774件中 81 - 90件表示
  • オオアレチノギク

    オオアレチノギクから見たオセアニアオセアニア

    南アメリカを原産地とし、アフリカ、アジア(日本を含む)、オセアニアに移入分布する。オオアレチノギク フレッシュアイペディアより)

  • ツチトリモチ科

    ツチトリモチ科から見たオセアニアオセアニア

    沖縄諸島〜尖閣諸島、オセアニア等に分布する広域分布種。寄主はクロヨナ、オオバギ等。雌雄同株で、花穂は帯紅色。ツチトリモチ科 フレッシュアイペディアより)

  • トンガ大首長国

    トンガ大首長国から見たオセアニアオセアニア

    トンガ大首長国(トンガだいしゅちょうこく、別名:トゥイ・トンガ帝国、英語:Tu'i Tonga Empire)は、オセアニアにおいて大きな勢力を誇った大首長国(領域交易圏帝国)である。トンガタプ島のトンガを中心とし、首都をムアに置いていた。海洋国家としての側面も強く、その最盛期には、交易帝国はニウエからティコピアに広がり、その影響圏は更に広大な領域に及んでいた。トンガ大首長国 フレッシュアイペディアより)

  • クリントン・アベリー

    クリントン・アベリーから見たオセアニアオセアニア

    オセアニア選手権ロードレース U23 優勝クリントン・アベリー フレッシュアイペディアより)

  • サマーサスピション

    サマーサスピションから見たオセアニアオセアニア

    サンデーサイレンスの血が求められていたことや、すでに全弟のローゼンカバリーが活躍していたこともあって、1996年の天皇賞(春)で14着に敗れたあと、急遽その年から種牡馬となり種付けを始めた。初年度産駒からジャンプ重賞を2勝したアイディンサマーを出したが、平地ではこれといった活躍馬を出すことができず、現在は輸出されてオセアニアで種牡馬として活動している。サマーサスピション フレッシュアイペディアより)

  • リュウビンタイ科

    リュウビンタイ科から見たオセアニアオセアニア

    リュウビンタイ属はオセアニアからマダガスカルにかけて分布し、葉は羽状複葉、大型で長さ9メートルに及ぶものもある。リュウビンタイ(竜鱗、Angiopteris lygodiifolia)は本州南岸(伊豆半島以南)から台湾に自生し、観葉植物としても栽培する。リュウビンタイ科 フレッシュアイペディアより)

  • 拍手

    拍手から見たオセアニアオセアニア

    京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授によれば、拍手が成立するためには、2つの条件が必要で、ひとつは手が自由に使えること、もうひとつは、手を叩くという行為に何らかの意味を持たせることが出来ることであり、この条件が揃うことで拍手が成立するという。その意味で霊長類も餌を要求するときなど相手の気を引く目的で手を叩く。人間の場合の拍手は、更に手を叩くことにより賞賛・賛意・歓迎・喚起・感激・感謝といった感情を伝えることにある。江戸時代までの日本では、観劇等で音を立てることを作法に反すると考えていた。国立民族学博物館の野村雅一教授は、世界的に産業社会が確立していない地域では拍手の習慣が未発達であるとする。ミクロネシアやオセアニアの一部が該当するが拍手をする場面がないからにほかならない。拍手をするためには少数対多数つまり大勢の人たちの前で少数の人たちが何かをするという状況が必要である。拍手 フレッシュアイペディアより)

  • チャバネセセリ

    チャバネセセリから見たオセアニアオセアニア

    東アジアからオセアニアにかけての暖地に分布する。チャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • マスケット (競走馬)

    マスケット (競走馬)から見たオセアニアオセアニア

    マスケット(Musket、1867年 - 1885年)は1880年代にニュージーランドで供用されていた種牡馬。オセアニアの歴史的名馬、Carbineの父として知られる。マスケット (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • バFC

    バFCから見たオセアニアオセアニア

    国内リーグ最多となる19回の優勝経験を持つフィジー屈指の強豪クラブであり、第1回オセアニアクラブ選手権(1987年、OFCチャンピオンズリーグの前身大会)では3位に入った実績を持つ。国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) が選定した、21世紀最初の10年におけるオセアニア地域クラブランキングでは、ニュージーランドのオークランド・シティFCに次ぐ2位の評価を得た。バFC フレッシュアイペディアより)

774件中 81 - 90件表示

「オセアニア」のニューストピックワード