60件中 11 - 20件表示
  • ばくだん丼

    ばくだん丼から見たオクラオクラ

    ばくだん丼(ばくだんどん)とは、生マグロ、納豆、生卵、オクラなどを丼に盛った飯の上に載せた料理。ばくだん丼 フレッシュアイペディアより)

  • ガラ人

    ガラ人から見たオクラオクラ

    「ガンボ」のガラ人によるバージョンは、アフリカ料理に起源がある。「ガンボ(gumbo)」は、オクラを意味するアンゴラのウンブンドゥ語の単語に由来している。ガラ人 フレッシュアイペディアより)

  • だし (郷土料理)

    だし (郷土料理)から見たオクラオクラ

    よく冷やした野菜を、五ミリ大に荒くみじん切りにし混ぜ合わせ、醤油や酒、うま味調味料などで味付けした上で数時間から一晩ほど寝かせる。主に茄子、胡瓜などの夏野菜と、少量の紫蘇、茗荷、葱、生姜などの香味野菜を用いる。もっとも、身近な野菜であれば食材を選ばず、人参、ピーマンなどの冷蔵庫の残り野菜を何でも使うことができる。オクラや昆布、納豆昆布を使って、粘り気を出すこともある。各家庭によって、それぞれに異なった味付けがあるのも特徴。 だし (郷土料理) フレッシュアイペディアより)

  • A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP

    A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SPから見たオクラオクラ

    加藤英美里:ドライ苺、オクラA&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP フレッシュアイペディアより)

  • コウガイケカビ

    コウガイケカビから見たオクラオクラ

    夏にカボチャやキュウリ、あるいはフヨウやオクラの花が枯れてしおれたものを見ると、その表面に一面にカビが生えているのを見ることができる。個々の胞子の柄が見えて、光を反射してキラキラしていれば、多分このカビである。この状態では単胞子性小胞子嚢をつけている。コウガイケカビ フレッシュアイペディアより)

  • シルック族

    シルック族から見たオクラオクラ

    農耕民であり、一箇所に定住し、シコクビエ、オクラ、ゴマ、スイカ、マメなどの栽培とウシ、ヤギ、ヒツジなどの牧畜を営む。基礎経済単価はウシが重要視され、結婚の際には夫側が妻側へ花嫁代としてウシを贈ることが知られている。父系リネージの分節構造を持ち、支配者層から首長が選出される。シルック族 フレッシュアイペディアより)

  • ソース・アラシッド

    ソース・アラシッドから見たオクラオクラ

    西アフリカの家庭料理ではピューレ状に煮込んだソースに米を付け合せるスタイルがごく一般的であり、日本のカレーライスの姿に近い。味付けとしては酸味を代表するトマト、甘味とコクを代表するピーナッツバター、辛さには赤唐辛子を使用する。小麦粉やすり潰したオクラの粉を入れてとろみが付けられることもある。ピーナッツバターで作られるベースとなるソースは、インドネシア版の串焼き料理といわれるサテーに使うタレの風味によく似ている。ソース・アラシッド フレッシュアイペディアより)

  • 作型

    作型から見たオクラオクラ

    果菜類の大部分(トマト、キュウリ、スイカ、オクラ、エダマメ他)、および葉菜類の一部(シソ、ニラ等)がこの分類型に属する。果菜類の多くは温度適応性の幅が狭く(これは不良環境下で枯死しやすいだけでなく、枯死しないまでも収穫部位である果実の発育が不可能などを含んでいる)、温度を中心とする環境調節技術によって作型を分化させている。基本形は以下のように分類される。作型 フレッシュアイペディアより)

  • 栖本町

    栖本町から見たオクラオクラ

    町の特産品は、デコポン、ポンカン、清見、イチゴ、ミニトマト、オクラ栖本町 フレッシュアイペディアより)

  • 吹田祐実

    吹田祐実から見たオクラオクラ

    好きな食べ物はオクラ吹田祐実 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「オクラ」のニューストピックワード