89件中 11 - 20件表示
  • ヌバ族

    ヌバ族から見たオクラオクラ

    シコクビエ、モロコシ、トウモロコシ、ゴマ、オクラ、メロン、ヒョウタン、ワタ、タバコなどを栽培する農耕民族で、牛、ヤギ、羊、鶏、馬、ロバ、豚などの畜産も盛んである。父系クランと母系クランが混在しており、相続に関する規定は特にない。ヌバ族 フレッシュアイペディアより)

  • 夏野菜

    夏野菜から見たオクラオクラ

    夏野菜(なつやさい)とは、野菜の中での特に夏期に収穫されるものをいい、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラ、トウモロコシ、ニラ、カボチャ、ズッキーニなどが代表的である。夏野菜 フレッシュアイペディアより)

  • バンバラ族

    バンバラ族から見たオクラオクラ

    トウジンビエ、モロコシ、フォニオ、ササゲ、バンバラナット、オクラ、ヒョウタン、ゴマ、ワタ、アブラヤシ、シアバターなど多彩な農作物を栽培する農耕民で、交易の核としている。バンバラ族 フレッシュアイペディアより)

  • ツノゴマ属

    ツノゴマ属から見たオクラオクラ

    ツノゴマ属のすべての種は、成熟により木質化する前は、食用する事ができ、オクラのように蒸して食用する。いくつかの種 (特にP. parviflora) は、アメリカ先住民族であるパパゴ族により編みかごに使用され、「爪」が長い品種が選抜された。 Hia C-e? O'odham族 およびパパゴ族は種子を食べ、古代では種子は、栄養値の高い植物油の重要な源であった。ツノゴマ属 フレッシュアイペディアより)

  • アマスィヤ県

    アマスィヤ県から見たオクラオクラ

    黒海の近くにもかかわらず、アマスィヤは高度が高く、乾燥した気候である。このため夏は暑く、冬は寒い。アマスィヤは農業が盛んであり、リンゴの生育が良い。また、桃、チェリー、オクラ、タバコなども生産しているアマスィヤ県 フレッシュアイペディアより)

  • シニガン

    シニガンから見たオクラオクラ

    シニガンに使用する肉(魚肉、豚肉、牛肉、エビ、鶏肉など)は、タマリンド、トマト、ニンニク、玉ねぎとともに煮込むことが多い。この他に使用することが多い野菜としては、オクラ、タロイモ("gabi")、大根 ("labanós")、空心菜 (kangkóng)、ジュウロクササゲ("sitaw")、ナス("talóng")等がある。フィリピン人の大多数は、味のアクセントとして緑のキダチトウガラシを入れたシニガンを好む。シニガン フレッシュアイペディアより)

  • アンティグア・バーブーダ料理

    アンティグア・バーブーダ料理から見たオクラオクラ

    アフリカからの影響を受けた食物としてはオクラ、サトイモ、タロイモ、ナス、フジマメがある。一般的な料理の一つ(Ducana)は、ガーナのDokono(トウィ語でOdokono)に由来し、フンジー(FungiまたはFungee)はフフから派生した料理である。アンティグア・バーブーダ料理 フレッシュアイペディアより)

  • キルワ島 (タンザニア)

    キルワ島 (タンザニア)から見たオクラオクラ

    島はサバナ気候に属し、大小の乾季と雨季が訪れる。島の住民は農耕によって家庭で消費する食料を栽培し、漁業によって収入を得る半漁半農の生活を営んでいる。年間降水量の平均は約1,000mmで、3月から5月にかけて大雨季と11月から1月にかけての小雨季を利用した天水農耕が行われている。島の畑ではトウモロコシ、ソルガム、陸稲といった主食、キャッサバ、オクラ、ラッカセイ、トウガン、ゴマ、カシューナッツなどの作物が栽培されている。キルワ島 (タンザニア) フレッシュアイペディアより)

  • サンバール

    サンバールから見たオクラオクラ

    サンバル、サンバール、サンバー、サーンバール(sambhar, ????????)は南インドで食べられるスパイスを使ったスープ。キマメ(Cajanus cajan)と野菜を煮込んで作る。使われる野菜は季節のものが多く、ナス、大根、オクラ、カボチャなどといったさまざまなものを単独で、または組み合わせて使用する。サンバール フレッシュアイペディアより)

  • ねばる女

    ねばる女から見たオクラオクラ

    納豆を郷土料理に定着させ、観光客や地域市民にPRするために開発された丼料理である。納豆のほか、山芋、オクラ、メカブ、ナメコなどがトッピングされている。なお、レシピは出演者の飯島直子が選定した。ねばる女 フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「オクラ」のニューストピックワード