94件中 21 - 30件表示
  • 神之瀬峡

    神之瀬峡から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    また野生動物も多く、クマタカやオオサンショウウオ等も生息している。神之瀬峡 フレッシュアイペディアより)

  • 隔離分布

    隔離分布から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    非常に古い性質の生物、いわゆる生きている化石と呼ばれる生物には、隔離分布をするものがよく見られる。例えば肺魚はアフリカ、南アメリカ、オーストラリアに一属ずつが生息する。同じく古代魚のアロワナは、アマゾンと東南アジア、それにオーストラリアにある。オオサンショウウオは日本と中国、それに北アメリカにある。ちなみに化石はヨーロッパからも知られている。隔離分布 フレッシュアイペディアより)

  • 小鹿渓

    小鹿渓から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    水棲生物ではヤマメ、イワナ、オオサンショウウオの棲息地となっている。小鹿渓 フレッシュアイペディアより)

  • おおいた遺産

    おおいた遺産から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    オオサンショウウオと生息地(宇佐市)おおいた遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 和良村

    和良村から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    国の特別天然記念物であるオオサンショウウオが生息する和良川が流れる和良村 フレッシュアイペディアより)

  • 向山満

    向山満から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    1942年新潟県生まれ。1965年弘前大学卒業。兵庫教育大学大学院修士課程修了。青森県立三戸高等学校教諭を務めた後、定年退職。コウモリなど調査やフェスティバル参加の例としては、2004年対馬(同行者は河合久仁子、福井大、赤坂卓美)、2001年7月7日天間館神社(同行者は福井大ほか)、1991年11月オオサンショウウオ三重県(案内は佐野明)、1993年8月天間館神社(同行者は三笠暁子、重昆達也、水野昌彦)、1995年8月コウモリフェスティバル乗鞍高原、2003年5月31日柏崎、1994年日本哺乳類学会東京農工大学大会、2008年2月24日宮古市に遠藤公男氏を訪問、などがある。NPO法人コウモリの保護を考える会元理事長、NPO法人おおせっからんど元理事長。2012年11月18日、コウモリ保護活動中の事故で逝去。 コウモリの会(2003年の事務局長は水野昌彦)は、コウモリ通信Vol.20.No.1(通巻25号)1を「向山満先生追悼特集」として 発行した。向山満 フレッシュアイペディアより)

  • 須坂市動物園

    須坂市動物園から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    千曲川で捕獲されたオオサンショウウオ(国の特別天然記念物)が1頭展示されていたが2008年5月に死亡。須坂市動物園 フレッシュアイペディアより)

  • エリートヤンキー

    エリートヤンキーから見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    身長差が25cmもあるにも関わらず、座ると座高が一緒。浅草花月の出番の際にはつかみに使うこともある。橘はこのことを「怪奇現象」や、「簡単なテーブルマジック」と述べている。身長165cmの成人男性の平均座高が88cm程度なのに対し、橘の座高は93cm(ライスのシチサンLIVEより)。オオサンショウウオもしくは特大のヒラメと同じような体型とのこと。エリートヤンキー フレッシュアイペディアより)

  • 日吉ダム

    日吉ダムから見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    2006年(平成18年)には国の特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているオオサンショウウオが発見され、ダム湖の水質は高いレベルで維持されていることが判明した。日吉ダム フレッシュアイペディアより)

  • コーちゃん

    コーちゃんから見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    豊岡市の市鳥であるコウノトリを基にしたデザイン。豊岡市のコウノトリ野生復帰の取組みと環境都市に向けたまちづくりを紹介するために、市の両生類であるオオサンショウウオを基にした「オーちゃん」とともに活躍。1994年に「但馬・理想の都の祭典」の際に設定され、同じくコウノトリを基にしたマスコットキャラクター「こうちゃん」も存在するが、コーちゃんとは別のキャラクターである。コーちゃん フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「オオサンショウウオ」のニューストピックワード