94件中 31 - 40件表示
  • 狗留孫峡

    狗留孫峡から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    その源流は熊本県の白髪岳にある。基盤岩の四万十層を侵食し、断崖は100m以上、岩峰や巨石が所々に見られ、溶結凝灰岩が分布する。原生林で覆われ、ヤマメやオオサンショウウオなどの動物が生息する。キャンプ場の施設もあり、バイクでツーリングする姿も見られる。谷の奥には栄西が熊野三所権現を勧請して建立した、日本で2番目に古い禅寺「端山(はやま)寺」跡もある。地元では親しみを込めて「オクロソン(オクルソン)」とも呼ぶ。狗留孫峡 フレッシュアイペディアより)

  • オーちゃん

    オーちゃんから見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    豊岡市に自生する両生類オオサンショウウオを基にしたデザイン。同市のコウノトリ野生復帰の取組みと環境都市に向けたまちづくりを紹介するために、市の鳥であるコウノトリを基にした「コーちゃん」とともに活躍。オーちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 玄さん

    玄さんから見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    玄さん(げんさん)とは、兵庫県豊岡市のマスコットキャラクターで、市の鳥のコウノトリのコーちゃん、市の両生類のオオサンショウウオのオーちゃんに続くもの。正式な名前は「玄武岩の玄さん」。玄さん フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木紀政

    佐々木紀政から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    佐々木 紀政(ささき のりまさ、1970年5月 - )は広島県呉市の彫刻家。主に木材を使い、主に猫やオオサンショウウオなど、動物をモチーフとした作品を制作。佐々木紀政 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林

    京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    植生同様当研究林内には多くの生物が生息しており、哺乳類ではツキノワグマやニホンカモシカ、ニホンザル、ニホンジカ、イノシシ、タヌキ、アカギツネ、ニホンアナグマ、ニホンノウサギなどといった中大型の哺乳類をはじめ、ヤマネ、ムササビといった小型の哺乳類も生息しており、その中にはクロホオヒゲコウモリやミズラモグラなどの貴重な種も生存している。鳥類ではコノハズクやヤマセミ、オシドリなどをはじめオオタカやハイタカなどの猛禽類も見られ、まれにイヌワシも見られる。爬虫類ではニホンマムシやヤマカガシ、アオダイショウ、シマヘビ、ニホンカナヘビ、ニホンイシガメ、ジムグリ、シロマダラを見ることができる。両生類では特別天然記念物であるオオサンショウウオをはじめ、ハコネサンショウウオやヒダサンショウウオ、モリアオガエルやカジカガエルなどを見ることができる。昆虫もカブトムシやクワガタ、ミヤマカラスアゲハをはじめとした大型の個体から小型の個体まで、多く見られる種から貴重な種まで多種多様な昆虫が生息しており、中には芦生で新たに記録された種もいくつか見られる。京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林 フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ科

    オオサンショウウオ科から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    Andrias japonicus オオサンショウウオ Japanese giant salamanderオオサンショウウオ科 フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ属

    オオサンショウウオ属から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    Andrias japonicus オオサンショウウオ Japanese giant salamanderオオサンショウウオ属 フレッシュアイペディアより)

  • 天変地異説

    天変地異説から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    ノアの洪水伝説を科学的な地球の歴史の上に位置付けるべき、との考えはイギリスのカルトジオ会修道院の院長バーネットの著書『聖なる地球理論』(1680)にさかのぼると言う。化石の由来をノアの洪水に求めたものは、たとえばショイヒツァーはスイスで人骨のようにも見える大型脊椎動物の化石を発見し、これを「ノアの洪水で死んだ罪深い人」と判断し、ホモ・デルブィイと名付けた例などがある。これを調べ直してそれが日本のオオサンショウウオに近いものであることを見いだしたのが実はキュヴィエである。キュヴィエは比較解剖学を元に化石の研究を行い、古生物学の基礎を築いた。天変地異説 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生川 (鳥取県)

    蒲生川 (鳥取県)から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    流域で見られる貴重な動物としては、日本最小のハッチョウトンボ、絶滅危惧種のカスミサンショウウオが挙げられる。このほか上流の湛水域ではオオサンショウウオ、カワムツ、タカハヤが生息し、岩場や渓流域にはドンコが分布している。蒲生川 (鳥取県) フレッシュアイペディアより)

  • 五十河

    五十河から見たオオサンショウウオオオサンショウウオ

    竹野川の源流部である五十河には豊かな自然林が展開されている。「五十河」「新宮」周辺にはアカマツ林が分布し、山間部にはシデ・ナラなどの落葉広葉樹林が広がるほか、急斜面に近畿地方屈指の自然ブナ林が広がる。ブナは一般的に600m以上で生育するとされるが、内山山系のブナ林は450m前後から始まっているのが特徴である。高山から伸びる各尾根は平均傾斜角25度以上の急斜面を持ち、高山山頂からやや南には、胸高周囲3.65m・樹高23mの京都府下最大のブナの巨木がある。五十河地区の山間部は丹後半島有数の多雪地域であり、植生は日本海側要素が濃く京都府北部を代表する自然景観を持っている。「内山」は特別天然記念物のオオサンショウウオの生息地として知られ、地元ではアンコ、コタラギなどと呼ばれた。五十河 フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「オオサンショウウオ」のニューストピックワード