29件中 11 - 20件表示
  • オアシズ

    オアシズから見た芸能界

    1999年9月18日放送の『めちゃ?イケてるッ!』にて大久保の芸能界復帰記者会見(大久保が加藤浩次と結婚するというダマシ企画)を行い、2000年11月には同番組の中でコンビ活動再開を発表した。2012年現在、2人とも同番組のレギュラー出演者である。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見たアッコにおまかせ!

    幼なじみであった2人が、1992年8月に早稲田大学のお笑いサークル「早稲田寄席演芸研究会」内で結成。当初のコンビ名は「オアCズ」であった。コンビ名の由来は特になく、同じサークルに所属していたMANZAI-Cの森が適当につけたと言われるが、2008年11月16日放送の『アッコにおまかせ!』にて、イギリスのロックバンドオアシスにちなんだものと光浦が説明している。ちなみに、2人をお笑いの世界へ誘ったのはブッチャーブラザーズのぶっちゃあであった。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た早稲田大学

    幼なじみであった2人が、1992年8月に早稲田大学のお笑いサークル「早稲田寄席演芸研究会」内で結成。当初のコンビ名は「オアCズ」であった。コンビ名の由来は特になく、同じサークルに所属していたMANZAI-Cの森が適当につけたと言われるが、2008年11月16日放送の『アッコにおまかせ!』にて、イギリスのロックバンドオアシスにちなんだものと光浦が説明している。ちなみに、2人をお笑いの世界へ誘ったのはブッチャーブラザーズのぶっちゃあであった。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た『ぷっ』すま

    2011年2月22日放送の『『ぷっ』すま 』に光浦がゲスト出演し、「ウィキペディアで調べたら、オアシズが解散したことになっていた」と発言した。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た芸能事務所

    オアシズは、お笑いコンビ。所属事務所はプロダクション人力舎。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た新しい波 (テレビ番組)

    1992年、テレビ番組『新しい波』にコンビで出演するが、翌年光浦だけが『とぶくすり』レギュラーに選ばれた。これは番組スタッフの「光浦は笑えるブスだが、大久保は笑えないブスだから」という理由によるもの。2010年7月24日放送の土曜スタジオパークでは、光浦曰く、「コント番組をするにあたって、美人とブスの女の子をキャスティングすれば作りやすくなるから、プロデューサーがブスな女芸人を探していた時に、私たちオアシズが見つかった」「当時私は、自分がブスだということを自覚していたけれど、大久保さんはそれを認めてなかった」と語った。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た愛知県立成章高等学校

    共に愛知県田原市出身。愛知県立成章高等学校卒。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見たコント

    1995年、お笑い挑戦番組『GAHAHA王国』に、コントで出演。審査員は光浦を評して、「山田邦子以来のお笑いスター」「十年に一人の逸材」と絶賛した。毎回、光浦が登場すると客席からどよめきが起こるほどの人気だったが、まもなく同番組は終了。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見たとぶくすり

    1992年、テレビ番組『新しい波』にコンビで出演するが、翌年光浦だけが『とぶくすり』レギュラーに選ばれた。これは番組スタッフの「光浦は笑えるブスだが、大久保は笑えないブスだから」という理由によるもの。2010年7月24日放送の土曜スタジオパークでは、光浦曰く、「コント番組をするにあたって、美人とブスの女の子をキャスティングすれば作りやすくなるから、プロデューサーがブスな女芸人を探していた時に、私たちオアシズが見つかった」「当時私は、自分がブスだということを自覚していたけれど、大久保さんはそれを認めてなかった」と語った。オアシズ フレッシュアイペディアより)

  • オアシズ

    オアシズから見た即興

    2010年5月31日放送の『お笑いさぁ〜ん』で、オアシズとしては12年振りとなるコントを、また同番組MCのさまぁ〜ずと共に4人でも即興コントを演じた。オアシズ フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「オアシズ」のニューストピックワード