前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • エックハルト・トール

    エックハルト・トールから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2009年までに上記の二冊は、北米だけで三百万部と五百万部売れた。2008年にはおよそ三千五百万人が、オプラ・ウィンフリーとトールによる、10回連続のネット生中継ウェビナーに参加した。トールは特定の宗教との関わりを持っていないが、広範な精神世界の著作に影響を受けている。エックハルト・トール フレッシュアイペディアより)

  • 鬼ママを殺せ

    鬼ママを殺せから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    出演にはデヴィート本人の他に『サタデー・ナイト・ライブ』で知られるビリー・クリスタルと、アドベンチャー映画『グーニーズ』のフラテリ一家の母親役が印象的なアン・ラムジーを据えている。また、カメオで映画監督のロブ・ライナーや人気TVホストのオプラ・ウィンフリーらも出演。撮影は『アダムス・ファミリー』の監督で知られるバリー・ソネンフェルドが担当している。なお、ラムジーは本作の演技が高く評価されて、1988年のアカデミー助演女優賞に見事ノミネートされた。鬼ママを殺せ フレッシュアイペディアより)

  • エレン・デジェネレス

    エレン・デジェネレスから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    1997年2月、『オプラ・ウィンフリー・ショー』でカミングアウトしたことをきっかけに『Ellen 』の人気は高まった。4月、『Ellen 』でオプラ・ウィンフリー扮するセラピストにより、役であるEllen Morganがレズビアンであることをカミングアウトすることとなった。『The Puppy Episode 』を副題とするこの回は『Ellen 』の中でも高視聴率のエピソードの1つである。その後、人気にそぐわず視聴率は下降して『Ellen 』は打ち切りとなり、スタンダップ・コメディ界に戻り、のちにトーク番組のホストとして成功する。エレン・デジェネレス フレッシュアイペディアより)

  • シャリース・ペンペンコ

    シャリース・ペンペンコから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    カーマイン・クラリス・レルシオ・ペンペンコ(1992年5月10日 - )はシャリース(Charice)の芸名で知られるフィリピンの女性歌手である。YouTubeから人気を得た歌手で、オプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と称された。デビュー・アルバム『シャリース』がBillboard 200アルバムチャートで初登場8位を記録し、アジア人アーティストとして初の同チャートトップ10入りを果たした。シャリース・ペンペンコ フレッシュアイペディアより)

  • 1954年の映画

    1954年の映画から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    1月29日 - オプラ・ウィンフリー、、テレビ司会者1954年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • オプラ・ウィンフリー・ショー

    オプラ・ウィンフリー・ショーから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    『オプラ・ウィンフリー・ショー』(The Oprah Winfrey Show)は、シンジケイションで1986年9月8日から2011年まで放送されていたトーク番組。オプラ・ウィンフリーが司会を務めていた。オプラ・ウィンフリー・ショー フレッシュアイペディアより)

  • Decision Points

    Decision Pointsから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ニューヨーク・タイムズのPeter Bakerは、この本のコピーを事前に受け取り、オプラ・ウィンフリー、Matt Lauer、Candy Crowley、ラッシュ・リンボーとのインタビューとともにこの本の出版が展開した時、ブッシュの政治的地位を評価した。Decision Points フレッシュアイペディアより)

  • スーザン・ケイグル

    スーザン・ケイグルから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ※Oprahとは、アメリカの人気テレビ番組「ザ・オプラ・ウィンフリー」の司会者オプラ・ウィンフリーのこと。スーザンの憧れの人。スーザン・ケイグル フレッシュアイペディアより)

  • ベーコネーズ

    ベーコネーズから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    ベーコネーズは2009年4月24日のオプラ・ウィンフリー・ショーでも話題になり、エッシュとレフコウはSkypeを通じてオプラにインタビューを受けた。番組のゲストとともにこの製品を使ったサンドイッチを食べた彼女が「ベジタリアンでカシュルートなのね!ありがとうジャスティンとデイヴ!皆さんもベーコネーズを買ってね!」と称賛してから、会社のウェブサイトと電話には人が殺到し、「僕らのサーバーはクラッシュした。インターネットも、電話もクラッシュ」するほどだった。それと平行して商品の売り上げは大きく伸びた。レフコウは放送から一年後にそれまでの「ベーコネーズの売り上げは100万瓶を超えた」と発言している。ベーコネーズ フレッシュアイペディアより)

  • アサ・アール・カーター

    アサ・アール・カーターから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーは1994年に『リトル・トリー』を評価したが、後に彼女の推薦図書のリストからこの作品をはずしている。ウィンフリーは「自分の中の一部分はこう言っている、『オーケー、その人物が2面性を持っていて、一方ですばらしい話を書き、もう一方で”隔離政策を永遠に”のスピーチを書くことがあっても、いいのではないか』と・・・しかし、やはり私には受け入れられません。」と語った。 『リトル・トリー』は文学的な見地からも批評されている。アメリカ図書館協会の会長であるLorene Roy は、「オプラ・ウィンフリーが『リトル・トリー』を薦めたのには驚きました。著者の経歴を置いても、この本は単純なプロットと、ステレオタイプな表現が目立つことで知られているからです。」と語った。アサ・アール・カーター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード