89件中 21 - 30件表示
  • とろみ

    とろみから見たオクラオクラ

    オクラ、モロヘイヤなど粘性のある野菜類とろみ フレッシュアイペディアより)

  • 南薩台地

    南薩台地から見たオクラオクラ

    調査結果を受けて1970年(昭和45年)から「国営南薩台地畑地かんがい事業」が始められた。この事業は台地東部を流れる集川、高取川、馬渡川の水を台地東方にある池田湖に導き、そこからポンプで揚水して台地上の灌漑に利用するもので、池田湖は調整池としての役割を担うことになった。大野岳を貫く長さ8.46キロメートルの導水トンネルなどが建設され、事業は1990年(平成2年)に完成した。これにより南薩台地上のみならず池田湖周辺地域にも農業用水が行き届くようになり、カボチャ、ニンジン、オクラなどの野菜や茶(鹿児島茶、知覧茶)などが栽培される一大農業地域となった。南薩台地 フレッシュアイペディアより)

  • A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP

    A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SPから見たオクラオクラ

    加藤英美里:ドライ苺、オクラA&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP フレッシュアイペディアより)

  • イケマ

    イケマから見たオクラオクラ

    花が終わると、秋に径1cm、長さ8 - 11cmの、ガガイモ科特有の袋果(果実)を2つずつつける。袋果は、オクラのような紡錘形をしており、中には種子を多数つくる。秋に袋果が割れ、白く長い種髪(毛束)をつけた長さ8mmほどの種子がはじけ、風邪により散布される。イケマ フレッシュアイペディアより)

  • リウォンデ

    リウォンデから見たオクラオクラ

    市場では様々な商品が扱われている。食品では、トウモロコシの粉、トマト、たまねぎ、キャベツ、バナナ、カボチャの葉、セイヨウアブラナの葉、キャッサバ、サツマイモ、ジャガイモ、コメ、インゲンマメ、ヤギ肉、卵のほか、旬の果物などが扱われている。また、ソラマメやナス、オクラ、サトウキビなども時折販売される。リウォンデ フレッシュアイペディアより)

  • セネガル料理

    セネガル料理から見たオクラオクラ

    訳すれば「オクラスープ」。肉とオクラを大鍋で煮込み、スープ状にする。塩や干し貝、唐辛子、ニンニク、ネテトゥで味を整えたのち、パーム油を注いで仕上げる。この煮込み汁を別鍋で炊いた飯にかけて食べる。セネガル料理 フレッシュアイペディアより)

  • シルック族

    シルック族から見たオクラオクラ

    農耕民であり、一箇所に定住し、シコクビエ、オクラ、ゴマ、スイカ、マメなどの栽培とウシ、ヤギ、ヒツジなどの牧畜を営む。基礎経済単価はウシが重要視され、結婚の際には夫側が妻側へ花嫁代としてウシを贈ることが知られている。父系リネージの分節構造を持ち、支配者層から首長が選出される。シルック族 フレッシュアイペディアより)

  • メカブ

    メカブから見たオクラオクラ

    その後は包丁などで細かく刻み、醤油やめんつゆ、その他の薬味を混ぜ米飯にかけて食べられたり、吸い物などスープに入れられたりする。同じく粘りのある納豆やとろろ、オクラ、鶏卵などの食材と合わせることや、調理法が応用されることもある。メカブ フレッシュアイペディアより)

  • ワ (ガーナ)

    ワ (ガーナ)から見たオクラオクラ

    玉蜀黍、雑穀、ヤム、オクラ、バンバラマメ、陸稲、マンゴーが中心である。ワ (ガーナ) フレッシュアイペディアより)

  • フィレパウダー

    フィレパウダーから見たオクラオクラ

    フィレパウダーは、クレオール料理の一種でしばしば飯の上にかけられる濃いスープ、シチューであるガンボを作るために用いられる。ガンボには様々な種類が存在し、ニューオリンズでは、アフリカやネイティブアメリカの起源を持ちながらも家々によって異なる。ケイン川のクレオールは、主にフィレでガンボを作るが、フィレは、濃度を付けるのに通常はオクラやルーを用いる地域でも、オクラの流通しない時期にガンボに濃度を付けるためにも用ることができる。調味料や増粘安定剤として、ガンボの上から少量振りかけることもできる。フィレパウダー フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示

「オクラ」のニューストピックワード