前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た北大路魯山人

    北大路魯山人の著作『魯山人味道』によると、さばいた際に強い山椒の香りが家中に立ち込めたといい、魯山人はこれが山椒魚の語源ではないかと推測している。最初は堅かったが、数時間煮続けると柔らかくなり、香りも抜けて非常に美味であったという。また、白土三平『カムイ外伝』でも食用とする場面が見られ、半分にしても生きている「ハンザキ」と説明されている。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たカレル・チャペック

    井伏鱒二の短編小説『山椒魚』には大型のサンショウウオが登場し、おそらくオオサンショウウオのことであると思われる。また、つげ義春も『山椒魚』という漫画作品を発表しており、こちらは明らかにオオサンショウウオが描かれている。カレル・チャペックの『山椒魚戦争』はこの属の山椒魚が人類の敵となるSF小説である。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た白土三平

    北大路魯山人の著作『魯山人味道』によると、さばいた際に強い山椒の香りが家中に立ち込めたといい、魯山人はこれが山椒魚の語源ではないかと推測している。最初は堅かったが、数時間煮続けると柔らかくなり、香りも抜けて非常に美味であったという。また、白土三平『カムイ外伝』でも食用とする場面が見られ、半分にしても生きている「ハンザキ」と説明されている。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た井伏鱒二

    井伏鱒二の短編小説『山椒魚』には大型のサンショウウオが登場し、おそらくオオサンショウウオのことであると思われる。また、つげ義春も『山椒魚』という漫画作品を発表しており、こちらは明らかにオオサンショウウオが描かれている。カレル・チャペックの『山椒魚戦争』はこの属の山椒魚が人類の敵となるSF小説である。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たつげ義春

    井伏鱒二の短編小説『山椒魚』には大型のサンショウウオが登場し、おそらくオオサンショウウオのことであると思われる。また、つげ義春も『山椒魚』という漫画作品を発表しており、こちらは明らかにオオサンショウウオが描かれている。カレル・チャペックの『山椒魚戦争』はこの属の山椒魚が人類の敵となるSF小説である。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た外来種

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たカムイ外伝

    北大路魯山人の著作『魯山人味道』によると、さばいた際に強い山椒の香りが家中に立ち込めたといい、魯山人はこれが山椒魚の語源ではないかと推測している。最初は堅かったが、数時間煮続けると柔らかくなり、香りも抜けて非常に美味であったという。また、白土三平『カムイ外伝』でも食用とする場面が見られ、半分にしても生きている「ハンザキ」と説明されている。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たミミズ

    食性は動物食で、魚類、カエル、甲殻類、貝類、ミミズなどを食べる。貪欲で水中で遭遇した動物質には襲いかかり、共食いすることもある。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たカエル

    食性は動物食で、魚類、カエル、甲殻類、貝類、ミミズなどを食べる。貪欲で水中で遭遇した動物質には襲いかかり、共食いすることもある。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た国際自然保護連合

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「オオサンショウウオ」のニューストピックワード