42件中 21 - 30件表示
  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た有尾目

    オオサンショウウオ(Andrias japonicus)は、両生綱有尾目オオサンショウウオ科オオサンショウウオ属に分類される有尾類。別名ハンザキ。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た交雑

    京都府の賀茂川において、食用として人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化しており、在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。近年の調査では、賀茂川での調査によって捕獲された111匹のオオサンショウウオのうち、13%がチュウゴクオオサンショウウオ、44%が雑種であるという結果が出ている。しかし、チュウゴクオオサンショウウオもIUCNレッドリストの「絶滅寸前(CR)」、ワシントン条約附属書Iに記載、種の保存法の国際希少野生動植物種に指定(「アンドリアス属(オオサンショウウオ属)全種」として)されており、法令等により保護されている。そのため、単純に外来種として処理できず、問題が複雑化している。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た共食い

    食性は動物食で、魚類、カエル、甲殻類、貝類、ミミズなどを食べる。貪欲で水中で遭遇した動物質には襲いかかり、共食いすることもある。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た夜行性

    標高400-600メートルにある河川の上流域に生息する。完全水生。夜行性で、昼間は水辺に掘った巣穴などで休む。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た山椒

    北大路魯山人の著作『魯山人味道』によると、さばいた際に強い山椒の香りが家中に立ち込めたといい、魯山人はこれが山椒魚の語源ではないかと推測している。最初は堅かったが、数時間煮続けると柔らかくなり、香りも抜けて非常に美味であったという。また、白土三平『カムイ外伝』でも食用とする場面が見られ、半分にしても生きている「ハンザキ」と説明されている。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た山椒魚戦争

    井伏鱒二の短編小説『山椒魚』には大型のサンショウウオが登場し、おそらくオオサンショウウオのことであると思われる。また、つげ義春も『山椒魚』という漫画作品を発表しており、こちらは明らかにオオサンショウウオが描かれている。カレル・チャペックの『山椒魚戦争』はこの属の山椒魚が人類の敵となるSF小説である。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たオオサンショウウオ科

    オオサンショウウオ(Andrias japonicus)は、両生綱有尾目オオサンショウウオ科オオサンショウウオ属に分類される有尾類。別名ハンザキ。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見たセンチメートル

    最大全長150センチメートル。野生個体では全長100センチメートルに達することは極めてまれで、全長50-70センチメートル。皮膚は無数の小さな疣状で覆われる。体側面や四肢の後部では襞状に皮膚が伸長する。背面の色彩は暗褐色で、不規則な黒い斑紋が入る。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た山椒魚 (小説)

    井伏鱒二の短編小説『山椒魚』には大型のサンショウウオが登場し、おそらくオオサンショウウオのことであると思われる。また、つげ義春も『山椒魚』という漫画作品を発表しており、こちらは明らかにオオサンショウウオが描かれている。カレル・チャペックの『山椒魚戦争』はこの属の山椒魚が人類の敵となるSF小説である。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウウオ

    オオサンショウウオから見た出石川

    中流や下流でも見られることがあり、市街地近くや水田の水路に生息していることもある。実際に兵庫県出石川下流での護岸工事のときに400匹以上が見つかっている。オオサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「オオサンショウウオ」のニューストピックワード