1998-99シーズンは高速ドリブルで相手DFを振り切っての正確なクロスでチームに貢献した。PSVアイントホーフェンでは4回のリーグ優勝、4回の国内カップ優勝を果たした。デニス・ロンメダール フレッシュアイペディアより)

  • アラス・オズビリズ

    アラス・オズビリズから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2009年6月に、未来(アヤックスのトレーニング・グラウンド)から出てくる最も有望なタレントに送られる"Talent van de Toekomst"(未来のタレント)賞に選ばれた。2010年11月28日に、2-0で勝利したVVVフェンロ戦でテーム・タイニオと交代で出場しエールディヴィジデビューを果たした。その試合を観戦したフランク・デ・ブールは、オズビリズのスタイルはリオネル・メッシのようだと語った。2011年4月3日のヘラクレス・アルメロ戦で80分に初のリーグゴールを決め、ホームで3-0と勝利した。アラス・オズビリズ フレッシュアイペディアより)

  • クラース・ヤン・フンテラール

    クラース・ヤン・フンテラールから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2006年オランダ年間最優秀選手を受賞。オランダ代表の一員として出場した2006 U-21欧州選手権では得点王となり、大会ベストイレブンに選出された。彼がU-21オランダ代表として記録したゴールは18を数え、これは歴代最多記録である。オランダ国内リーグでは2005-06、2007-08シーズンの2度エールディヴィジ得点王に輝いた。クラース・ヤン・フンテラール フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2011年7月14日 - BSデジタル放送の開始に伴い、チャンネル名を以下の通りに変更することを発表。また、新ロゴやサッカーオランダリーグのエールディヴィジと、ロシアサッカー・プレミアリーグの放映権を獲得したこともあわせて発表。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

373件中 41 - 50件表示

「エールディヴィジ」のニューストピックワード