前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示
  • トヨタ・カローラ

    トヨタ・カローラから見たオセアニアオセアニア

    1966年10月 - 東京モーターショーで発表され、同年11月発売。発売当初は2ドアセダンのみ。同時にオセアニアにも輸出を開始。トヨタ・カローラ フレッシュアイペディアより)

  • ノコギリクワガタ属

    ノコギリクワガタ属から見たオセアニアオセアニア

    ネブトクワガタ属に次いで、2番目に種類が多い「属」であり、アジアのほか、アフリカ、オセアニアにも生息する。ノコギリクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フロンティア

    日産・フロンティアから見た大洋州オセアニア

    初代フロンティアは、D22型系 ダットサントラックの北米仕様であり、他の地域向けのD22型は、欧州向けが「ピックアップ」、大洋州およびイギリス向けが「ナバラ」、南アフリカ向けが「ハードボディ」となる等、地域ごとに車種名が異なっている。日産・フロンティア フレッシュアイペディアより)

  • 海面上昇

    海面上昇から見たオセアニアオセアニア

    海面上昇による影響は特に、ヴェネツィアなどの海抜が低い都市、オセアニアなどの小さな島国などで、深刻な問題となっている。仮に海面が1m上昇するとマーシャル諸島は国土の80%が沈没すると予測されている。東京やオランダ、バングラデシュの一部などのように、海岸沿いに海抜以下の地域(いわゆる海抜ゼロメートル地帯)を有する諸国や都市にとっても重要課題となっている。特にバングラデシュでは、1mの海面上昇で国土の18%にあたる2万6,000km2、岩手県と青森県を合わせた面積に相当する低地が沈むといわれている。海面上昇 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン航空

    アルゼンチン航空から見たオセアニアオセアニア

    ブエノスアイレスのエセイサ国際空港(EZE)からアルゼンチン国内をはじめ南アメリカやヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアへの路線の運航を行っている。なお、一部の国内線については子会社・アウストラル航空とのコードシェアで運航されている。アルゼンチン航空 フレッシュアイペディアより)

  • グアルーリョス国際空港

    グアルーリョス国際空港から見たオセアニアオセアニア

    2010年7月現在、世界各国の40社の定期便(旅客便のみ)が乗り入れており、オセアニアを除く全大陸の28カ国の100を超える都市との間に定期旅客便が就航している。2007年の年間乗降客数は18,795,596人で世界第36位。グアルーリョス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ航空

    バヌアツ航空から見たオセアニアオセアニア

    オーストラリア、ニュージーランドなど、オセアニア地域を中心に運航している。バヌアツ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーユニオン

    ラグビーユニオンから見たオセアニアオセアニア

    いくつかの島国はこれまでにラグビーを受け入れてきた。多くはイギリス軍人によって紹介されたが、後には国際試合の相手を求めて近隣の国々にラグビーを広めていった。での最初のラグビーの試合は、1884年頃にビティレブ島バのヨーロッパ人と現地人警察のフィジー人の間で行われた。フィジーは1924年にはへの初の海外遠征を行った。サモアは1927年に自国の協会を設立した。代表チームを有するその他のオセアニアの国としては、、、、がある。ラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見たオセアニアオセアニア

    これに対して中華人民共和国(中国)は、アジア地域における自国の影響力の拡大を図り、アメリカ・欧州連合に対抗するため、本構想に対して積極的である。これは中国に対抗できるオセアニア、インドなどの諸国を含めないASEAN+3(日中韓)という枠組みで、ロシアが主導するCISのような中国主導の共同体を意図していると考えられる。ASEAN+3の枠組みについてはマレーシアも賛同している(クアラルンプール宣言)。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • オセアニア野球連盟

    オセアニア野球連盟から見たオセアニアオセアニア

    オセアニア野球連盟(オセアニアやきゅうれんめい、Baseball Confederation of Oceania)はオセアニアの野球協会が加盟する国際組織である。頭文字を取って、BCOと略される事が多い。オセアニア野球連盟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
583件中 1 - 10件表示