50件中 11 - 20件表示
  • テネシー州立大学

    テネシー州立大学から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリー - トークショー司会者、女優テネシー州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    少なくとも彼女はオプラ・ウィンフリー一緒に2度の選挙活動に現れている。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア・ベッカム

    ヴィクトリア・ベッカムから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2011年よりファッションデザイナーとして頭角を現し、キャメロン・ディアスやオプラ・ウィンフリーなどハリウッドセレブからも絶賛される。11月にはブリティッシュファッションアウォードにてデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選出される。ヴィクトリア・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • マリリン・モンローの白いドレス

    マリリン・モンローの白いドレスから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    1962年にモンローが亡くなった後、トラヴィーラはこのドレスをはじめとして長年にわたり彼女のためにつくりあげてきた何枚もの衣裳を門外不出にしてしまった。そのため久しく「失われたコレクション」とまで言われてきたが、1990年に彼が死んだことで、同業者でつきあいのあったビル・サリスの手によってようやくこれらの衣裳が日の目を見ることになった。そしてこのドレスはデビー・レイノルズによるハリウッド・グッズの私蔵コレクションの一つとしてハリウッド映画博物館におさめられた。オプラ・ウィンフリーのインタビューに答えてドレスの話をしたレイノルズはこう語っている。「〔あのドレスは〕淡褐色です。ご存じでしょうが今ではとてもとても古いものですから」。しかし彼女は2011年に全コレクションをオークションにかけると発表し、売却は徐々に行う予定で、第一弾を2011年6月18日に開催するとコメントを出した。オークションを前に設定された予想価格は1万ドルから2万ドルの間だったが、実際には5.6万ドル(4.6万ドルにプラスしてコミッションの1万ドル)を上回る額で落札された。マリリン・モンローの白いドレス フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・レターマン

    デイヴィッド・レターマンから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    「アメリカでも最も好きなTV司会者」ランキングでは2位に入っており、こちらはレノを下している。ちなみに1位はアフリカ系アメリカ人コメディエンヌのオプラ・ウィンフリーデイヴィッド・レターマン フレッシュアイペディアより)

  • バリー・マニロウ

    バリー・マニロウから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2004年9月15日、マニロウがオプラ・ウィンフリー・ショーに3度目に出演した際、ウィンフリーはマニロウが同番組で最も視聴者からのリクエストの多いゲストの1人であると発表した。番組でOne Night Live! One Last Time!ツアーの宣伝を行い、最後の公演ではないが、トラックとバスによる移動で6ヵ月間行うツアーはこれが最後となること、大都市での公演は今後も行うことを発表した。同ツアーは22都市で完売し、25万人を動員、最新アルバムの宣伝となった。バリー・マニロウ フレッシュアイペディアより)

  • フューチュラマ (アニメ)

    フューチュラマ (アニメ)から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    宗教はいまだ社会の重要な位置を占めているが、その状況は変化が激しい。イスラム教、キリスト教、仏教などかつての世界宗教は合併の末「ファースト・アマルガメイテッド・チャーチ(第一合併教会)」となってしまったが、31世紀の宗教の主流はブードゥー教である。その他、21世紀のテレビ司会者オプラ・ウィンフリーを崇拝するオプライズム、ロボットたちの間で信仰されるロボトロジー(サイエントロジーのもじり)、禁止された宗教である「スタートレック・ファンダム」などの新宗教も出現しているようである。フューチュラマ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・フライ

    ジェームズ・フライから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2005年9月に放送された「オプラ・ウィンフリー・ショー」において、オプラズ・ブック・クラブという本を紹介する企画の中で、オプラ・ウィンフリーから紹介された。オプラ・ウィンフリー・ショーはアメリカでは極めて知名度が高い番組であり、この番組で紹介された本の多くはベストセラーになっている。ジェームズ・フライ フレッシュアイペディアより)

  • タイム100

    タイム100から見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    Image:Oprah Winfrey (2004).jpg|オプラ・ウィンフリー2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004 & the 20th century タイム100 フレッシュアイペディアより)

  • ギャングスタ・ラップ

    ギャングスタ・ラップから見たオプラ・ウィンフリーオプラ・ウィンフリー

    2000年代になっても南部ラップやチカーノ・ラップは、一定の人気を保ってきた。だが、2000年代で最も活躍が「目まぐるしい」ギャングスタラッパーと言えば、やはり世界中で大成功を収めた50セントだ。しかし2004年以降になると、リル・ジョン等の登場により、電子音楽を多用した次世代ヒップホップミュージック、いわゆる「クランク」と呼ばれた新たなラップムーヴメントが発生し、1990年代当時の勢いを失い始める。それに加えて、オプラ・ウィンフリー、ビル・コスビー、スパイク・リー等のアメリカを代表する黒人エンターテイナー達による「ギャングスタ・ラップの攻撃性」に対する大々的な批判も、その衰退傾向に拍車を掛けている。ギャングスタ・ラップ フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード