42件中 11 - 20件表示
  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たレッドリスト

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たオオサンショウウオ属

    オオサンショウウオ(Andrias japonicus)は、両生綱有尾目オオサンショウウオ科オオサンショウウオ属に分類される有尾類。別名ハンザキ。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た両生類

    オオサンショウウオ(Andrias japonicus)は、両生綱有尾目オオサンショウウオ科オオサンショウウオ属に分類される有尾類。別名ハンザキ。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た希少野生動植物種

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た

    標高400-600メートルにある河川の上流域に生息する。完全水生。夜行性で、昼間は水辺に掘った巣穴などで休む。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た湯原町

    開発による生息地の破壊、人為的に移入されたチュウゴクオオサンショウウオとの競合などにより生息数は減少している。日本では1927年に和良村(現:郡上市)の和良川および支流域(1932年に八幡町の鬼谷川水系、1933年に大和町の小間見川水系が追加)、川上村と中和村、八束村、湯原町(現:真庭市)、院内町(現:宇佐市)と湯布院町(現:由布市)がそれぞれ「オオサンショウウオ生息地」として国の天然記念物、1951年に種として国の天然記念物、1952年に特別天然記念物に指定されている。。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たチュウゴクオオサンショウウオ

    開発による生息地の破壊、人為的に移入されたチュウゴクオオサンショウウオとの競合などにより生息数は減少している。日本では1927年に和良村(現:郡上市)の和良川および支流域(1932年に八幡町の鬼谷川水系、1933年に大和町の小間見川水系が追加)、川上村と中和村、八束村、湯原町(現:真庭市)、院内町(現:宇佐市)と湯布院町(現:由布市)がそれぞれ「オオサンショウウオ生息地」として国の天然記念物、1951年に種として国の天然記念物、1952年に特別天然記念物に指定されている。。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た八束村 (岡山県)

    開発による生息地の破壊、人為的に移入されたチュウゴクオオサンショウウオとの競合などにより生息数は減少している。日本では1927年に和良村(現:郡上市)の和良川および支流域(1932年に八幡町の鬼谷川水系、1933年に大和町の小間見川水系が追加)、川上村と中和村、八束村、湯原町(現:真庭市)、院内町(現:宇佐市)と湯布院町(現:由布市)がそれぞれ「オオサンショウウオ生息地」として国の天然記念物、1951年に種として国の天然記念物、1952年に特別天然記念物に指定されている。。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「オオサンショウウオ」のニューストピックワード