774件中 21 - 30件表示
  • アルゼンチン航空

    アルゼンチン航空から見たオセアニアオセアニア

    ブエノスアイレスのエセイサ国際空港(EZE)からアルゼンチン国内をはじめ南アメリカやヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアへの路線の運航を行っている。なお、一部の国内線については子会社・アウストラル航空とのコードシェアで運航されている。アルゼンチン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 大陸

    大陸から見たオセアニアオセアニア

    文化的な構図から勘案すると、大陸という概念は大陸棚のような地形的境界を越える可能性がある。例えば、この考え方ではアイスランドはヨーロッパ大陸の、マダガスカルはアフリカ大陸の一部と受け取ることができる。これをさらに拡大すると、オーストラリア大陸がニュージーランドなど全オセアニア諸島を含み込んだオーストララシアまでに至る。その結果、地球上のすべての地域はもれなくいずれかの大陸に含まれることになる。大陸 フレッシュアイペディアより)

  • スズメバチ

    スズメバチから見たオセアニアオセアニア

    スズメバチは旧ローラシア大陸で誕生、進化しユーラシア大陸、北アメリカ大陸、アフリカ大陸北部に広く分布している。分布の中心は東南アジアにあり、オオスズメバチやヤミスズメバチ等多様な種が生息している。旧ゴンドワナ大陸であるオセアニアと南アメリカにはもともと野生のスズメバチはいなかったが、現在ではオセアニアや南アメリカでも人為的に進入したスズメバチが生息地域を広げている。スズメバチ フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA330

    エアバスA330から見たオセアニアオセアニア

    2015年7月現在、1,095機のA330が民間航空路線に就航している。運用者を地域別にみると、全体の約6割がアジア・中東・オセアニア地域の航空会社によって運用されており、中でも中国の航空会社による運用機数は約1割を占める。その次に欧州・ロシア地域の航空会社による運用機数が多く、続いて北米・南米地域、アフリカ地域の順となっている。2016年2月現在、A330が関係した主な航空事故・事件は23件報告されており、その中には8件の機体損失事故と2件のハイジャックが含まれ、合計で339人の乗員・乗客が死亡している。エアバスA330 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランド航空

    ニュージーランド航空から見たオセアニアオセアニア

    国際線と国内線を運航するニュージーランド最大の航空会社。オセアニア地域を中心にアジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカへの航空サービスを行う。スターアライアンスメンバー。ニュージーランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • 人類の進化

    人類の進化から見たオセアニアオセアニア

    このグループは東南アジアとオセアニアから発見されている初期の人類の遺跡(それは中東のレバント遺跡よりも非常に古い)をうまく説明する。第二波はシナイ半島を経てアジアにたどり着き、結果的にユーラシア大陸の人口の大半の祖先となった。この第二のグループはより高度な道具技術を持っており、最初のグループよりも沿岸の食物源に依存していなかった。最初のグループが残した考古学的な証拠は完新世の海面上昇によってほとんど失われたと考えられている。人類の進化 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の記憶

    世界の記憶から見たオセアニアオセアニア

    なお、以下に記述する地域区分はユネスコの発表に準じたものであり、日本で通常的に用いられているものとは大きく異なるので注意が必要。例えば、トルコはヨーロッパに含まれ、エジプトやモロッコなどはアフリカではなくアラブ諸国に含まれる。サウジアラビアなどもアジアではなくアラブ諸国に含まれるが、一方で、オセアニアはアジアと同じ区分として扱われる。世界の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • フィラリア

    フィラリアから見たオセアニアオセアニア

    雌の子宮内の卵から、鞘をかぶったミクロフィラリアが孵化する。ミクロフィラリアは体長244〜296μm、体幅8-10μm。最初リンパ管に現れ、リンパ液の流れに乗って血管に移動する。かつて日本にも見られた東アジアの個体群のミクロフィラリアは昼間は肺の毛細血管に潜んでいるが、夜10時頃になると末梢血管に現れる。末梢血中でもっとも多くなるのは午前0時から4時の間で、夜が明けると肺に戻ることを繰り返す。ただし、南太平洋諸島からは昼間に末梢血中に出現する個体群も知られているし、個体群によってはこうした周期性を示さないものある。フィラリア フレッシュアイペディアより)

  • グアルーリョス国際空港

    グアルーリョス国際空港から見たオセアニアオセアニア

    2010年7月現在、世界各国の40社の定期便(旅客便のみ)が乗り入れており、オセアニアを除く全大陸の28カ国の100を超える都市との間に定期旅客便が就航している。2007年の年間乗降客数は18,795,596人で世界第36位。グアルーリョス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ネグロイド

    ネグロイドから見たオセアニアオセアニア

    現生人類は、生物学上ホモ・サピエンスというただ一種に属している。ただし、過去の自然人類学や文化人類学では、ネグロイド、および北アフリカ・ヨーロッパ・西アジア・アラブ・南アジアなどに見られるコーカソイド(白色人種)、オセアニアに見られるオーストラロイド、東アジア・東南アジア・ポリネシア・南北アメリカ大陸などに見られるモンゴロイド(黄色人種)を4大人種として分類していた。ネグロイド フレッシュアイペディアより)

774件中 21 - 30件表示

「オセアニア」のニューストピックワード