89件中 41 - 50件表示
  • サコタッシュ

    サコタッシュから見たオクラオクラ

    サコタッシュ (ナラガンセット語 sohquttahhash に由来し、「砕かれたトウモロコシの穀粒」を意味する) は、スイートコーンを主として、ライマメや他のマメと合わせて作られる料理である。トマトやパプリカ、オクラなどの材料が加えられることもある。豆果に穀物を加えることで、すべての必須アミノ酸に豊富な料理となる。比較的安価で手に入りやすい材料から作ることができるため、アメリカ合衆国において大恐慌の間に普及した。多くは伝統的なポットパイのように上に軽いパイ生地をのせて、キャセロールの形で調理されることがある。サコタッシュは、ペンシルベニアやニューイングランド地方において、感謝祭のお祝いの伝統的な料理である。アメリカ南部の一部では、野菜を混ぜ合わせたものに、ライマメを加えてラードやバターで覆った料理がサコタッシュと呼ばれている。トウモロコシ、、トマト、トウガラシは新大陸の食材である。サコタッシュ フレッシュアイペディアより)

  • チョウセンアサガオ属

    チョウセンアサガオ属から見たオクラオクラ

    生薬としてはハシリドコロの根(ロート根)やベラドンナの根が使われ、チョウセンアサガオはあまり用いられない。根をゴボウ、葉をモロヘイヤ、つぼみをオクラやシシトウ、種子をゴマと間違えて食べて食中毒になることがある。根を水に漬けて置くだけでも成分が溶出して、その液体を飲んで食中毒が発生することがある。花を活けた花びんの水を子供が誤って飲む危険性も指摘されている。また全身の粘膜からも成分が摂取されるので、たとえば草の汁が飛び散って目に入ったり、汁が付着した手で目を擦るなどした場合にも、散瞳や調節障害などが起こる。チョウセンアサガオに接ぎ木をした茄子の実を食べて記憶障害を伴う食中毒を起こした事例(2006年)もある。また、1980年代に、チョウセンアサガオのアルカロイドの生理作用を麻薬的な酩酊・多幸感作用を持つものと誤解した中学生が、友人等と炊いた白米に種子を降りかけて摂取し、集団中毒事件を起こしたこともあった。日本テレビの伊東家の食卓でもヒルガオの調理法を紹介する際に類似の危険を警告しなかったことから主婦が中毒を起こした例がある。チョウセンアサガオ属 フレッシュアイペディアより)

  • アドボ

    アドボから見たオクラオクラ

    レシピのバリエーションは非常に豊富で、煮汁を飛ばして日本料理の照り焼きのようにする例もあれば、シチューのように汁を残したものもある。獣肉ではなくイカを用いることも多く、この場合はイカ墨で煮汁が黒くなる。また、唐辛子で辛味を加えたものや、ココナッツミルクで煮込んで汁が白濁したもの、多量のグリーンピースと一緒に煮て汁が緑色をしたもの、牛肉や魚肉を用いるもの、ベニノキの種子を加えて汁に赤色がついたもの、ナスやエンサイ、オクラ、サヤインゲンなど野菜だけを煮たものもあり、外見も風味もまったく違う料理だが、いずれもアドボの一種である。共通しているのは、中心となる具材を酢に漬けて煮ることである。アドボ フレッシュアイペディアより)

  • カインチュア

    カインチュアから見たオクラオクラ

    タマリンドの他、メコン川から獲った魚、パイナップル、トマト、モヤシで出汁を作り、具として他にオクラ、ハスイモ (d?c mùng, b?c hà) などの野菜を使うこともある。カインチュアの具に合わせて、レモンのような香りのハーブであるシソクサ (ngò ôm) 、炒めたニンニク、ぶつ切りにしたネギの他、ベトナミーズコリアンダー (rau răm)、オオバコエンドロ (ngò gai)、タイバジル (rau qu?) 等のハーブが薬味として添えられる。カインチュア フレッシュアイペディアより)

  • キューバ料理

    キューバ料理から見たオクラオクラ

    今日のキューバの主な食材は、過去にスペイン人やアフリカ人によって持ち込まれたものが多い。先住民の共同体が早くに滅亡し、スペインからの独立が遅れたため、ラテンアメリカ諸国の中ではスペイン料理の影響を最も色濃く残している。独立後からキューバ革命まではアメリカ合衆国の影響下におかれたことからアメリカ料理の影響を受けるようになり、グリーンピースやアスパラガスなど温帯性の野菜や果物の缶詰が輸入され、高級食材として好んで用いられるようになった。一年を通して温暖な気候を利用して熱帯性の野菜や果物が栽培され、米や豆(いんげん豆、レンズ豆、ヒヨコ豆)、ユカ(キャッサバ)、バナナ、オクラ、豚肉、魚介類などを使った料理が中心となっている。キューバ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ブランズウィック (ジョージア州)

