536件中 71 - 80件表示
  • レザ・グーチャンネジャード

    レザ・グーチャンネジャードから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    レザ・グーチャンネジャード(, , 1987年9月20日-)は、イラン・マシュハド出身の同国代表サッカー選手。エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属。ポジションはFW。グッチと呼ばれることもある。レザ・グーチャンネジャード フレッシュアイペディアより)

  • ジェフェルソン・ファルファン

    ジェフェルソン・ファルファンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2004-05シーズン、フース・ヒディンク率いるオランダのPSVアイントホーフェンに引き抜かれる。2005-06、2006-07シーズンと2季続けて21得点を挙げるなど、チームのエールディヴィジ4連覇に貢献した。ジェフェルソン・ファルファン フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2004年にチェルシーに移籍したがプレミアリーグの就労条件をクリアできず、一度もプレーすることなくオランダのPSVにレンタル移籍した。PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となり、リーグ3連覇とチャンピオンズリーグ上位進出に貢献している。2007年に就労ビザが発行され、晴れてチェルシーに復帰した。ただし、チェルシー加入後はジョン・テリー、リカルド・カルヴァーリョに次ぐ3番手であり出場機会が減少。加入2年目には本人も移籍願望を口に出したため、冬の移籍が決定的かと思われたが、カルバーリョの長期離脱によりレギュラーを確保。残留し、シーズン終盤までスタメンとしてプレーした。しかし、2009-10シーズンはカルヴァーリョが復帰したため、再び控えに回った。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ウーデゴール

    マルティン・ウーデゴールから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    マルティン・ウーデゴール(Martin Ødegaard, ; 1998年12月17日 - )は、ノルウェー・ブスケルー県ドランメン出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属。ノルウェー代表。マルティン・ウーデゴール フレッシュアイペディアより)

  • アヤックス・アムステルダム

    アヤックス・アムステルダムから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    AFCアヤックス () 、略称アヤックス・アムステルダム、アヤックスは、オランダ・北ホラント州・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。アヤックス・アムステルダム フレッシュアイペディアより)

  • アルフレズ・フィンボガソン

    アルフレズ・フィンボガソンから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    SCヘーレンフェーンとロケレンはクラブ間合意に達した後、2012年8月16日にフィンボガソンは、エールディヴィジのSCヘーレンフェーンに3年契約で移籍した。アルフレズ・フィンボガソン フレッシュアイペディアより)

  • 宮市亮

    宮市亮から見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2010年1月にドイツ・ブンデスリーガに所属するFCケルンの練習に参加し、世界に目をむけるようになる。同年8月に再び海を渡り、イングランド・プレミアリーグのアーセナルと、オランダ・エールディビジのアヤックスの練習に参加し、アーセナル監督を務めるアーセン・ベンゲルから高く評価され、5年という長期契約のオファーを受けた。同年12月18日、アーセナルへの加入が正式に発表された。しかし、宮市は英国の就労ビザ発行基準を満たしておらず、イングランドでプレーすることが許可されなかったため、2011年1月31日、オランダエールディヴィジ・フェイエノールトへ期限付き移籍することが決定した。宮市亮 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アルベルト・スアレス

    ルイス・アルベルト・スアレスから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    エールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラと3つのリーグで得点王を獲得し、ウルグアイ代表の通算得点記録を持つストライカー。クラブ、代表、個人で数々のタイトルを獲得している一方で、後述のようにピッチ内外での行動に問題の多い選手である。ルイス・アルベルト・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • ハーフナー・マイク

    ハーフナー・マイクから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    2011年12月21日に、オランダ1部・エールディヴィジのフィテッセに2年半契約で完全移籍した。2012年1月27日のPSV戦でエールディヴィジでの初ゴールを挙げた。2012-13シーズンは、開幕から好調を維持し、エールディヴィジ所属の日本人選手では過去最多となる11得点を挙げる活躍を見せた。2013-14シーズンも2季連続で二桁得点を記録した。ハーフナー・マイク フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ミハイロフ

    ニコライ・ミハイロフから見たエールディヴィジエールディヴィジ

    当面は、ホセ・マヌエル・レイナとシャルル・イタンジュの控えとして考えられていたが、7月14日までにイギリスの労働許可証を取得できない可能性があることが判明し、最終的にオランダ・エールディヴィジのFCトゥウェンテへ1年間の契約でレンタル移籍した。サンデル・ボスフケルとの控えを務め、全く試合に出場できない時期が続いたが、FCトゥウェンテは彼の才能を認めており、2008年夏にレンタル期間を1年延長した。ニコライ・ミハイロフ フレッシュアイペディアより)

536件中 71 - 80件表示