前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • オクラ

    オクラから見た

    黄色に中央が赤色のトロロアオイに非常に似たをつける。開花は夜から早朝にかけてで、昼にはしぼんでしまう。開花後、緑色もしくは赤い果皮で長さ5-30cmの先の尖った形の五稜の果実をつけ、表面に短毛が生えており収穫適期の物でも肉眼では確認出来ない程に細くて鋭いトゲを有する事があり、指先に刺さってチクチクと痛みを感じてもトゲの位置が探し出せず厄介なことになるので、素手で触る際には先端から太い方向に指を滑らさないような注意が必要である。熟すと木質化する。寒さに弱く霜が降りる気候では結実しない。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たスープ

    日本では、生あるいはさっと茹でて小口切りにし、醤油、鰹節、味噌などをつけて食べることが多い。他にも、煮物、天ぷら、炒め物、酢の物、和え物、スープ、すりおろすことによってとろろの代わり、納豆の薬味などの利用法がある。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見た早朝

    黄色に中央が赤色のトロロアオイに非常に似た花をつける。開花は夜から早朝にかけてで、昼にはしぼんでしまう。開花後、緑色もしくは赤い果皮で長さ5-30cmの先の尖った形の五稜の果実をつけ、表面に短毛が生えており収穫適期の物でも肉眼では確認出来ない程に細くて鋭いトゲを有する事があり、指先に刺さってチクチクと痛みを感じてもトゲの位置が探し出せず厄介なことになるので、素手で触る際には先端から太い方向に指を滑らさないような注意が必要である。熟すと木質化する。寒さに弱く霜が降りる気候では結実しない。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たトマト

    パキスタンから中東、北アフリカ、西アフリカ、西インド諸島では、輪切りにしてトマトや肉と煮込み、ご飯にかけて食べることが多い。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見た

    短期間で50cm-2mほどに生長し、15-30cmの大きさの状の葉をつける。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たラッカセイ

    キューバでは、煮込み料理にする他、ピラフのように米と炊き込む。ブラジルバイーア州には、オクラ、タマネギ、干しえび、ラッカセイまたはカシューナッツを煮込んで作る「」(caruru)というソースがある。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見た伊豆諸島

    和名をアメリカネリと言い、ほかに陸蓮根(おかれんこん)の異名もある。沖縄県や鹿児島県、伊豆諸島など、この野菜が全国的に普及する昭和50年代以前から食べられていた地域では「ネリ」という日本語で呼ばれていた。今日では「オクラ」という英語名称以外では通じないことが多い。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たタマネギ

    キューバでは、煮込み料理にする他、ピラフのように米と炊き込む。ブラジルバイーア州には、オクラ、タマネギ、干しえび、ラッカセイまたはカシューナッツを煮込んで作る「」(caruru)というソースがある。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たコーヒー

    加工食品として、ソースやケチャップの原材料としても用いられる。種子は煎じてコーヒーの代用品として飲まれた歴史がある。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見たエビ

    キューバでは、煮込み料理にする他、ピラフのように米と炊き込む。ブラジルバイーア州には、オクラ、タマネギ、干しえび、ラッカセイまたはカシューナッツを煮込んで作る「」(caruru)というソースがある。オクラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「オクラ」のニューストピックワード