    ブランズウィック (ジョージア州)から見たオクラオクラ

    ブランズウィック市はブランズウィック・シチュー発祥の地とされている。これはトマトベースで、様々なライマメ、トウモロコシ、オクラ、その他の野菜と1種類以上の肉を煮込んだものである。レシピの大半ではリスやウサギの肉について信憑性を問うているが、鶏肉、豚肉、牛肉は普通に使われるものである。市の郊外にある25ガロン (95 L) の鉄鍋には、1898年にここでシチューが初めて料理されたことを伝える銘板が付されている(写真)。毎年10月に開催されるブランズウィック・ロッキン・シチュービリーでは、50以上のチームが出したシチューの味ききコンテストが行われる。1980年代にバージニア州ブランズウィック郡を招待してシチュー・コンテストを行い、ブランズウィックの「シチュー戦争」として「サザン・リビング」誌に取り上げられたとき、シチュービリーが有名になった。ブランズウィック (ジョージア州) フレッシュアイペディアより)

  • コウガイケカビ

    コウガイケカビから見たオクラオクラ

    夏にカボチャやキュウリ、あるいはフヨウやオクラの花が枯れてしおれたものを見ると、その表面に一面にカビが生えているのを見ることができる。個々の胞子の柄が見えて、光を反射してキラキラしていれば、多分このカビである。この状態では単胞子性小胞子嚢をつけている。コウガイケカビ フレッシュアイペディアより)

  • フランス領ルイジアナ

    フランス領ルイジアナから見たオクラオクラ

    奴隷の住まいは質素であった。単純な藁布団で眠った。多くの者はいくつかのトランクと台所用品を持っていた。奴隷の条件は主人から受ける待遇によって変わった。主人が残酷な場合、しばしば逃亡し沼地かニューオーリンズの市内に隠れた。しかし、逃亡奴隷が作った社会(マルーン)は多く短命であった。ルイジアナには西インド諸島で見られるようなマルーンの集落が知られることは無かった。一方で、カリブ海地方で見られた奴隷の反乱はあまり無かった。自由になれる確率が低く、また自由を買うこともできなかった。自由を得た奴隷(女性や元兵士に見られた)は小さな地域社会を形成し、差別と戦わねばならなかった。裁判になると彼らには厳しく、武器を持つ権利が無かった。奴隷はルイジアナ社会のクレオール化(言語、文化などの様々な人間社会的な要素の混交現象)に貢献した。奴隷はアフリカからオクラをもたらしたが、これがガンボ(アメリカ南部の料理)の準備に使われた。は黒人がキリスト教の教育を受けることを要求していたが、多くは密かに原始宗教を信じ、あるいは2つの信教の要素を結合させた。フランス領ルイジアナ フレッシュアイペディアより)

  • 南部料理 (アメリカ合衆国)

    南部料理 (アメリカ合衆国)から見たオクラオクラ

    スクアッシュ、トマト、グリッツを含むトウモロコシなど多くの素材および地下で行なうピット・バーベキューはカド、チョクトー、セミノールなど南東部に住んでいたネイティヴ・アメリカン料理の流れを汲んでいる。また砂糖、小麦粉、牛乳、卵を使用するパンやチーズなど多くのメニューがヨーロッパから来ている。黒目豆、オクラ、米、ナス、ゴマ、モロコシ属、メロン、およびスパイスはアフリカを起源としている。南部料理 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • カンドンブレ

    カンドンブレから見たオクラオクラ

    オシャラの長男。雷、稲妻の神。正義と裁きの神。自惚れが強く怒りっぽい。お洒落で精力的。イアンサン、オシュンの夫。一般には男らしさのシンボル。シャンゴは火を意味するため、命のないところには留まらない。木と材木にも関連付けられている。色は赤と白。9月30日、または水曜日の神。シンボルは斧、棍棒。キリスト聖人は聖ヨハネ、聖ペテロ、聖ミカエル。供物はアマラ、オクラ、海老、亀、雄羊、雄鶏、雄牛。真言はカウオー・カビエシレ。カンドンブレ フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「オクラ」のニューストピックワード

  • 日ごろから血圧が高い人は、狭心症の発作や心筋梗塞など、思わぬ事態につながることもあるので注意が必要

  • クックパッドニュース

  • 見た目はいかついけど…