583件中 91 - 100件表示
  • センボンサイギョウガサ

    センボンサイギョウガサから見たオセアニアオセアニア

    アメリカ、ヨーロッパ、アジア、ロシア、オセアニアなど世界の広くで知られ、50カ国以上で存在が確認されている。センボンサイギョウガサは肥沃な土地に良く育ち、芝生、干草、堆肥、厩などでよく育つ。雨が降れば通年見ることができる。センボンサイギョウガサ フレッシュアイペディアより)

  • マーキュリー・セーブル

    マーキュリー・セーブルから見たオセアニアオセアニア

    ちなみにアジア・オセアニア仕様のトーラスは、このセーブルのフロントマスクと同様のデザインである。マーキュリー・セーブル フレッシュアイペディアより)

  • ヤシオオオサゾウムシ

    ヤシオオオサゾウムシから見たオセアニアオセアニア

    東南アジアとオセアニアの熱帯域に分布する大型のゾウムシで、ヤシ類を枯死に至らしめる害虫として知られる。20世紀末頃からは西日本、中東、ヨーロッパ各国まで分布を広げ、外来種としても警戒されている。ヤシオオオサゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • 河合利光

    河合利光から見たオセアニアオセアニア

    オセアニア、東南アジアの各地で、家族・親族論、比較食文化論、産育医療文化などに関する調査に従事。河合利光 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見たオセアニアオセアニア

    また、渡り鳥(136種)が多く確認されており、北はシベリア南はオーストラリアに至る、東アジア・オセアニア地域の渡り鳥の中継地や越冬地(フライウェイ)となっていることでも知られている。渡り鳥の渡来数は、同じ沖縄本島に位置するラムサール条約登録湿地である漫湖よりも多い。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・A型エンジン

    ホンダ・A型エンジンから見たオセアニアオセアニア

    1986年に北米、欧州、大洋州など発売された3代目アコードに、2,000ccのA20A(キャブレター仕様とPGM-FI仕様の2種)が初めて採用された。ホンダ・A型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 日本地球惑星科学連合

    日本地球惑星科学連合から見たオセアニアオセアニア

    日本国内に本部や事務局を所在する、地球科学及び惑星科学領域の学術研究団体が組織する団体の連合。同じような、学術連合団体としては、アジア・オセアニア地区の地球科学及び惑星科学領域学術研究団体が組織する AOGS やヨーロッパ地区の地球科学及び惑星科学領域学術研究団体が組織する EGU がある。本学術組織は、地球科学及び惑星科学領域の研究分野において、AOGS 及び EGU との間で、相互協定を締結し相互発展を目指した活動を推進することになった。日本地球惑星科学連合 フレッシュアイペディアより)

  • ドクウツギ

    ドクウツギから見たオセアニアオセアニア

    ドクウツギはまた、植物学者の前川文夫が古赤道分布論の基礎のひとつとしたことでも知られている。ドクウツギの仲間は、日本では中北部の一属一種のみだが、近似種が十種ばかりあって、国外ではアジアでは台湾、中国内陸部からヒマラヤに、オセアニアではニューギニアとニュージーランドに、それに南アメリカの南部と北部の太平洋側、そしてヨーロッパの西部に分布がある。このように、極めて飛び離れた隔離分布をしており、これと西シベリアの化石種を併せて、前川はこれが白亜紀頃の赤道に沿った分布であると考えた。白亜紀の赤道に沿って分布していた種が、その後の気候の変化の中で、寒くなりすぎた地域で絶滅したため、このような、世界中を点々とするような分布が生じたのだというわけである。ドクウツギ フレッシュアイペディアより)

  • トンガ大首長国

    トンガ大首長国から見たオセアニアオセアニア

    トンガ大首長国(トンガだいしゅちょうこく、別名:トゥイ・トンガ帝国、英語:Tu'i Tonga Empire)は、オセアニアにおいて大きな勢力を誇った大首長国(領域交易圏帝国)である。トンガタプ島のトンガを中心とし、首都をムアに置いていた。海洋国家としての側面も強く、その最盛期には、交易帝国はニウエからティコピアに広がり、その影響圏は更に広大な領域に及んでいた。トンガ大首長国 フレッシュアイペディアより)

  • チャバネセセリ

    チャバネセセリから見たオセアニアオセアニア

    東アジアからオセアニアにかけての暖地に分布する。チャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

583件中 91 - 100件表示

「オセアニア」のニューストピックワード